[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 石見銀山

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

石見銀山

石見銀山

(↑クリックで飛びます)

民団石見銀山20070725-01

民団石見銀山20070725-02

民団石見銀山20070725-03

引用開始
------------------------

銀大国・日本は渡来技術で
石見銀山・博多商人が導入の精錬法…
生産、飛躍的に伸びる

世界遺産に登録されたばかりの《石見(いわみ)銀山遺跡》は、16世紀には世界有数の銀山に発展した。その最大の理由は朝鮮から導入した銀精錬法にあった。

この6月、済州島の火山島・溶岩洞窟など世界遺跡がユネスコにより新たに登録された。日本からは島根県の「石見銀山遺跡」が入った。当初は登録が危ぶまれていたが、16・17世紀の銀鉱石採掘中も山に植林を続けていたという「環境配慮への先見性」の指摘が奏功し、世界遺産登録に合格した。

 ここでは「環境配慮」ではなく
、石見銀山が「世界三大銀山」の一つと呼ばれるまでに大成長した最大の理由に注目してみよう。ここに、「知られざる韓日関係史」の一端がある。産出量が飛躍的に増大した理由は、朝鮮伝来「灰吹法」という銀精錬技術であった。

朝鮮のノウハウ当初から想定か

石見銀山は1526年に博多商人、神谷寿禎(かみやじゅてい)により発見されたとされている。

神谷寿禎は朝鮮貿易を手広く担い、朝鮮で良質の銀が生産され、その精錬技術が当時としては先進的な「灰吹法」であることも熟知していた。堺や博多の大商人は東アジア貿易のネットワークを通して、東アジアだけでなく世界中の情報を最も知り得る立場にいた。

石見銀山も神谷の発見以前から鉱脈の存在は知られていたという説もあり、神谷の石見銀山開発は、初めから朝鮮から灰吹法導入を想定したものであった可能性が高い

 事実、彼は1533年に石見銀山に宗丹、桂寿という灰吹法の技術者を博多から連れて来て、灰吹法銀精錬を日本で初めて実行した。2人の国籍は不明だが、名前から朝鮮人技術者ではないかとも推察される。当時、博多で銀精錬は行われておらず、2人を朝鮮から博多へ移送し、その後、石見へ転送したのかもしれない

朝鮮では1503年から端川銀山で灰吹法による銀精錬が行われており、石見銀山の稼働以前、東アジアの主要銀鉱山はここだけである。石見へ送られた2人は端川銀山で働いていた技術者である可能性も高い


 一方で、朝鮮の公式歴史書「朝鮮中宗実録」によると、地方役人の柳緒宗という人物が自宅をソウル商人と倭人との密貿易の基地として提供し、そこで倭人に銀を密輸し精錬法まで伝授したとして摘発されている

 その倭人が神谷なのか、銀精錬法を伝授されたのが宗丹と桂寿なのか(だとすれば2人は日本人ということになるが)は確認できないが、灰吹法導入による最大の利益享受者である神谷と、実録に記載されている倭人とは極めて近いところにあると推察できる
------------------------
引用終わり



ははははは!

えーと、民団のwebサイトで面白いモノを見つけましたので、アゲときます。

皆さん、つい最近ユネスコの世界遺産に登録された石見銀山をご存じですよね。この石見銀山に、また姦国人が関わろうと必至になってます。勿論、根拠は推測だけです。

ははははは!

いやぁ、笑いますなぁ。何でこんなのが平気で主張できるんですかね?しかも、途中では、”だとすれば2人は日本人ということになるが”という自爆のおまけ付きです。
ははははは!

ええと、ついでに奴らが主張してる「灰吹法」というのをwikiで調べてみましょう。

灰吹法
日本には、戦国時代の1533年に石見銀山の発見に際して博多を通じ神谷寿禎が招来した吹工、宗丹及び慶寿(けいじゅ、文献により桂寿とも記される中国の国の禅僧)の両名によって伝来された。このとき日本に伝来した技術の系譜に関し、小葉田淳らは中国の技術が李氏朝鮮を経由して日本に伝わったと想定しているが、日本に伝わった技術が明のものと同様で李氏朝鮮のものとは若干異なっていることや神谷家の「由緒書」にも神谷寿禎が中国に渡り二人を招聘したとあることから李氏朝鮮経由は誤りであろう。
以上wikiより転載

ははははは!

またかよ!と言いたくなりますなぁ。一応、他のサイトもチェックして灰吹法を調べてみましたが、在日姦国人が言ってる様な事など発見できません。むしろ、正反対の事ばかりが見つかります。

つまり、こういう事でしょう。

世界最高技術

日本


支那










劣化コピー技術

超賤


まったく・・・。在日の妄想願望希望お花畑思考回路ってのは、始末に負えませんな。記事にしても、推測だけで確たる証拠などなにもありません。また、在日の奴らは日本に住んでるわけで、日本語もわかるんだろうから、ちょいとくらいは灰吹法ってのを調べりゃいいじゃないですか。事実より自分達の都合や願望だけを優先させるんでこういう恥をかくことになります。まぁ、やつらのDNAに刻まれた民族性ですから、不可能だと言えば不可能ですがね。

相変わらず捏造大好きな奴らですな。文化や歴史がない奴らにとっては、世界的に自分達の文化や歴史が認められる事が夢なんでしょうなぁ。何とか夢を現実の物にしたいわけです。たとえ捏造しようが何しようが。んで、既成事実を作り、それに合わせて歴史を都合良く作り変えてしまうわけです。しかし、あまりに民度が低いために、それが間違いだとは気付かないんですなぁ。

しかし、超賤人の皆さん、我々日本人は超賤にも文化があることをちゃんと知ってますので安心して下さい。朝鮮文化ってこんな感じですよね!
























レイプ


売春


捏造


パクリ


歴史歪曲


火病


嘗糞



管理人血祭にメールする




スポンサーサイト

特別編 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<総連弾圧糾弾声明 | HOME | 姦国流解釈>>

この記事のコメント


>>耄殿

そうですな。現在進行形でないにしても、つい最近までやってたんだし、むしろ、外すのは世界最高ミンジョクの誇らしい文化に対して失礼かも知れません。追加しときましょう。
ご指摘有り難うございました。
2007-08-03 Fri 20:34 | URL | 血祭 #-[ 編集]
嘗糞が抜けている
2007-08-03 Fri 18:18 | URL | 耄 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。