[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 注意!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

注意!


注意!

(↑クリックで飛びます)

中日新聞20070912-01

中日新聞20070912-02


引用開始
------------------------

総連愛知本部を落札
愛知の不動産会社、立ち退き要求も

2007年9月12日 夕刊
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)愛知県本部が入る名古屋市西区菊井二の土地と建物について、再競売の開札が十二日、名古屋地裁であり、愛知県大治町の不動産会社「有限会社名古屋管財」が五千二百五十万円で落札した。同社は「(総連県本部には)原則、強制的に立ち退いてもらう」としていて、県本部は厳しい局面に追い込まれた。

 今回の再競売は、売却をめぐる詐欺事件も起きた東京の中央本部がやはり競売を迫られていることもあり、総連などが今後どう対応するか判断材料になるとして、関係者が注目してきた。

 登記簿などによると、建物は鉄筋四階建てのべ約五百四十平方メートル、土地は約二百平方メートル。総連は法人格のない「権利能力なき社団」のため、登記上は「高麗相互産業有限会社」の所有。建物は築四十四年で、当時、在日朝鮮人の寄付を集めて土地を購入、建設したという。以来、東海地方の在日朝鮮人の拠点としての役割を担ってきた。

 だが、この物件は一九九九年に経営破たんした旧朝銀愛知信用組合の融資の担保となっており、債権を引き継いだ整理回収機構(RCC)が二〇〇六年三月に差し押さえた。今春の競売で神戸市の不動産会社が約六千七百九十万円で落札。ところが、同社は期限までに入金しなかったため、名地裁は再競売を決定した。

 この神戸の会社の場合は昨年、総連関連団体が入る名古屋市千種区の別の土地、建物も約三億五千三百万円で落札。同社は
不動産価値の高いこの物件が「本命」だったが、総連関連の保険会社が居座ったため、県本部の土地と建物を落札し、駆け引きに出た、と公安当局はみている。同社が県本部の物件を落札後、保険会社は立ち退きに応じたという。

 関係者によると、今回の競売には、県本部を守りたい総連側が県内の在日朝鮮人系の企業に参加を働きかけたとみられるが、そうした企業は落札できなかった

 落札した名古屋管財の佐藤浩社長(37)は「転売目的で入札したわけではない。当面は、建物をリフォームして住居用として使いたい」と話した。

 総連県本部は「この件についてはコメントできない」としている。
------------------------
引用終わり


超賤総連愛知県本部の建物が、競売により売却されたようです。ひとまず、「名古屋管財」Good Job!ですな。んで、最初に買おうとしてた神戸の会社ですが、一瞬、超賤総連関連の会社かと思ったら、神戸の会社が買った物件に居座っていた超賤系の保険会社を立ち退かせるために競売に参加しただけではないかと言う事ですな。

名古屋管財の社長は37歳ですか。若いですな。転売目的ではないと言ってるそうですが、大丈夫ですかね。名古屋管財をネットで調べてみても、あまり情報は入ってきません。なんとなく不安ですな。まま、まだ新しい会社かも知れませんし、親から譲られて間もない会社かも知れません。記事によると、”今回の競売には、県本部を守りたい総連側が県内の在日朝鮮人系の企業に参加を働きかけたとみられるが、そうした企業は落札できなかった”と有りますが、極左の中日新聞の記事ですから鵜呑みにするわけにはいきませんな。表面上、超賤人はこの競売に関わっていないと装う事など簡単ですからね。佐藤浩社長には申し訳ないですが、引き続き、公安の監視下に置くべきです。超賤総連や他の在日超賤人が買い戻そうとする事も考えられます。実際、超賤系の保険会社は何処に行ったのかという疑問も残ってますので。



ところで、超賤総連関連の保険と言えば、金剛保険ですな。この保険、'77年に設立され、今年で20周年だそうです。ちょいとサイトから転載しておきましょう。


引用開始
------------------------


48の支社、営業所
全国にネットワーク


 在日同胞の唯一の民族保険機関である金剛保険株式会社が18日、創立20周年を迎えた。金剛保険は在日同胞社会を取り巻く環境の変化と生活の多様化、高齢化に対応した保険商品を生み出す一方、同胞の様々な要求に応えるためにサービス体制の充実に格別の関心を払ってきた。

 現在は東京に本社をおき、各都道府県に支社と営業所を完備した全国的なネットワークを持つ大型代理店に成長した。

 すべての保険員たちはは、同胞社会が多様化する中でも、これからも同胞のニーズに的確に対応して同胞に信頼される保険機関としての役割を果たしていこうとの決意に満ちている。

金剛保険とは
自主的な民族保険機関

各種保険を取り扱い、在日同胞の生活の安定を図るために活動する自主的な民族保険機関。

 設立されるまで在日同胞は、保険契約で民族的差別と制限を受けてきた。朝鮮人というだけで日本の各種保険加入を断られたり、様々な付帯条件や制限を課せられた。そのため一部の商工会で、財政活動の一環として副業で開いていた保険代理店や同胞の個人代理店を通じて保険契約を結んでいた。

 76年7月、祖国の朝鮮国際保険会社が日本の日動火災海上保険会社と再保険協定を結ぶことによって、総聯が設立する保険会社の契約を保障する国家的措置が講じられた。

 それに基づいて各地方で金剛保険商会をつくり、これらを統括して指導する機関として、77年4月18日に金剛保険株式会社が設立された。これによって、在日同胞は異国の地で起こりうる疾病と傷害、死亡、交通事故、各種の災害、高齢化などがもたらす不安を取り除くことができるようになった。

業績状況

損害保険収保量 
77年3月 1.5億円
97年3月 100億円

生命保険延契約高
79年3月 262億円
97年3月 8171億円

------------------------
引用終わり
(以上朝鮮新報日本語版より)



管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<またかよ・・・ | HOME | 危険度MAX!>>

この記事のコメント


>>2007-09-14 Fri 01:58殿

日本人と超賤人カップルというのは、一概に超賤人がどうのこうのとは言えませんな。また、超賤人だから恋愛対象にはならないと公言しようものなら、「シャベツニダ!ウリはイルボンにシャベツされたニダ!」という奴らにとってかなり都合が良い口実を与えるだけです。最近起きた、積水ねずみ裁判の事もあります。奴らに口実を与えるのは非常に危険です。

日本人が超賤人にくっついてしまうのは、有る程度仕方がないと思います。日本人全員が超賤人の実態を知ってるわけではなく、また、日本人の中にも残念なオツムしか持ってない人達もいるわけですから(私もあまり人の事は言えませんが)、そういう人達は目先の判断しか出来ないでしょう。

我々に出来る事は、犠牲者を減らす為に正しい知識と情報を提供する事です。またそれは、出来る事であり、やるべき事でもあります。
2007-09-14 Fri 20:35 | URL | 血祭 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-14 Fri 01:58 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。