[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 博多港引き揚げ者らの体験

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

博多港引き揚げ者らの体験



博多港


引き揚げ者らの


体験


(↑クリックで飛びます)

yomiuri戦後博多港引き揚げ者らの体験01

yomiuri戦後博多港引き揚げ者らの体験02

yomiuri戦後博多港引き揚げ者らの体験03

引用開始
------------------------
<2>医師らひそかに中絶手術

◆厚生省「超法規的措置」で保養所開設

二日市保養所。入り口脇には「厚生省博多引揚援護局保養所」の看板がかかっていた(福岡市総合図書館所蔵「博多引揚援護局史」より)

 「不幸なるご婦人方へ至急ご注意!」。満州(現中国東北部)や朝鮮半島から博多港に向かう引き揚げ船では、こんな呼びかけで始まるビラが配られた。
 「不法な暴力と脅迫により身を傷つけられたり……そのため体に異常を感じつつある方は……」「診療所へ収容し、健全なる体として故郷へご送還するので、船医にお申し出下さい
 全文を読んでも、どのような治療を行うのか明示されていなかったが、ソ連(当時)の兵隊などの暴行で妊娠していた女性には見当が付いた。
 中絶手術。優生保護法が1948年に成立するまで、原則、違法とされた手術だった。

ビラを配ったのは、現在の韓国の首都ソウルにあった京城帝大医学部の医師たちのグループ。

 このグループは終戦後の朝鮮半島で日本人の治療に当たっていたが、ほとんどは45年12月ごろに帰国。引き揚げ者の治療を続けるため、外務省の外郭団体「在外同胞援護会」に働きかけ、グループ全体を「在外同胞援護会救療部」に衣替え。46年2月、博多港に近い日本最古の禅寺「聖福寺」に、診療所「聖福病院」を開設した。

 帝大医学部の医師たちが、なぜ、違法な手術を決断したのか――。きっかけは、暴行されて妊娠した1人の教え子の死だったという。
 このグループの一員で、京城女子師範学校で講師も務めた医師は、引き揚げてきた教え子と久々に再会した。しかし、話しかけても泣くばかり。両親から「ソ連兵に暴行されて妊娠した」と打ち明けられた医師は、グループの他の医師と相談して中絶手術に踏み切ったが、手術は失敗し、女性も胎児も死亡した。
 すでに、博多港に着きながら、暴行されて妊娠していることを苦にした別の女性が、海に飛び込んで自殺する事件も起きていた。
 外国人との間に生まれたとすぐにわかる子供を連れた母親が1人で故郷に帰り、新しい生活を始めることは極めて難しい時代。
 医師たちは、目立たない場所に別の診療所を作り、ひそかに中絶手術を行って故郷に帰そうと考えた。

医師らから提案を受けた厚生省(当時)博多引揚援護局は福岡県と交渉し、同県筑紫野市・二日市温泉の一角にあった広さ約420平方メートルの木造2階の建物を借り上げた。旧愛国婦人会の保養所で、博多港から車で約40分。交通の便は良く、浴室にいつも温泉がわいている建物は医療施設としても好都合で、医師たちは医療器具を持ち込み、46年3月、「二日市保養所」を開設した。

 厚生省が違法な手術を行う医療機関開設に踏み切った背景について、当時、聖福病院に勤務していた元職員は「妊娠は、暴行という国際的に違法な行為が原因。国は目をつぶって超法規的措置を取ったのだろう」と推測する。

京城日赤病院に勤務していた村石正子さん(80)(筑紫野市)は、45年12月に帰国した後、母親のふるさと・種子島で暮らしていた。「仕事を探しているなら二日市に来るように」。約3か月後、日赤幹部から1枚のはがきが届いた。
 二日市保養所を訪ねると、京城日赤病院時代の看護師10人が集まっていた。
 医師から仕事の内容を聞かされ、風呂場を改造して手術台と戸棚を置いただけの“手術室”に案内された。宿舎としてあてがわれた2階の10畳の和室では、「中絶手術って違法じゃないの?」と話し合った。
 だが、悩んでいる余裕はなかった。数日後、トラックが到着した。荷台に乗っていたのは、短い髪に汚れた顔、男性用の服をまとった人たち。「男か」と思ったが、下腹部の膨らみを見れば女性であることはすぐにわかった。

------------------------

引用終わり


酷い物ですな。ソ連兵による暴行とありますので、南鮮ではなく北鮮の出来事であると思われます。
もう一つ引用しておきましょう。

引用開始

------------------------

引揚民間人を襲った略奪・暴行・殺戮の嵐

「吉州や端川の海岸線にでた人たちに対するソ連兵や朝鮮保安隊の略奪と暴行は、残酷をきわめた。 夜中に雨戸を蹴破って侵入してきたソ連兵は、17になる娘を父親からひったくるように連行。娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。
 みなソ連兵を朝鮮_人が案内したのだった。
 部落ごとの保安隊の関所では、厳重な身体検査が行われ、金や着物や米などが取り上げられた。
 靴の底や、女の髪のなかから金を探し出すのはふつう。一糸まとわぬ姿にされ、取調べられた若い女性もあった。城津での惨状は言語に絶した。(中略)朝鮮_人の男女が数十人の団体でおしかけ、干してある洗濯物から赤児の着物まで剥ぎ取って掠奪され、あげくは婦人の“提供”を要求されたという」
「博多港から車で40分ほどの二日市温泉郷につくられたのが、「二日市保養所」である。強姦によって妊娠させられた女性たちには、堕胎手術が施された。また、性病に感染した女性たちにについても、匿って回復するまで治療が行われた。(中略)
「二日市保養所」の産婦人科部長だった橋爪医師の証言が、「水子の譜」に収録されている。同医師が昭和21年6月10日付で救療部に提出した報告書によれば、強姦の加害者は朝鮮_人が最も多く、次いでソ連人、中国人、アメリカ人、そして台湾人、フィリピン人も登場する。」

「正論」 平成17年 11月号
------------------------
引用終わり


上記の記事ではソ連兵しか出てきませんが、実際は超賤人も出てきますね。しかも、卑怯極まりない行動をとってます。一般人でも有り得ない行動ですが、ソ連兵を案内したり略奪行為を行ったのが超賤人の保安隊ですよ。

ムカつきますなぁ。何でこんな卑怯な、いや鬼畜行為が出来るのか?これで、自分達は被害者だと訴えるその感覚たるや、やはり人間ではありませんな。戦後、超賤人が行った極悪非道の行為は、すでに皆さんご存じだと思いますが、相変わらず、それらを知らない日本人が多すぎです。

ついでに言っておきましょう。皆さんお気付きかと思いますが、これ、かの有名な小説の元になった事実です。そう、USAの教科書に載ってた『ヨーコ物語』です。超賤人が大騒ぎしたのは記憶に新しいですね。つまり、『ヨーコ物語』は事実なんですな。もっと知りたい人は、

朝鮮終戦の記録〈資料篇 第3巻〉
北朝鮮地域日本人の引揚 (1980年)

594ページ
出版社: 巌南堂書店 (1980/10)
ASIN: B000J7F7V6

に目を通しておきましょう。


管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<発動!話題すり替え作戦 by 売国朝日新聞 | HOME | 特権選手>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。