[PR] 癒し 知らずに死ねるか! アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part2

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part2

アキバ系 vs ネーチャンズ part2


さて、私の心の叫びが届いたのかトーマスが口火を切りました。
 
トーマス
  「やぁ、お前ら元気?」

ネーチャンズはキョトンとしてます。トーマスの挨拶があまりにも強烈だった模様です。

トーマス
  「今日はさ、心配しなくて良いよ。俺がついてるからさ。」

ネーチャンズはさらにキョトンとしてます。このバカ何ほざいてやがんだってな感じです。確かに、トーマスの発言は意味が分かりません。以前に会った事があるのか?と言う印象を受けますが、どうも初対面のようです。まま、トーマスのフランクな性格が出たと言う事でしょう。

トーマス
  「・・・・」

朝青龍
  「・・・・」

なぎら健一
  「・・・・」

ネーチャンズ
  「・・・・」

再び沈黙が始まってしまいました。キックオフ直後から膠着状態という近年希にみる試合展開です。
ネーチャンズが動き出しました。弾丸シュートがケータイをイジリ始めました。その後、ループシュートやドライブシュートもケータイをイジリ始めたので、おそらくネーチャンズはケータイ会話を始めたのでしょう。

弾丸シュート
  「ゴメンね。予想はしてたけどさ、こんなバカが来るとは思ってなかったのよ。」

ドライブシュート
  「マジビックリ!」

ループシュート
  「マジ勘弁!」

っとまぁ、こんな会話だったに違いないと思います。その後もしばらく沈黙が続きましたが、それを打ち破るべくなんと朝青龍が口を開きました。相手はトーマスです。

朝青龍
  「どの娘がいい?」

この言葉にネーチャンズはキョトン&カチンです。

弾丸シュート
  「何それ!?」

弾丸シュートは明らかにムカついた様です。

トーマス
  「フフ。俺は女の扱いには慣れてるけどさ、コイツは慣れてないんだよ。
   お前らみたいな美しい美人と喋る事なんかないからさ。」






*管理人血祭の心の叫び*

わはは!朝青龍、お前正直過ぎるぞ!かなりのフライングだ。焦るな!
それからトーマス!女の扱いには慣れてるのか?そうか、そうか。ところで、その美しい美人ってのは何だ?美しい人の事を美人っていうだろ?普通はな。まぁ、お前の事だ。別に舞い上がってる訳じゃねぇよな!わはは!



さて、この続きはまた後日・・・

スポンサーサイト

特別編(最強日本) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part3 | HOME | アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。