[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 犬喰い

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

犬喰い

犬喰い

(↑クリックで飛びます)
yomiuri20070713

引用開始

----------------------

ネット販売が引き金、
韓国で「犬肉料理論争」再燃

【ソウル=竹腰雅彦】夏ばて予防のスタミナ料理として、韓国人に人気があるのは犬肉。しかし、犬肉を取り扱う初のネット販売サイトが国内の猛反対にあって、今月、閉鎖に追い込まれた。これを機に「犬肉論争」が再燃している。
ネット販売サイトは、代表的な犬肉スープ料理「補身湯(ポシンタン)」にちなんだ「補身ドットコム」。4月、新ビジネスとして登場し、数百グラムから1頭分までの犬肉の注文販売を始めた
韓国では、1988年のソウル五輪の際、国際的な批判に配慮する形で、犬肉料理店は表通りから排除された。その後も、愛好者に根強い人気があり、韓国メディアによると、年間約200万頭が消費されるほどだが、犬肉を取り扱う店は裏通りにしかなかった。

 このため、犬肉が大量消費される夏場を迎え、新サイトの存在が知れ渡ると注文は増えたが、「国のイメージを損なう動物虐待を許すな」といった抗議も、ネット運営業者や管轄する自治体に殺到。業者は、7月初め、一応、自主的に販売中止に踏み切った。

 混乱の背景には、犬肉が韓国の食品衛生法や販売上の法規から漏れた「あいまいな存在」(中央日報紙)ということがある。犬肉を食品として管理するための法改正は、以前から求められているが、動物愛護団体など反対派の圧力で実現していない。犬肉愛好家と反対派の板挟みとなって、行政は身動きできない。

 「なぜ違法でないのに他人の商売に干渉するのか」

 「食文化だから守れといっても、(犬を食べていては)韓国は先進国になれない」


 同サイトの掲示板では、擁護派、反対派の激論が毎日のように続く。韓国伝統文化学校の崔公鎬教授は、両派の主張を眺めながら「食べたい人は食べ、食べない人は食べない。結局、それぞれの嗜好(しこう)の問題で、是非を論議することは不毛」と論じる。

 物議を醸した当のネット業者は、今後も電話販売に転じようとするなど、その商魂はたくましい。

(2007年7月13日3時4分 読売新聞)

----------------------

引用終わり


支那の犬が、犬を喰うか喰わないかで揉めてるようです。単純にバカですな。その昔、日本人が生魚を食べるという事で、欧米人は日本食を敬遠してました。しかし、現在はどうでしょう。刺身はすでに世界的な食べ物になってます。しかも、ヘルシーフードとして人気が高いようです。日本の寿司職人さんや関係者の皆さん、それに日本人消費者が、寿司を日本の食文化として世界に紹介したわけです。国や国民の文化なんですから堂々としてればいいんですよ。イスラム教徒の連中が豚を食べないのは何故かというと、文化の一部である宗教が絡むからです。彼らが、そんな宗教はおかしいとは言いません。堂々と、豚を食べるのを拒否します。

元々、野蛮だとかいう根拠って何ですかね?白人が勝手に決めるやがる物ではないかと思ったりします。USAは、鯨を食うなと言い出す前は、鯨を殺しまくってました。また、最近でも、アラスカのアザラシを救助するために白熊を射殺してましたね。野蛮どころの騒ぎじゃねぇですよ。ちゃんちゃらおかしいですな。

さて、姦国の犬喰い。これも食文化ですよ。犬は愛玩用だから喰うなという理屈は通らねぇですな。多くの人達から指摘されてるのは、犬を十分苦しめてから殺すという犬の殺し方です。虐待だと言われてますね。まぁ、何かの抗議の時に、豚の首をちょん切ってみたり、大通りの公衆の面前で犬を八つ裂きにしたりする国民性ですから、理解出来ないでしょうが。

それにしても、文化を持たない国って大変ですなぁ。いっつも人のコピーばっかしなんで、自分達のオリジナルに関しては、どう対応して良いのかわからないんでしょうなぁ。上記の記事にもありますが、犬を喰うと先進国になれないなんて言うタコスケまでいますね。犬と文化のどっちを優先させれば良いのか判断出来てません。

ま、どうせ人まねしか出来ないなら、宗主国の支那でも見習ったらどうですかね。支那人(広東人)は机とイス以外は何でも喰うと言われてますよね。そんな支那には、姦国如きでは及ばないとんでもねぇ食文化がありますよ。
世界中の皆さんがよくご存じの、
























カニバリズム


(人肉喰い)



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<げげっ! | HOME | 正反対>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。