[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 何やってんだ!?法務省

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何やってんだ!?法務省




何やってんだ!?


法務省


(↑クリックで飛びます)

mainichi20070902

引用開始
------------------------

指紋採取:法務省が中韓などで説明会
11月からの実施で


 入国する外国人に指紋採取を義務付ける改正入管法が11月にも施行されるのに対応し、法務省は9月上旬、中国、韓国、香港、台湾に入管職員を派遣する。指紋採取にはさまざまな反発も予想されることから、現地で旅行会社や報道機関向けに説明会を開き、日本の入管政策への理解を求める。同省幹部は「直接、理解を得る機会を作らないままでは円滑にスタートできない」と話している。

 改正法は、政府が04年に策定した「テロの未然防止に関する行動計画」に基づき可決された。空港などでの入国審査の際、両手の人さし指を指紋の読み取り機の上に置いてもらい、センサーで指紋を読み取る。採取した指紋はブラックリストと照合し、要注意人物の入国を防ぐ。

 在日韓国・朝鮮人などの特別永住者▽16歳未満▽外交・公用での来日▽国の招待者--は免除される
。指紋情報は入管当局で保管し、在留管理や犯罪捜査にも利用する。

しかし、同様の制度を導入しているのは、テロ対策に力を入れる米国だけ。改正に際しては日本弁護士連合会などが「外国人のプライバシー権を侵害する」と反対した経緯もある

 今回、説明会の開催地に選んだのは日本への入国が特に多い国・地域。06年の統計によると、韓国(約237万人)、台湾(約135万人)、中国(約98万人)、香港(約31万人)と来日外国人全体(約810万人)の約6割を占める。いずれも団体による観光旅行が増えており、旅行会社への周知が欠かせない。

 同省入管局の担当者は「指紋採取は不法入国防止の決め手になる。来日した外国人には『日本だけでなく、旅行に訪れた外国人もテロから守ることにつながる』と理解してほしい」とPRに躍起だ。9月中旬には東京・霞が関の同省で計約180カ国に及ぶ在京大使館・領事館関係者に対する説明会を開く。【坂本高志】
毎日新聞 2007年9月2日 3時00分
------------------------
引用終わり

去年5月に成立した改正入管法によるものですな。
yomiuri20060517

引用開始
------------------------

来日外国人指紋を採取…
改正入管法が成立

来日した16歳以上の外国人に指紋採取や顔写真撮影を義務づける改正出入国管理・難民認定法は17日午前の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。政府は来年秋からの実施を目指す。

 改正法は、テロの未然防止が目的で
、外国人の入国時に指紋や顔写真などの提供を義務づける。拒否した場合、国外退去を命じることができる。在日韓国・朝鮮人ら特別永住者や、政府が招へいした外国政府関係者らは、指紋採取の対象から除外する。対象者は、年間600万~700万人に上る見通しだ。

 読み取った指紋と顔写真は、過去に強制退去処分を受けた外国人や国際手配されている容疑者など、法務省や警察庁が所有するブラックリストと照合し、該当者は身柄を確保して入国を阻止する。その後も、データベース化し、犯罪捜査にも利用する。

 出入国業務の円滑化のため、指紋情報を事前登録した外国人の希望者は、新たに導入する「自動化ゲート」を通過し、入国審査時間の短縮を図る


 また、入国する航空機や船舶の長には、乗員・乗客名の事前提出を義務づける。法相がテロリストの恐れがあると認定した者を国外退去処分にできる規定も新設した。

 改正法の成立を受け、法務省は指紋と顔写真の読み取り機器を全国34の主要空港・港湾に配備する。外国人が不定期に入国する地方港湾などには、入国審査官が携帯型の読み取り機器を持参する。
(2006年5月17日 読売新聞)
------------------------
引用終わり


入管法改正により、外国人の指紋押捺が義務づけられます。相変わらず在日超賤人に対しては、ヘタレ振りを発揮してくれてますが、特アからの犯罪者予備軍に対しては効果があるかも知れませんな。在日超賤人全員にも指紋を押捺させ、さらに姦国から渡航者全員にもビザシステムを復活させるべきなんですが、まぁ、現行法よりはマシでしょう。

ところで、日本国内のシステムを構築するのに、法務省は何で説明会を行うんですかね?こんなの決まったことを文書で通知すればいいだけですよ。何でこうもビクビクするんですかね。弁護士会がどうのこうのと書いてますが、なら、テロリストのプライバシーを保護する理由や根拠を示せと言えばいいんですよ。テロを未然に防ぐのが目的とちゃんと明確にしてるんですから。バカですなぁ。

さらに、在日超賤人の中には北超賤政府関係者や日本人拉致事件に関わったと疑われる超賤総連関係者までいるというのに、指紋押捺免除というのは納得できませんな。さらに、そう言った犯罪者連中を囲ってるのが在日超賤人ですよ。最も指紋押捺が必要な連中です。ってか、これこそ差別ですよ。在日超賤人も外国人である以上、一律、同じ扱いにすべきです。

新入管法は、今年の11月からの施行です。恐らく、姦国や北超賤、更に支那の連中もこの事を知ってるでしょう。新入管法施行前に一稼ぎしようと狙ってる特ア連中がいるかも知れないので、今月と来月は要注意です。


まぁまぁ、今回の新入管法は評価できるところは評価すべきですな。
しかし、絶対に忘れてはならない事があると言う事も肝に銘じておきましょう。先の参議院選挙でミンス党が議席を増やしましたね。小沢は政権交代を訴えてます。んで、もし政権交代が起こったら、こんなヤツが法務大臣になってしまいます。コイツが法相になったら、この新入管法はすぐさま撤廃されてしまうのは火を見るより明らかです。



もし、コイツが次の法務大臣になったりしたら、この新入管法はすぐに撤廃になります。

























狂気の政治家

売国ネクスト平岡



平岡秀夫


ミンス党議員



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<テロ vs テロ | HOME | やっぱり法則発動>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

法務省法務省(ほうむしょう、Ministry of Justice)は、基本法制の維持及び整備、法秩序の維持、国民の権利擁護、国の利害に関係のある争訟の統一的かつ適正な処理並びに出入国の公正な管理を図ることを任務とする国の行政機関(法務省設置法3条、中央省 …
2007-09-28 Fri 15:04 はるかの日記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。