[PR] 癒し 知らずに死ねるか! sankei web 20070412

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

sankei web 20070412


sankei web

2007年4月12日号


(↑クリックでサイトに飛びます)

(下記画像クリックで拡大)
sankei 20070412-01


sankei 20070412-02


sankei 20070412-03




古森義久氏の報告ですね。

引用開始:

焦点の「軍による女性の強制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはいなかったことを認める見解を明らかにした(略)いわゆる慰安婦問題の主要争点とされる「日本軍による女性の強制徴用」について同報告書は「日本軍はおそらくほとんどの徴募を直接に実行はしなかっただろうとくに朝鮮半島ではそうだった」と述べ、いま下院に提出されている慰安婦問題での日本糾弾の決議案が「日本軍による20万人女性の性の奴隷化」という表現で非難する日本軍による組織的、政策的な強制徴用はなかったという趣旨の見解を示した。

同報告書はその一方、日本政府が慰安婦問題に対して1990年代前半から「アジア女性基金」の設立などで謝罪や賠償の努力を重ねてきたことを詳述し、「同基金は元慰安婦たちに償い、助けるための日本政府の真実の努力だ」して、女性たちによるその基金からの賠償金の受け取りを韓国政府が事実上の脅しにより阻んだとして非難した。同報告書はとくに賠償について政府間ではすでに対日講和条約や日韓関係正常化で解決ずみとの見解を示し、もし諸外国が日本にいま公式の賠償を求めれば、「日本側は戦争中の東京大空襲の死者8万人や原爆投下の被害への賠償を求めてくる潜在性もある」とも指摘した。

下院決議案は日本の首相や政府に改めて謝罪の表明を求めているが、同報告書は河野談話や歴代首相の「アジア女性基金」賠償受け取りの女性への謝罪の重要性を強調し、「それでも不十分だとする批判者たちはなぜ不十分なのか理由を明示していない」として、謝罪要求への懐疑を明確にした。同決議案はさらに米側の一部が「日本の国会での謝罪決議」を求めることに対しても、「そうした決議が成立する見通しはきわめて低い」として、この種の要求の非現実性を指摘する形となった。

:引用終わり

とあります。日本側が言ってた通りの事なんですが、第3国がこういう判断を下したというのは画期的と言えるかも知れません。でも、USAの判断は純粋なものではないでしょう。記事にもある通り、奴らも日本人を原爆で虐殺してますからね。これは、USAも虐殺と認めてるようなものですが。いや、少なからず後ろめたい部分があるのは間違いないですね。

まま、何にしてもこれは良かったと思います。思うんですが、これを報道する日本メディアってどれくらい有るんでしょうか?少なくても朝日系メディアは絶対に報道しないでしょう。したとしても確実な批判、もしくは論理のすり替えぐらいでしょうね。ってか、反論しろよ朝日。出来るモンならな。





管理人血祭りにメールする




スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<また自爆 | HOME | 海苔巻き発祥の地>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。