[PR] 癒し 知らずに死ねるか! アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part4

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part4

アキバ系 vs ネーチャンズ

さて、またしても沈黙です。なぎら健一は、メニューを記憶しようとしてるのか、そのメニューが何かの試験にでも出題されるのか、かなり何度も何度も見返してます。ネーチャンズが目の前にいるのに、一言も喋らず一心不乱にメニューを見てます。「こんな事って有り得るのか?」と思うほど、メニューに没頭するなぎら健一。恐らく、なぎら健一の頭の中は、「くそー、ネーチャンズとお話ししたい!綺麗なネーチャンズじゃないか。お持ち帰りもOKなんだろ?俺はそのつもりでここに来たんだ。別にさ、彼氏と彼女ってな感じで付き合わなくたって良いんだ。いや、やっぱ付き合った方が良いかな?付き合いたいよ、絶対!たぶん、向こうもそのつもりだし。でも、何を話せば良いのか。ってかさ、男が3人もここに居るんだから、ネーチャンズも何か喋れば良いのに。何で喋べんないんだよ。失礼じゃん!プンプン!!」と脳内妄想爆発状態に見えます。「物凄ぇもったいねぇ!」というのが、私の正直な感想です。しかも、朝青龍はニコニコ、トーマスは相変わずカッチョ悪いカッコで座ってます。
さて、ネーチャンズは・・・ケータイイジリまくりまくりまくりです。恐らく、ケータイ会話でここから逃げ出すための打ち合わせ真っ最中でしょう。弾丸シュートがケータイのボタンを押しまくって送信。フリーキックとループシュートがそれを受信すると言った感じです。このネーチャンズもバカ共3人と全く喋らないので、バカ共&ネーチャンズが座ってるテーブルは異様な空間になっています。
その膠着状態を打ち破ったのは、またしてもトーマスでした。




*管理人血祭の心の叫び*

お前らいい加減にしろよ!このクソ共が!!
こちとらお前らが気になって店から出れねぇじゃねぇか!!
俺はもうコーヒーも飲んじまったし、軽食のカツサンドも食っちまったぞ!!
このままじゃ、ここには居られねぇ!!
えーい、しょうがねぇ!!
すいませーん!!コーヒーおかわり下さい。




さて、続きはまた後日・・・


スポンサーサイト

特別編(最強日本) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<超賤人は世界中の嫌われ者 | HOME | また懲りずにこのバカ共は・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。