[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 姦国人のヒーローヌル山

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

姦国人のヒーローヌル山


姦国人のヒーロー


ヌル山


(↑クリックで飛びます)
nikkansports20070920


引用開始
------------------------

秋山が祖国韓国でHERO’S電撃復帰へ


無期限出場停止中の秋山成勲(32=フリー)が韓国で電撃復帰することが19日、明らかになった。10月28日のHERO’S韓国大会で10カ月ぶりの復帰を果たす。HERO’S実行委員会の谷川貞治イベント・プロデューサー(EP=45)は「日本で復帰戦をすべきとの声もあり、韓国での復帰は検討中」と説明したが、すでに9月29日のK-1 WORLD GP開幕戦(韓国・ソウル)でリング上からの謝罪も決まっており、前代未聞の騒動に終止符が打たれる。

 秋山復帰への固い扉がようやく開く。この日、HERO’S実行委員会は10月28日のHERO’S韓国大会(韓国・ソウル=奨忠体育館)開催を発表。同時に「無期限出場停止処分中の秋山に対し、韓国内で復帰論が持ち上がっている」と、秋山復帰についても前向きな姿勢を示した。

 秋山は昨年大みそかの桜庭戦で全身にクリームを塗って出場したことで無期限出場停止の厳罰処分を受けた。しかし、時間経過とともに韓国内では復帰を温かく見守ろうとするムードが漂っていた。祖国韓国で柔道の五輪代表を目指しながら勢力争いの影響で代表の座を逃し、その後、日本国籍を取得して五輪出場に挑戦した秋山は「悲運のヒーロー」として、韓国でも人気は高い。谷川EPもそうした面を考慮し、韓国復帰を決断した。

 9月29日のK-1 WORLD GP開幕戦のソウル開催も追い風になった。秋山は処分後、HERO’SやHERO’S開催に協力するK-1大会で謝罪する許可を与えられなかった。そこでWORLD GP開幕戦のリング上から直接ファンに向けて謝罪、復帰への決意を話す機会を与えるに至った。

 ルールを破りクリームを塗って桜庭を一方的に攻めた事実は消えない
。だが心の底から反省し、社会的制裁や経済的打撃を受けながらも、復帰への道を懸命に模索した姿に、谷川EPら関係者も復帰を許可。いまだ秋山は無言を貫いているが、近日中にも復帰戦決定を受けて会見する予定だ。[2007年9月20日8時37分 紙面から]

------------------------

引用終わり



秋山 成勲

あきやま よしひろ、旧名:秋成勲、チュ・ソンフン、1975年7月29日生まれ

ヌル山の不正疑惑(wikiより転載)
柔道編
 2003年2月4日放送のフジテレビ『ジャンクSPORTS』に柔道家として出演した秋山は、番組中に「胴着を滑りやすくして有利に試合をすすめる」、「母親が柔軟剤のハミングを使って洗っている」といったコメントを残している。
 同年、世界柔道選手権大会の日本代表決定戦となる全日本選抜柔道体重別選手権大会に優勝。しかし、この決勝戦において対戦相手の中村兼三に「柔道着が滑る」と抗議された。また、髪を脱色したまま出場し、この点においても物議を醸している。
 同年10月の世界柔道選手権で2回戦から4回戦の対戦相手であるフランス、モンゴル、トルコの3カ国から「柔道着が滑る」という抗議を受けた。なお、1回戦は不戦勝であり、すべての対戦相手から抗議を受けるのは史上初の珍事。国際柔道連盟のチェックでは大きな問題なしとされたが、「疑われるようなことが問題」という山下泰裕理事の指示で柔道着が交換させられた。本人は「洗ったばかりで石鹸が少し残っていた」と弁明。柔道着を交換した後は準決勝、敗者復活戦で2連敗して5位。世界選手権で優勝すればアテネオリンピックに向けて代表の有力候補となっていたが落選した。
(血祭注:この他、総合格闘技編もあるんですが、多すぎるので割愛します。)



誰が望んでんのか知りませんが、ルール無用の在日超賤人がリングに復帰するそうです。しかも、日本ではなく姦国での復帰であり、さらにリング上から姦国人に対して謝罪するというおまけ付きです。被害者は日本人なのに、在日超賤人が現役姦国人に謝罪という、まぁ、いつも通りの展開ですな。いや、この在日超賤人は元在日超賤人であり、現在は日本人ですから、日本人が姦国人に謝罪という、奴らにとっては理想的な演出と言えますな。毎度の事ながら、ウゼェなぁ。

この在日超賤人、キョッポですな。一時期、姦国にいたそうですが、いわゆる姦国国内、もしくは現役姦国人による在日差別に遭ってたようです。んで、そのため柔道の姦国代表になれない事がわかり、日本に帰化したという事です。つまり、姦国国内に在日差別があるというのは事実なんです。在日超賤人達がそれを指摘して、姦国政府に差別をなくすように要求したり、姦国国内で差別をなくそうキャンペーンでもやってくれれば、少しは在日超賤人を見直す日本人も出てくるでしょうが、生憎、そんな発想は奴らにはないので所詮無理な話です。むしろ逆に、日本人に対して自分達の権利や譲歩のみを要求してきます。これまた迷惑な話ですなぁ。やっぱり、在日超賤人って国籍を変更しても超賤人なんですよ。奴らに参政権など与えちゃうと、とんでもねぇ結末が待ってる野は明らかです。

さて、この”K-1”。”K”ってのは空手とかキックボクシングとか格闘技に関するものの頭文字は”K”が多いので”K”を使ってるとか聞いた事があります。しかし、それは”K-1”の生みの親である石井和義氏がプロデュースしてた時の話であり、現在は違う意味で使われてるようですな。

そう、”K-1”の”K”ってのは

































姦国のK


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<やっぱりあった | HOME | 老害>>

この記事のコメント


>>2007-09-24 Mon 22:58殿

やぁ、毎度どうも。

炊飯器が壊れたため、ご飯が食べれない血祭です。さぁて、どうしよう。そうだ!この炊飯器はメイドインイルボンだから、イルボンに謝罪と賠償を要求するニダ!


超賤人みたいな事するな!
        ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'
                   アイゴー!

2007-09-25 Tue 22:45 | URL | 血祭 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-24 Mon 22:58 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。