[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 凶悪殺人犯チョ・スンヒ

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

凶悪殺人犯チョ・スンヒ



凶悪殺人犯


チョ・スンヒ


(↑クリックでサイトに飛びます)


(下記画像クリックで拡大)
sankei20070418-01.jpeg




USAのバージニア工科大学で起こった銃乱射事件の犯人は、大方の予想通り姦国人でした。そして、さらに我々の予想通りの展開になっています。




引用開始:

米バージニア工科大学で起きた最悪の銃乱射事件を風刺したソウル新聞の漫評に非難の声が高まっている。

 ペク・ムヒョン氏が描いたこの漫評には、ブッシュ大統領がブリーフィングで「一発で33人…これでわが国の銃器技術の優秀性をもう一度…」と述べる場面と犯人が銃を乱射する場面が描かれていた。18日付新聞が販売される前にこの漫評がインターネット上に流布し、ものすごいスピードでブログや掲示板などに広まった。

 インターネットユーザーらは「どうして死をもって悪ふざけができるのか」(ID:四角い箱)「罪のない市民が殺害された事件を皮肉る漫評を描いたペク画伯とこれを無意識に記事化したソウル新聞、どちらも責任を取るべきだ」(ID:謝れ)という非難の書き込みをソウル新聞ホームページの掲示板やポータルサイトなどに相次いで寄せている。

 一部では、この漫評が外交問題に飛び火する可能性も取り沙汰されている。反韓インターネットサイトがこの漫評を「Caricuture of Korean」というタイトルで翻訳し、海外のサイトに流しているからだ。英語では「The life of 33 people killed at a time…Our Excellence of firearm technology was shown again」と訳されている。特に日本のサイトでこの漫評と英語の解説が広まっており、ネットユーザーらは不安に思っている。ネットユーザー「onesuc」は「漫評がすでに米国のニュースサイトに広まっており、米国にいる日本人学生らは今、この絵を周囲の人に回すのに忙しい。一方、韓国人学生らは外出もままならない状態だ」と語った。

 ソウル新聞側は17日午後9時ごろ、ホームページに掲載したペク画伯の漫評を「衝撃、容疑者は韓国人」に差し替えた。配達用新聞にも差し替えられた後の漫評が掲載されている。

チェ・スヒョン記者

【ニュース特集】米バージニア工科大銃乱射事件

朝鮮日報/朝鮮日報JNS


:引用終わり



まったく、何処まで鬼畜で低能で不道徳なんでしょうか。超賤人はバカという事はかなり以前から知ってましたが、人間として全く進化しませんね。ダーウィンの進化論に逆らう民族としては大変貴重とも言えますが、欠陥民族として世界中が認知すべきですね。

引用開始:

日本のサイトでこの漫評と英語の解説が広まっており、ネットユーザーらは不安に思っている。ネットユーザー「onesuc」は「漫評がすでに米国のニュースサイトに広まっており、米国にいる日本人学生らは今、この絵を周囲の人に回すのに忙しい。一方、韓国人学生らは外出もままならない状態だ」と語った。

:引用終わり


いつもの事ですが、自分達がやった事より日本が何をやってるかに注目します。そして、あたかも自分達が日本による被害者的な立場を取るわけです。何でこう頭がおかしいのか?理由はひとつですね。






超賤人だから!





管理人血祭にメールする




スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<またかよ朝日! | HOME | 超危険!特ア留学生>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。