[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 女工作員手配

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女工作員手配



女工作員手配

(↑クリックでサイトに飛びます)





(下記画像クリックで拡大)
sankei20070427-01

sankei20070427-02




引用開始:

【主張】女工作員手配 総連と北の関係にメスを

 昭和48年に失跡した主婦の2児が拉致された事件で、警視庁などは北朝鮮にいるリーダーの女工作員の逮捕状を取り、国際手配した。

 警察の調べによると、この拉致事件にはリーダーの女工作員を含め4人が関与し、主婦は殺害された可能性が強い。主婦の夫も工作員で、北に召還された後、強制収容所に送られた疑いが浮上している。

 2児は朝鮮籍で、日本人が拉致された事件とは形態が違う特異な事件だが、国籍がどこであれ、日本の法律を破って子供を連れ去るような行為は許されることではない。

 女工作員らは当時、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)幹部が設立した都内の貿易会社を拠点に、工作活動を行っていたとされる朝鮮総連は北朝鮮の統一戦線部に直結する組織だ。原敕晁(ただあき)さんが拉致された事件では、総連傘下の大阪府商工会幹部や元朝鮮学校長らの関与が明らかになっている。

 警視庁などは総連の3首脳に参考人聴取に応じるよう出頭要請している。総連は出頭に応じるべきだ。

 2児拉致事件に関連し、日本人や在日朝鮮人が万景峰号などで北に拉致されていたことも、別の工作員の証言で明らかになった。万景峰号は北と日本を往復する不定期の貨客船だ。この船が拉致にも使われていたとは、驚きである。税関を含め、以前の日本の万景峰号に対するチェック体制がいかに甘かったかを物語っている。

 元朝鮮総連幹部は自著で、一度に10億、20億円の現金が万景峰号で日本から北朝鮮へ運ばれたと告白している。万景峰号で、さまざまな不正が半ば公然と行われていた疑いが強い。

 朝鮮総連やその関連団体に対する捜査は以前は事実上、タブー視されていた。朝鮮総連と一部政治家との結びつきが強かったためだ。朝鮮総連の元幹部らによる外国人登録法違反事件で、警視庁の捜査が朝鮮総連中央本部に拡大しないよう、自民党の有力政治家から圧力がかかったこともある。

 小泉内閣が発足した平成13年、朝銀事件で警視庁は総連元幹部を逮捕するとともに、初めて総連中央本部を家宅捜索した。安倍内閣は北に対し、さらに強い姿勢を示している。拉致事件を含め、朝鮮総連の工作活動に徹底的な捜査のメスが入ることを期待する。

(2007/04/27 05:12)

:引用終わり





産経の4月27日付けの論説です。全く正しい主張ですね。こういった情報を報道してくれる新聞WEBサイトは非常に貴重です。個人ではなく、組織として認識してるというメディアとしては、産経ぐらいのものでしょう。私も勇気付けられます。また先日は、慰安婦の記事で読売が素晴らしい記事を書いてました(←クリックで当ブログの記事に飛びます)が、あの読売が!?”という感じで、随分と驚いたものです。いや、あれも我々を勇気付ける記事だったと思います。すべてのメディアが正しい方向に向いてくれる事を期待したいですね。










なぁ、朝日よ





管理人血祭にメールする






スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あららっ! | HOME | 良いぞ!産経抄!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。