[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 東国原宮崎県知事

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東国原宮崎県知事


東国原宮崎県知事


(↑クリックでサイトに飛びます)


(下記画像クリックで拡大)
sankeiweb 20070416-01

sankeiweb 20070416-02



東国原宮崎県知事です。この人、以外とと言っては何ですが、頭良いのかも知れません。いや、自分の考えを持ってる人だというのは間違いないでしょう。上記の記事でもちゃんとプレスに対して意見を言ってます。また、反論すべき時もしてますね。4月から議会も始まりますのでこれからが正念場となりますが、期待したいところです。

ところで、この東国原宮崎県知事。一月前にはこんな事をプレスに対して言ってます。


引用開始:

コメディアンから新人政治家になった宮崎の東国原英夫知事は、水曜日に政治的な地雷原に踏み込んだ。戦時中の日本の軍隊が、最前線の売春宿にアジア全域から女性を強制して集めたことを史実として確認するのは難しいと主張したのだ。

そのまんま東の芸名で知られる東国原知事による東京の外国特派員協会でのコメントは、日本が婉曲に「慰安婦(comfort women)」と呼んで国際的な物議をかもした安倍晋三首相の最近のコメントを繰り返したものだ。

安倍首相は、帝国軍が売春宿で性奴隷にするために、日本人が占領したアジアから若い女性を強制連行したという証明はない、と繰り返した。

安倍首相のコメントに対する意見をレポーターに求められて、東国原知事は「歴史的事実として『従軍慰安婦』が実際に存在したことを確認するのは非常に難しいことです。

「私の見解は、歴史的に検証されない限り、(この問題に関して)コメントをするのは難しいということです」と述べ「(強制が)あったかなかったかは、客観的に確かめられなければなりません。」と続けた。

性奴隷を売春宿に入れるために強制があったかどうかの問題を除いて、1945年以前の韓国における性売買に日本人が関与していたことには何も間違ったことはなかったと信じていると言った。なぜなら、朝鮮半島は1910年の「相互協定」で日本の一部になっており、当時の日本ではセックスビジネスは特定の規制の下で許されていたからだ。

南北朝鮮は日本の植民地支配が事実上の侵略で不法であったと言っているが、半島上のすべての性売買に日本人が関与したわけでもない、とコメントし「議論は、勝者と敗者の間でかなり違いますね。」と東国原知事は一般論として述べた。


ソース:ジャパンタイムズ(英語)
Gov. Sonomanma: What sex slaves? 
By HIROKO NAKATA

:引用終わり



どうでしょう。私は個人的に




期待してます。





管理人血祭にメールする




スポンサーサイト

特別編(最強日本) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<超危険!特ア留学生 | HOME | また自爆>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。