[PR] 癒し 知らずに死ねるか! やっぱりあった

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やっぱりあった

やっぱりあった

(↑クリックで飛びます)
us department of states korea00

引用開始
------------------------

CRIME

Although the crime rate in the Republic of Korea is low, there is a higher incidence of pick-pocketing, purse snatching, assault, hotel room and residential burglary, and residential crime in major metropolitan areas, such as Seoul and Busan, than elsewhere in Korea. U.S. citizens are more likely to be targeted in known tourist areas, such as Itaewon (near the U.S. Army Garrison in the Yongsan area) and large market areas downtown. Incidents of rape have been reported in popular nightlife districts in Seoul, as well as in the victims’ residences. Travelers should exercise caution when traveling alone at night and should use only legitimate taxis or public transportation. Travelers may reduce the likelihood of encountering incidents of crime by exercising the same type of security precautions they would take when visiting any large city in the United States.

(血祭訳)
姦国の犯罪率は低いが、スリ、ひったくり、暴行、ホテルの部屋や住宅地区での強盗、それにソウルやブサンのような主要都市地区の住宅地での犯罪が他の地域より多い。観光客によく知られているItaewonや大きなマーケット地区のダウンタウンにおいて米国民が狙われている。犠牲者の自宅同様に、ソウルの有名なナイトライフ地区において、レイプ被害が報告されている。旅行者は、夜間の単独行動においては警戒すべきであり、合法的なタクシーや公共の輸送機関を使用すべきである。旅行者は、USAの主要都市を訪問する時同様の警戒を施すことにより、犯罪被害に遭う確率を減少させる事が出来るだろう。

In many countries around the world, counterfeit and pirated goods are widely available. Transactions involving such products may be illegal under local law. In addition, bringing them back to the United States may result in forfeitures and/or fines. More information on this serious problem is available at http://www.cybercrime.gov/18usc2320.htm.

(血祭訳)
世界中の多くの国において、偽造商品および盗品が出回っている。地方の法においては、そう言った物の取引は違法かも知れない。それに、そう言った物をUSAに持ち帰る事は結果として没収または、罰金刑になるかも知れない。この件に関する詳しい情報はhttp://www.cybercrime.gov/18usc2320.htmを参照して貰いたい。

------------------------

引用終わり


U.S. Department of Stateのページから引用です。姦国人による犯罪被害が出てます。スリ、ひったくり、暴行、強盗、レイプとその場で出来る国技を発動してるようですな。まぁ、わざわざアウェイに出かけて行ってまで国技を発動する連中なんで、ホームではやりたい放題なんでしょう。このwebサイトはUSA国民に向けた情報サイトなんですが、我々にとっても有効な情報ですな。と言っても、「そんなこたぁ知ってるよ。」と言う声が聞こえてきそうですが、USAも姦国人の事を我々と同じように見てるんだなと思いました。逆に言えば、やっぱり姦国人ってそういう風にしか見られてないんだなという事が確認出来たと言ってもいいでしょう。


ちなみに日本人は奴らをどう見てるのか、こんなアンケート結果を見つけたので、アゲときます。

朝鮮人を一言で表現すると。。。
(↑クリックで飛びます)

いきなりアンケート20070925-01

いきなりアンケート20070925-02

         1位 害虫
         2位 寄生虫
         3位 音を仇で返す民族
         5位 厚顔無恥
         5位 嘘吐き


北村弁護士が、自民党総裁選の麻生太郎氏の応援演説で、「メディアを信用するな!」と主張してましたが、こういうアンケート結果なんて絶対に報道しないでしょうなぁ。

でも・・・


























ウチのブログでは



やるよ!

管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<有り得ない帰国 | HOME | 姦国人のヒーローヌル山>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。