[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 姦国流解釈

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

姦国流解釈



姦国流解釈

(↑クリックで飛びます)

sankei20070801-01

sankei20070801-02

引用開始
------------------------

【安倍敗北 韓国流解釈】
対北政策転換 強まる待望論

【ソウル=黒田勝弘】日本の参院選の結果に関連し、韓国のいくつかのメディアが「戦犯の孫娘・東條由布子候補が落選した。靖国神社参拝の正当性を主張し、保守勢力に期待をかけたが世論の支持を得るのは無理だった」(聯合ニュース)などと、故東條英機首相の孫で東京選挙区から無所属出馬した東條由布子さんの落選をわざわざニュースとして伝えていた。
無所属ということもあって、日本ではさして話題にはならなかった東條さんだが、韓国マスコミでは「侵略主義的傾向」(盧武鉉政権の現代日本観)が目立つ「右傾化日本」の象徴として人気(?)があった。

韓国は政権もマスコミも参院選での安倍自民党の大敗北を“歓迎”しているといっていいだろう。いや“快感”を感じているフシもある。自民党政権下の日本を「右傾化」として、ことあるごとに批判、非難の対象にしてきた韓国だから、安倍政権の“没落”に気分は悪くない。
とくに最近、韓国では、安倍政権の朝鮮総連締め付けなど対北朝鮮強硬策には批判が強まっていた。そして6者(6カ国)協議などでブッシュ米政権が対北融和政策に転じるなか、安倍日本に対しては「孤立」をいい立て、対北政策の変化を求める声が、陰に日向によく聞かれるようになっていた。
選挙の結果を伝える直後の韓国紙も、今後の展望として「日本の対北強硬策の修正は不可避/自民党内の対北穏健論者の立場強化/来月の日朝実務協議で“変化”の可能性」(ハンギョレ新聞30日付)などと期待感をつのらせている。自民党の敗北を機に、米・韓・朝の3国共同歩調で安倍政権-日本の対北政策を変えさせようというわけだ

 北朝鮮はすでに安倍政権の朝鮮総連締め付けを「6者協議の障害」(朴宜春外相)と公言し、内外で日本非難を繰り返している。選挙結果を踏まえ、総連救済策としてさらに「日本孤立論」という情報工作に力を入れることになろう

韓国の盧武鉉政権は、ブッシュ米政権の対北融和策への転換を「わが国の対米自主外交の勝利」と位置付け、気分をよくしている(ソウルの外交筋)。今回の安倍自民党の参院選敗北も「期待通りと評価しているはずだ」という(同筋)。
なぜなら今後、日本の対北政策の変化が期待できるほか、盧武鉉大統領自ら憂慮を表明した「日本の憲法改正論議」(昨年の8・15光復節演説)もまた、自民党敗北で「2010年改憲推進という安倍首相の構想も実行が難しくなった」(東亜日報30日付)というように、この間の日本批判に沿って韓国有利に展開しつつあるように見えるからだ

 盧武鉉政権としては「われわれの日本右傾化批判が今回の安倍政権敗北をもたらしたと自画自賛したいところだろう」(ソウルの外交筋)。

ただ韓国では「自民党政権から民主党政権への政権交代の可能性はまだピンとこない」(韓国政府筋)という。日本政治や日本社会の保守体質はまだまだ強固とみられているからだ。だから韓国では昔からマスコミを中心に「日本の右傾化」や「軍国主義復活」をいい続けてきた。
 このため「憲法改正計画をはじめ安倍政権の挫折は日本の保守・右派に新たな危機感をもたらし、逆に彼らの動きがかえって活発化するかもしれない」(同筋)と警戒する声も聞かれる。

------------------------

引用終わり


姦国の報道をsankeiwebで黒田勝弘氏が紹介してくれてます。姦国メディアは、しょぱなから戦犯の孫娘という表現を使ってますな。ご存じの通り、姦国人には道徳心という物がまったくないのでメディアでもこういう表現を平気で使います。あらためて、姦国人の民度の低さを露呈してくれてます。東條さんは、韓国メディアでは「侵略主義的傾向」(盧武鉉政権の現代日本観)が目立つ「右傾化日本」の象徴として人気があったそうですが、その象徴に対する根拠や証拠、または反論なんて物はないんでしょうなぁ。有るのは、捏造や矛盾だらけの証言だけですからね。

しかしまぁ、今更言うのもなんですが、姦国人の民度の低さには驚かされますな。普通、言いますかね?日本人の感覚や道徳観だと、陰口でも言ってはいけない事だと思いますが、姦国ではメディアが言ってるそうです。考えられませんな。奴らはよく日本には差別があるとか批判しますが、一人の女性に対して反論も出来ないくせにバッシングですよ。オツムが相当おかしいとしか思えませんな。

さて、そんな半島人達が今回の参院選の結果にホルホルしてます。また、半島を祖国に持ちながら日本に寄生してる連中もホルホルしてますな。記事を読むと、やれ対北強硬策の修正だの朝鮮総連締め付け緩和だのと妄想全開なのがわかります。自分達に関わることなんで、そっちに関心が行くのは当たり前ですが、日本の有権者が期待してることは年金問題の解消ですよ。

確かに、自民党の敗北は我々にとっては痛手になります。その反面、超賤人や日本メディアにとっては好都合でしょう。しかし、忘れてもらっては困りますな。自民党が選挙に負けても、私のような日本人が消えてなくなったわけではありません。ウチのブログでは、これからも超賤人エンターテインメントを取り上げ続けるつもりです。

売国連中の皆さん及び、現役在日超賤人のみなさん、






















是非、


お楽しみに!



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<石見銀山 | HOME | 各国の反応>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。