[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 海洋相誕生

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海洋相誕生



海洋相誕生

(↑クリックで飛びます)

yomiuri20070703

引用開始
----------------------

「海洋相」設置、初代は冬柴国交相が兼務

政府は3日午前の閣議で、国の海洋政策を一元化する海洋基本法を20日から施行する政令を決定した。
 これを受け、安倍首相は同法に基づいて新設する初代の海洋相に冬柴国土交通相を任命した。
 冬柴国交相は閣議後の記者会見で、「海洋の開発・利用の推進、環境の保全、輸送の確保に政府一体となって戦略的に取り組むことが重要だ」と語った。塩崎官房長官は「海底資源や魚の資源、いろいろなエネルギーもあり、幅広く考えていこうと担当閣僚が設けられた」と述べた。
 同法は海洋相について、「海洋に関する施策の集中的かつ総合的な推進に関し首相を助ける」と規定しており、内閣官房に新設される総合海洋政策本部の副本部長として、本部長である首相を補佐する。国交相は海岸管理や海上交通などの関連分野を幅広く所管しているため、海洋相を兼務することになった。
 海洋政策はこれまで、国土交通、農林水産、経済産業などの各省にまたがり、総合調整する機関がなかった。このため、中国による東シナ海の天然ガス田開発などについて対応が遅れたなどと指摘されている。
----------------------
引用終わり


さて、防衛省の初代大臣が辞任というとんでもねぇ内閣に、新しく海洋相が誕生しました。正式名称は海洋政策担当相で、海洋基本法に基づいた役職だそうです。20日に首相を本部長とする「総合海洋政策本部」を内閣官房に設置し、副本部長として塩崎恭久官房長官と同担当相を充てるそうです。上記の記事にもあるように、これまで日本は、支那や姦国にいいようにやられてきましたから(やらせてきた?)、これでどうにか歯止めを掛けてもらいたいものですな。できれば、海上保安庁にも不審船や密漁船に対して発砲許可を与えて欲しいところです。日本の国益を守るのが基本なら、違法者に対しては厳しく当たるべきです。

日本近海は、無法者が闊歩してるのが現状です。この海洋相がどれくらいの力を持ち、権限を発し、効果を上げるのかはまだ未知数ですな。いつものように粘り強い説得でああだこうだとかだと、これまでと何にも変わりません。機能しないなら、ない方がマシですからね。日本の漁師さん達がロシアや姦国あたりに拿捕されたりしてる現状を見ても、絶対に国民(漁師)と国益を守る展開にならないといけません。言うだけでは何も解決しないんです。金をせびられて終わりですよ。もし、そんな展開になったら最後の手段しかありません。
つい最近、USAからF22と言う現在世界最強の戦闘機を100機ほど買うとかいう報道がありましたね。それに便乗するわけではないんですが、私が最後の手段として希望してる事があります。

それは、




















日本海軍復活



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<色とりどり | HOME | ウルトラマンフェスティバル 2007>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。