[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 危険度MAX!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

危険度MAX!


危険度MAX!

(↑クリックで飛びます)

西日本新聞20070911

引用開始
------------------------

吉野ケ里出土品 韓国へ 交流展前に梱包作業

国内屈指の弥生時代の環壕(かんごう)集落跡として知られる吉野ケ里遺跡(佐賀県)の出土品を展示の柱に据えた日韓交流展が10月15日から韓国・ソウル市で始まるのを前に、同遺跡の出土品を梱包(こんぽう)する作業が10日、同県吉野ケ里町の発掘調査事務所で始まった。20日に会場となる韓国国立中央博物館に搬入する。

 大規模環壕集落の確認から来年で20周年を迎えるのを記念し、同県と国立中央博が共催する特別展。同県からは、国内に2例しかない十字形把(つか)飾りが付いた有柄(ゆうへい)細形銅剣など、国指定重要文化財34点を含む393点を出品する。国立中央博からは韓国で出土した弥生土器などを展示し、相互に影響を与えた日韓交流史を浮き彫りにする。

 国立中央博での開催は12月2日まで。来年1月1日から2月11日までは、佐賀県立美術館・博物館で催される。

=2007/09/11付 西日本新聞朝刊=
2007年09月11日00時21分
------------------------
引用終わり


続いてこれ。

超賤人盗人

(↑クリック)

転載開始
------------------------

1994年 安国寺(長崎県壱岐島)から国の重要文化財指定の「高麗版大般若経」が盗難。翌年に韓国の国宝284号に指定され、盗品は韓国に存在する事が判明。

1998年 叡福寺(大阪府太子町)から高麗仏画「楊柳観音像」(重要文化財級) を含む仏画32点が盗難。韓国に渡った事が判明

2001年 隣松寺(愛知県豊田市)から阿弥陀如来の極楽浄土を描いた,県指定の重要文化財「絹本著色阿弥陀仏曼荼羅」など7点が韓国人により盗難

2002年 鶴林寺(兵庫県加古市)から国指定の重要文化財「絹本著色阿弥陀仏三尊像」など8点が盗難。韓国人の犯行

2005年 鰐淵寺(島根県出雲市)から「紙本墨書後醍醐天皇御願文」など国指定の重要文化財4点を含む,仏画や経典13点が盗難。

------------------------

以上、中央日報自由掲示板より転載


日本の貴重な吉野ケ里出土品が、よりによって姦国に行くそうです。果たして無事に帰ってこれるのか疑問ですな。

姦国には文化や歴史というモノがありません。そのため、日本の文化や歴史を盗み、自分達のモノにしようとするわけです。これだけでも民度の低さや頭の悪さを露骨に表してるんですが、考えられない事にそれこそ姦国クオリティなんです。

超賤王朝は、自分を正当化するために先代の文化を次々と打ち砕いて来ましたね。歴史有るモノをことごとく否定してきたわけですから、文化や歴史なんてあるわけねぇですな。上記の、日本からの盗品が姦国では国宝になってるなんてのは、歴史を否定してきたために資料がなく、歴史検証能力がないためにこんな事になったのではないかと考えられます。勿論、姦国人の民度が低すぎるという点もありますが、バカすぎですな。

一応、姦国人がどれくらい日本の宝を盗んでるのか、リンクを貼っておきます。ここには、上記よりもっと詳しく書かれていますので、読んでみると腹が立ってきますが、一度目を通す事をオススメします。

盗難文化財
(↑クリック)




管理人血祭にメールする




スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<注意! | HOME | 各社の報道(高成仁の場合)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。