[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 東海削除 2

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東海削除 2

東海削除 2

(↑クリックでサイトに飛びます)


(下記画像クリックで拡大)
net nihonkai 20070511-01

net nihonkai 20070511-02



引用開始:
-----------------------------------

町長が民団に経緯説明 琴浦東海削除問題

 鳥取県琴浦町が日韓友好交流公園「風の丘」(同町別所)の韓国江原道交流記念碑の説明碑から「東海」の文字を削除した問題で、田中満雄町長は十日、民団鳥取県地方本部(鳥取市行徳二丁目)を訪れ、削除した経緯などを説明した。一方、韓国でも「東海」削除問題は新聞などが一斉に報道し、波紋を広げている。

同日朝、同本部の薛幸夫(ソル・ヘンブ)団長は不在で、金泰鎮(キム・テジン)事務局長が応対。田中町長は「『日本海』という表現で十分説明できると思っていた。これまで一緒に『風の丘』づくりに取り組んできた民団に、事前に相談せずに事を進めたのは軽率だった。友好交流を推進する気持ちに変わりはない」と述べた。

 同本部は再併記を求めたが、田中町長は「元に戻すのは大変」とし、しばらく様子を見守る方針を示した。

また、江原日報や中央日報、朝鮮日報などの韓国のメディアも、この問題を大きく報じている。新聞の紙面には「消された碑文」「友好にひび入る」などの見出しが付けられた。金事務局長は本紙の取材に対し、「韓国にも報道され、批判の声が高まっている。町の説明は釈然とせず、納得できるものではなかった」と話している。

 県交流推進課には昨年、「日本海」の呼称に統一的な見解があるかどうか同町から問い合わせがあり、同課の担当者は外務省の見解を紹介。その後、同町から「東海」を削除する方針の連絡があったという。

 同町議会の福本宗敏議長は「新聞報道で初めて削除を知った。事前に町議会に相談してもらえれば、いろいろと検討できたのに残念だ。これを機にさらに韓国との交流を深めていかなければならない」と強調。

 また、個人的な考えと前置きした上で、「説明碑は文字が反射して見にくいという声もある。江原道側とも相談しなければならないが、何かの機会をとらえて新しい説明碑に作り変えることも検討したい」と述べた。

-----------------------------------

:引用終わり



昨日の記事(←クリックで飛びます)の続報ですね。やっぱり姦国側から反発です。
しかしまぁ、奴らって何でこんなに必死なんですかね?国際水路機関総会(IHO)とやらでは、IHO加盟の78ヶ国の代表団に対してウザいロビー活動を行ってたようです。総会の途中で他国代表団をトイレの前で待ち伏せしたり、喫煙タイムでもしゃしゃり出てきたりとやりたい放題だったようです。が、こういったウザいだけのロビーも真心がこもったロビーだと姦国側代表団の関係者は語っていたそうです。
んで、結局この総会で姦国側がどうしたかというと、

東海表記の提案書を提出しなかった

そうです。

何でこう、次から次へと問題を引き起こすのか?

バカ過ぎ

ですな。日本海は日本海であり、世界標準でもSea Of Japanもしくは Japan Seaです。そんぐれぇ理解しやがれ!って言いたくなりますな。それ以外で表記されてる地図が有れば持って来い・・・・



ブリタニカ









あらっ!?




EAST SEA
(SEA OF JAPAN)

EAST SEA
(SEA OF JAPAN)


EAST SEA

(SEA OF JAPAN)



ええええ!?




な、何だこれは!?どうなってんだ?アイコラか!?
いや、アイコラじゃなくてホントにこんな表記をしてる地図があるようです。地図の右下に小さくEncyclopedia Britannica(←クリックでサイトに飛びます)とありますね。








くそー・・・。英語表記と言う点が問題ですね。日本版ではなく海外版のようです。でも、ちょいと変ですね。北姦国の部分だけ色違いです。






んー・・・・。

何かBritannicaが超賤語のように感じてきましたね。こんな感じで。













ブリタニカ





管理人血祭にメールする










スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<こりゃ面白い! | HOME | 東海削除>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。