[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 佐高 信

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

佐高 信

佐高 信

(↑クリックでサイトに飛びます)


(下記画像クリックで拡大)
週間金曜日01

週間金曜日02


引用開始:
---------------------


祖父の血(佐高 信)

 (1)現在および将来の日本の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

 (2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興にまったく貢献しておりません。

 (3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな部分を占めております。彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者並びにそのシンパで、最も悪辣な種類の政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。


 この3項目は石原慎太郎の発言ではない。敗戦まもない1949年に、時の首相、吉田茂がGHQ最高司令官のマッカーサー宛てに出した、在日韓国・朝鮮人の母国送還を求める書簡である。『朝日新聞』論説主幹の若宮啓文が『和解とナショナリズム』(朝日新聞社)に書くように「驚くような差別と偏見に満ちた書簡」であり、さすがにGHQも受け入れなかった。

 そもそも吉田が朝鮮に対する植民地支配について何の疑問も持っていなかったことを、若宮は次のエピソードで示す。

 韓国の駐日大使を経て外相になった金東祚は、日韓条約締結の翌年に吉田と会い、吉田から、

「奉天総領事のころ、しばしば朝鮮を訪れたが、朝鮮総督府がいかに善政を施しているか、総督の口からいろいろと話を聞いていた。なのに韓国はなぜこれほど日本を嫌い、反日だ反日だというのか」

 と言われる。金は即座に、

「アメリカの占領下で苦労した吉田さんとも思えない言葉だ」

 と切り返したが、吉田はピンとこない様子だったという。現外相、麻生太郎の創氏改名は「朝鮮の人が望んだ」という発言は、この祖父の血をまっすぐに受け継いでいる。政敵、石橋湛山の公職追放に関わった吉田はまっとうなリベラルとは言えない。岸信介の孫の安倍晋三も問題だが、つまりは孫より祖父が犯罪的なのである


---------------------

:引用終わり



週間金曜日のweb版からの引用です。執筆者は佐高 信(←クリックでwikiに飛びます)のようです。

さて、どうでしょう?吉田宰相は、当時の日本情勢をマッカーサー司令官に伝えていたようですが、残念ながらその主張は退けられたようですね。日韓併合により、超賤人も日本人扱いと言う事だったので、マッカーサー司令官には吉田宰相の主張が理解できなかったのかも知れません。

しかし、吉田宰相もかなりハッキリと伝えてますなぁ。全くその通りでしょう。在日超賤人は余分な人口なんです。いらないんですよ。吉田宰相の主張を『朝日新聞』論説主幹の若宮啓文が差別だと言ってるようですが、このバカ宮は”事実”という概念がまったくないようです。終戦後、超賤人達は突然

ウリ達は戦勝国民ニダ!

と言い出し、日本警察も手を出せないほど暴れ回っていたというのは、もはや誰でも知ってる(知っててほしい)事実です。ウチのブログのリンク先に”東アジア黙示録”というブログがあります。そこで詳しく紹介されてますので、是非、リンク先へ飛んでみる事をお勧めします。

在日特権を生んだ戦後の闇
(東アジア黙示録)
(↑クリックで飛びます)


ところで、記事の最後に佐高 信は、こういった超賤関連において安倍晋三総理と麻生太郎外相が問題だと言ってますな。と言う事は、もし、佐高 信が言う通りなら、この二人は・・・



















期待出来る

二人だ!





管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<超賤人の主張 | HOME | 東海削除 5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。