[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 痛い東京新聞

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

痛い東京新聞

痛い東京新聞

(↑クリックでサイトに飛びます)


(下記画像クリックで拡大)
東京新聞20070421




ええと、東京新聞です。バージニア工科大の大量虐殺犯と日本人の若者が重なって見えるそうです。どうやったらそんな風に見えるのかかなり疑問ですね。ってか、こじつけも凄いですね。

引用開始:

カメラに向かって銃を構え、すごい形相で声明文を読み上げる容疑者。テレビから流れた映像には戦慄(せんりつ)した。米バージニア工科大学の銃乱射事件で、三十二人を射殺した韓国人学生チョ・スンヒ容疑者が、米NBCテレビに郵送してきたビデオ映像だ

▼これがニュース番組で放映され、全世界に中継された。どこかで見たという既視感で思い浮かぶのは、自爆テロ犯の事前収録ビデオや、覆面で顔を隠したテロリストが、怯(おび)えた表情の人質を殺害する場面だが、私的な復讐(ふくしゅう)にまでこんな手法が使われる情報社会とは何だろう

▼映像を見た同工科大学生や遺族からは「耐えられない」との批判の声が上がり、「放映は間違いだ。容疑者は公務員でもテロリストでもない。精神疾患の個人にすぎない」との専門家の指摘もあった

▼NBCは「あんな恐ろしい殺人をなぜ犯したのかという疑問に、映像はある程度の答えになる」というが、他のネットワークは今後放送を自粛する

八歳で米国に移住、中高校生時代にいじめに遭っていたというチョ容疑者が殻に閉じこもり、パソコンやゲーム浸りだったと聞けば、米国暮らしの体験がある日本人にも思い当たることはあろう。人種差別も絡んだ米国社会のいじめは半端ではない

▼ネット社会の害悪に警鐘を鳴らす作家の柳田邦男さんは近刊の『人の痛みを感じる国家』(新潮社)でも、ゲームやネット依存症が“映像ドラッグ”となって子どもの心の発達を止める怖さを訴える。チョ容疑者の暴発に、日本の若者の残虐な犯罪が重なってみえる。

:引用終わり


バカですな。こじつけも強引だし、何の根拠があるのか?だいたい、32人も人を殺した日本の若者とやらがいるのかどうか聞いてみたいですね。しかも、銃を乱射してですよ。どこをどうやったら日本人が出てくるのか理解不可能です。在日超賤人が書いた記事ではないかと勘ぐりますね。

記事中にゲームとかネット依存とか映像ドラッグとか書いてますが、そもそもこれって姦国の問題ですよ。やれオンラインゲーム大国だのIT大国だのとああだこうだと言ってるじゃないですか。にもかかわらず日本の若者がでてくるとは、こじつけもいいとこです。

さらに記事の中に”暴発”と有りますが、これ何ですかね?東京新聞はこれを事件ではなく、事故と捉えてるようですね。まったくもってバカですね。これは犯罪です。事故ではありません。ばかばかしい記事・・いや、新聞です。

そんなわけで、私がこの記事を訂正してあげましょう。






チョ容疑者の異常さに、

超賤人(在日含む)全般

の残虐な犯罪が

重なってみえる。






管理人血祭にメールする





スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<居直り強盗宣言 | HOME | 誰でも良い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。