[PR] 癒し 知らずに死ねるか! アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part9

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アキバ系 vs ネーチャンズ (出身地不明) part9


アキバ系 vs ネーチャンズ

テーブルが大爆笑に包まれトーマスがついにやってくれたと思ったんですが、さすがのトーマスも笑いを取ったんじゃなくて笑われた事に気づいたようです。トーマスにとっては屈辱の笑いだったのかも知れません。若干不機嫌になったトーマスは、そそくさとトイレに向かってしまいました。せっかくの大チャンスだったのに・・・

しかし、トーマスが席を外したのはネーチャンズにとっても大チャンスだったようです。


弾丸シュート
 「行くよっ!」


ループシュート&フリーキック
 「うん!!」


あっという間の早業でした。ネーチャンズは「じゃね!」と言う捨てぜりふを吐いたかと思うと、瞬く間に席を立ちました。なぎら健一も朝青龍もネーチャンズのスピードに全くついていけず、ただ呆然と見送るだけでした。でも、ネーチャンズが店から出て行こうとした時、思い出したようになぎら健一が引き留めにかかりました。


弾丸シュート
 「何?お金?コーヒー代ぐらいおごってよ!じゃね!!」

なぎら健一
 「あ、ああの、ちょっと。あの、コーヒー代はおごるからさ・・・」

弾丸シュート
 「・・・」

なぎら健一
 「・・・」

弾丸シュート
 「じゃね!ついて来ないで!」

なぎら健一
 「あ、あの・・・」

弾丸シュート
 「何よっ!」

なぎら健一
 「いや、あの、、うん。じゃ、また。」





*管理人血祭の心の叫び*

  おいっ!なぎら健一!何でぇそりゃ!?

 
スポンサーサイト

特別編(最強日本) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やっぱり嫌いなんじゃん | HOME | 犯罪集団>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。