[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 総連本部売却

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

総連本部売却

超賤総連本部売却

(↑クリックで飛びます)

sankei20070612-01

sankei20070612-02

sankei20070612-03

抜粋開始
--------------------

朝鮮総連本部を売却 公安調査庁元長官の会社に 評価額約30億円

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部(東京都千代田区富士見)の土地と建物が5月末に都内の投資顧問会社に売却されていたことが分かった。同社は公安調査庁元長官が代表取締役を務めており、取引の背景が注目される。朝鮮総連は、経営破綻(はたん)した在日朝鮮人系の信組から不良債権を引き継いだ整理回収機構(RCC)から約628億円の返済を求められるなどしており、取引に当たっては北朝鮮本国の了承を得たとみられる。
新たに所有したのは、「ハーベスト投資顧問会社」で、投資顧問業や貸金業などを目的に平成18年9月に東京都中央区に設立された。当初の代表取締役は文京区に住む男性だったが、今年4月に元公安調査庁長官の緒方重威(しげたけ)氏に代わり、所在地も目黒区内の緒方氏の自宅に移った
緒方氏は昭和32年に司法試験合格。その後検察官になり、最高検検事、最高検公安部長などを歴任。北朝鮮関係の調査、情報収集を行う公安調査庁調査2部長も経験していた。平成5年7月に同庁長官に就任し、9年6月に広島高検検事長を最後に退官した。
朝鮮総連は売却後も同じ場所で活動を続けており、取引の経緯や目的に関心が寄せられている。
また、東京都は15年7月、それまで免除していた朝鮮総連中央本部の土地と建物に対する固定資産税を課税。期限までに納税していなかったとして、都は土地と建物を差し押さえたが、滞納分を全額納付したことで今年4月に解除した。完納したのは今回の取引話が浮上した時期と近い

-----------------

抜粋終わり

これに対する安部首相のコメント

朝鮮総連本部売却に首相不快感
「過去の立場自覚して」
sankei20070612総理コメント

引用開始
--------------------

 安倍晋三首相は12日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部の土地と建物(東京都千代田区)が元公安調査庁長官が社長を務める投資顧問会社に売却されていたことについて、「たとえ現在は民間人とはいえ、(元長官は)過去にどういう立場であったか十分に自覚していただきたい」と不快感を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 安倍首相は「朝鮮総連はその構成員が拉致をはじめ犯罪に関与してきたことが明らかになっている」とも指摘した。
(2007/06/12 20:25)
--------------------
引用終わり


これ何ですかね?有って良い話なんですかね?元公安調査庁長官の会社が総連の建物を買い取り、しかも、総連はその場所で活動を続けるそうです。って事は、総連は賃貸契約でこの建物を使い続けるわけですか?まさか、無料じゃないですよね。売却した時期からすると、どう考えても裁判の結果を見据えてという事でしょう。それに元長官が一役買ったという事ですか?

毎日新聞によると、国家公安委員会の溝手顕正委員長は、新聞報道で知って驚いたと言う事になってますが、これはバカ記事ですね。国家公安委員会(内閣府の外局)と公安調査庁(法務省の外局)は別組織です。毎日新聞の煽りには乗らないようにしましょう。

それにしても、これは大変な問題ではないかと思います。法律的には問題ないとしても、公安調査庁は超賤総連と癒着してるのではないかという疑問が必ず出てくるでしょう。在日帰化人が公安調査庁に多数入り込んでる可能性も高くなってきた感じがします。建物を買い取って、そこに居座らせるなんて有り得ませんよ。元公安調査庁長官は、超賤総連の悪行を知り尽くしてるはずです。

mainichi20070612長官-01

mainichi20070612長官-02

抜粋開始
--------------------

朝鮮総連:本部売却、どんな経緯が? 
元長官姿見せず

◇連絡取れず
午前8時半ごろ、犬を連れて散歩に出てきた妻は記者らの問いかけに「私に聞かれても何も分からない」「夕べは夫は帰って来なかったし、どこにいるかも分からない」と繰り返すばかりだった。
 東京・虎ノ門にある緒方氏の弁護士事務所では、女性職員が報道各社からの電話対応に追われた。職員は「(緒方氏からの)連絡はない。こちらからも携帯に電話をかけているがつながらない。今日は予定は入っていないので、事務所に来るかどうか分からない」と話した。
◇元部下も首かしげ
公安調査庁のある幹部は「退職された私人の行為にコメントすることはないし、朝鮮総連に対する調査を緩めたりすることはない」。別の公安庁職員は「あっけらかんとした人だが、どうしてこんなことをしたのか分からない。やめてもう長いので危機管理意識がなくなったのか」と話した。

-----------------------

抜粋終わり


元長官が行方不明だそうです。自分が何をやったか分かってるんでしょう。

この元長官、公安調査庁の元長官です。公安調査庁とは、破壊活動防止法や無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づき、日本に対する治安・安全保障上の脅威に関する情報収集(諜報活動)を行う組織だそうです。この元長官が超賤総連の建物を買収し、なおかつ今でもそこを拠点として活動を許してるわけですから、これまでの経緯を元長官から絶対に話を聞き出さなくてはなりません。

と、いうわけで、


















出番だぞ!


公安調査庁



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<朗報? | HOME | 李栄薫教授>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

治安、安全での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。 …
2007-08-19 Sun 16:37 一語で検索
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。