[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 在日キチガイ集団

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

在日キチガイ集団

在日キチガイ集団


(↑クリックで飛びます)

mindan20070905-01

mindan20070905-02

引用開始
------------------------

再入国許可制度に違和感
在日同胞たちの声


いつまで続く管理
意思確認 特別永住者は不要


一般外国人とは違う
 永住権を持ち、生活基盤も日本にあるのになぜ、再入国許可が必要なのか理解できないという声が在日同胞社会に根強い。印紙代はもとより、仕事を放り出して入国管理局に足を運ぶ負担感も大きいようだ。再入国許可を得ずに出国したために特別永住資格を剥奪されたという人もいる。孫やひ孫の世代にまでこんな思いをさせるのかと思うとやりきれないという声もあった。


なぜ高い印紙代

再入国許可を得るための印紙代はシングル4000円、数次になると6000円。大阪の金吉浩さん(作家)は「区役所で外国人登録証明書や印鑑証明をとっても500円で済むのに、どうして再入国許可だけ高いのか」と疑問を呈す。

 身体が不自由だったり日本語の書けない1世の年寄りなどは、代理人に頼むことになるが、「同居人でなければ受け付けてもらえないというのも理解できない」と金さん。 同胞はこれまで無意識に入管当局に足を運んできた。だが、「よくよく考えれば不条理」という疑問の声はこれまでも根強かった。朴鍾文さん(65)=滋賀県在住=も「なにか管理されているような感じがしていた」という。「日本は永住を認めているのに、事前に了承をもらうのはおかしい」。同じく滋賀県の都貞男さん(71)も「運転免許の5年切り替えは日本人も同じ。何の違和感もないが、再入国だけは違う。これから孫やひ孫の世代にまでこんな思いをさせるのかと思うとやりきれない」と語った。


犯罪者視に衝撃

こうした違和感は世代が若返るほど強くなる。孫美幸さん(立命館大学大学院社会学研究科後期博士課程)は語る。「窓口で手続きをするとき、どの国の外国人よりもいちばん流ちょうな日本語で遠慮しながら尋ねている自分のこっけいさが耐えられない。あなたは永遠によそ者なんですよ。永住は許可してあげてるだけなんですから、といわれているかのよう」。

 「91年問題」が一段落したいま、再入国許可の手続きそのものをまったく理解していないという若い世代も出てきているという。三重県から青年会の本国研修に参加したある女性は、パスポート確認を済ませ、いざ搭乗の際になって手続きをしていないことに気づかされた。空港内の入国管理室では犯罪者のごとき扱いを受けたことが、いまも深いトラウマとなっている。現場にいた青年会員は、再入国許可制度そのものが、指紋押捺義務と同様、理不尽なものだと身をもって知らされたという。


永住資格剥奪も

 かつて、指紋押捺を拒否したためにすでに取得済みの再入国許可を取り消されたという同胞は多い。韓久さん(民団三重県本部事務局長)もその1人だ。韓さんは抗議したものの、「再入国許可は法務大臣の裁量」として聞き入れられなかった。韓さんは「確信犯」だが、気づかずに出国しても特別永住の資格を剥奪される。

 米国で開かれた学会から戻ったある在日医師は、再入国許可の期限が経過しているとして空港で入国を拒否された。渡航の手配は旅行会社任せだったため、再入国許可期限のことなど気にもしていなかったのだ。医師は後に日本国籍を取得しようとしたが、申請そのものを受け付けてもらえなかった。入国特別許可を得たことで新規入国扱いとされ、それまでの居住の継続性を否定されたからだ。白承豪弁護士は次のように指摘した。

 「そもそも再入国制度とは日本での継続居住の意思確認のための制度である。特別永住者(一般永住も含め)は当然に日本での居住を希望している者で、出国の際に日本での継続居住の意思確認をする必要はないはずだ。戻りたくないときだけ申告させれば事足りる」。

(2007.9.5 民団新聞)

------------------------

引用終わり



嘘を吐き続けると、やがてはその嘘がホントのようになってしまいます。超賤人の狙いはそこです。しかし、その嘘を毎回毎回嘘であると突っ込めば、それは永遠に嘘という事になります。私の狙いはそこです。

さて、キチガイ集団がまたデタラメをのたまっています。またデタラメをのたまうので、当然、また突っ込みます。

永住権を持ち

いきなり、”永住権を持つ”というデタラメから始まってますな。こんなの持ってる外国人などいません。在日超賤人に与えられてるのは”特別永住許可”です。何度も同じ事を言いますが、”権利”ではなく”許可”です。そのため、在日超賤人が犯罪等を犯した場合は、永住許可を取り消して国外強制退去処分にする事が可能になるわけです。在日超賤人達もそれを知ってるので、あえて”永住権”とデタラメを言い続け、何も知らない日本人を騙そうとしてるわけですな。また、国籍が日本以外なんですから再入国許可が必要なのは当然です。永住許可があるからどうのこうのなんて全く関係ない話です。

孫やひ孫の世代にまでこんな思いをさせるのかと思うとやりきれない

日本には日本のシステムがあり、それに従わないのはルール違反と言う事になる事くらい理解できそうなんですが、キチガイ集団にはそれが理解出来ないようですな。また、上記の言葉から自分達が外国人であるという認識がまったくないようです。さらに、自分達の先祖が不法入国者であるという認識など皆無でしょう。これからも分かる通り、在日超賤人は日本のルールよりも自分達の都合を優先してるだけです。

あなたは永遠によそ者なんですよ。永住は許可してあげてるだけなんですから、といわれているかのよう

その通り!
以上!

空港内の入国管理室では犯罪者のごとき扱いを受けた

ルール違反すれば不法入国扱いになるのは当たり前ですな。こんな事すら理解出来ない連中など日本にはNo Thank Youですよ。

韓さんは「確信犯」だが

バラしてどうする!
自爆だ!



とまぁ、そんなわけで、今回も超賤人エンターテインメントは正常運転でしたな。そして今回も勿論、突っ込みます。

在日超賤人達にメッセージを送っておきましょう。

記事の最初に”再入国許可制度に違和感”とある。しかし、これは我々日本人から見たら、再入国許可制度に違和感を感じる超賤人にこそ、































違和感がある


管理人血祭にメールする
スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<得意技発動! | HOME | 島根県からの返事>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。