[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 売国政治家福田康夫

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

売国政治家福田康夫


売国政治家


福田康夫


(↑クリックで飛びます)

yomiurionline

yomiuri20070921


引用開始
------------------------

福田氏の自民支部、
朝鮮籍会長企業から20万円寄付

福田康夫・元官房長官(衆院群馬4区)が支部長を務める自民党群馬県第4選挙区支部が1996年と2003年、朝鮮籍の会長と韓国籍の親族が全株式を保有する群馬県高崎市のパチンコ店経営会社から計20万円の寄付を受けていたことが20日、同支部の政治資金収支報告書などでわかった

 会長は05年に死去するまで在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の在日本朝鮮群馬県商工会の顧問などを務めていた。03年の寄付は、福田氏が小泉政権の官房長官時代で、小泉首相(当時)訪朝で北朝鮮が日本人拉致を認めた後だった

 政治資金規正法は、外国人や外国人が株式の過半数を持つ企業から献金を受けることを原則禁じている。福田氏の事務所は「国籍を聞くのは失礼と思い、確認していなかった。他に同様の寄付がないか調べた上で、返金したい」と話している。違反には禁固などの罰則があるが、既に時効(3年)が成立している

 収支報告書などによると、03年は衆院選があり、投開票日4日前の11月5日、10万円の寄付があった。96年も総選挙が行われた年で、10万円の寄付があった。同社は「寄付したかどうか確認できない」としている。

 参院選のあった2001年には、当時民主党参院議員だった角田義一氏の総合選挙対策本部に会長側から10万円の寄付があったことが判明しているが、政治資金収支報告書などには記載されていなかった。
(2007年9月21日3時0分 読売新聞)
------------------------
引用終わり


Sankeiweb

(↑クリックで飛びます)
sankei20070921

引用開始
------------------------

福田元官房長官の支部、
総連系企業から献金

福田康夫元官房長官が支部長を務める自民党群馬県第4選挙区支部が平成8年と15年に、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の同県高崎市のパチンコ店経営会社から、計20万円の寄付を受けていたことが21日、同支部の政治資金収支報告書などで明らかになった。

 同報告書などによると、同支部は8年と15年11月5日、同社から10万円ずつ寄付を受けた。同社は朝鮮籍の会長と親族で株式のほとんどを所有しており、政治資金規正法では、外国人や外国人が過半数の株式を保有している企業などからの献金を原則禁止している。ただ、すでに時効の3年は経過している。

 福田氏の高崎事務所は「当時、献金を受け取った者が先方に国籍を聞くのを失礼だと思い、聞かなかった。指摘を受けてすでに返金した」と説明している。(2007/09/21 13:15)
------------------------
引用終わり



asahi.com

(↑クリックで飛びます)

asahi20070921

引用開始
------------------------


福田康夫氏の政治団体、
朝鮮籍企業から献金受ける

2007年09月21日19時47分

 衆院議員の福田康夫元官房長官が支部長を務める自民党群馬県第4選挙区支部が96年と03年、朝鮮籍の会長(故人)とその息子らが株式の6割以上を保有するパチンコ店経営会社から、10万円ずつ計20万円の寄付を受けていたことが分かった。政治資金規正法は、外国人や外国人が株式の過半を持つ企業からの献金を原則禁じている。

 同支部の政治資金収支報告書によると、03年の寄付は11月5日で、衆院選投開票日の4日前。群馬県高崎市にある福田氏の地元事務所は「いろいろな人から寄付をいただくなかで、一つひとつ国籍までは確かめられなかった」などとコメントしている。96年分、03年分とも3年の時効は成立しているが、「禁じられているものは返金したい」としている。

 会社側は「会長が個人的にやっていたことで、会社は関係ない。会長が亡くなっており確認できない」と話している。
------------------------
引用終わり



マスコミが必死に麻生首相誕生を阻止しようとしてる最中、福田康夫氏のボロが出てきました。yomiurionline、sankeiweb、asahi.comは報道してますが、毎日新聞のwebサイト上では、21:30時現在、同記事は確認出来ていません。

今回の件は、96年と03年の話ですが、ホントにこれだけかと疑った方が良いのではないかと思います。また、自民党だけではなく、ミンス党、捨民党、請命党の議員達にも目を向けるべきです。



さて、この事務所の言い訳ですが、yomiurionlineとsankeiwebの記事では、国籍を聞くのを失礼だと思い、聞かなかったとありますが、asahi.comでは、一つひとつ国籍までは確かめられなかったとなってますな。明らかにおかしいですね。政治資金規制法があるのに相手の国籍を聞かないなんて有り得ません。また、一つ一つ国籍までは確認してなかったというのも単なる怠慢です。これでは、何のための政治資金規制法なのかという話になります。もし、これらが事実なら、自民党群馬県第4選挙区支部は、福田康夫氏は信用出来ない政治家であると言ってるようなものです。「姦国人ニダか?」とか「虫国人アルか?」とか聞かずに、「日本人の方ですか?」と聞くだけで良いんですがね。そうすりゃ相手は「はい。」か「いいえ。」で答えりゃいいんで、自分の国籍を言う必要などありません。ってか、「何処の誰だかわからないのに金貰うんじゃねぇっ!」って言いたくなりますな。これじゃ、知ってて貰ったんだろと疑われても仕方ないです。



さて、こんな福田氏に対して皆さんは何を希望しますか?
北超賤に緊急支援?
在日超賤人全員に対して年金支給?


私は、




































法則希望


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<卑怯者の献金 | HOME | 面白ぇオッサン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。