[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 世界腐敗バロメータ

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

世界腐敗バロメータ


世界腐敗

バロメータ


(↑クリックで飛びます)

引用開始
------------------------

12月9日は国連の「国際腐敗防止の日」です。

2006年12月6日
NPO法人トランスペアレンシー・ジャパン(TI-J)
理事長 黒田達郎

「世界腐敗バロメーター2006」の発表

ベルリンとブラッセルで2006年12月7日、現地時間午前11時に腐敗防止の国際NGOトランスペアレンシー・インターナショナル(略称TI、本部ベルリン)が「世界腐敗バロメーター2006」(Global Corruption Barometer : GCB)を発表しました。

これは国連が定めた12月9日の「国際腐敗防止の日」にちなんで発表されるものですが、日本国内では、まだ十分に周知されていません。

この調査は2003年から始まって今回が第4回目です。世界62カ国、15歳以上の一般市民約59千人(日本では約1,200人)を対象にし、2006年7月―9月に実施されました。調査したのはギャロップ・インターナショナルとその提携機関です。


発表の骨子

1、過去1年間に賄賂を支払った経験がある人の割合は全世界で9%。アフリカでは36%、ラテン・アメリカでは17%、アジア・パシフィックでは7%です。日本では3%です。(テーブル4)
2、政府の「対応が効果的」と評価している人は世界平均で22%しかいません。日本ではわずか8%で、全62カ国のうち低い方から4番目です。(テーブル5)
3、腐敗していると見られている部門は、世界全体では政党、政治家、企業、警察の順です。日本では宗教団体が政党に次いで2番目(政治家と同順位)に腐敗していると見られていて、他国との大きな違いを見せています。医療機関も他国と比べて悪い数字となっています。外国に比較して日本での評価が高いのは司法機関です。(テーブル6)

解説

テーブル4(賄賂を支払った経験者%)

アフリカ(36%)やラテン・アメリカ(17%)、ヨーロッパ(2%)など地域ごとに大きな格差がありますが、同じ地域内でも国により状況はバラバラです。 アジア・パシフィックでは平均7%ですが、インドネシア(18%)、フィリッピン(16%)、パキスタン(15%)などに比べて、シンガポール(1%)、韓国・台湾(2%)、日本・マレーシア・フィージー(3%)は低い数字です。なお昨年の調査では日本は0%でした

TIでは去る10月4日に腐敗認知指数(CPI)を発表し、国別の腐敗度を発表しました(詳細はTI-JのWebsiteをご参照ください)。

これはビジネスマンやリスク評価の専門家などが見た公務員・政治家のクリーン度を国別に測るものですが、GCBでの「賄賂を支払った経験者」の数値は、CPIの国のクリーン度と高い相関関係がありました(相関係数0.63)。

世界腐敗バロメータ2006の発表01.jpg世界腐敗バロメータ2006の発表02

世界腐敗バロメータ2006の発表03




テーブル5(政府の対応への評価)

これは今回初めての調査項目です。CPIが高い国の政府が必ずしも国民から高い評価を受けているとは限りません。ヨーロッパや北米などの先進国では、日々の賄賂の支払いは少なくても、国民が政治やビジネス分野での腐敗に高い関心を持っているからだと思われます。たとえば北米(アメリカ・カナダ)では「対応が効果的」(Very effective + Effective)と思う人が19%ありますが、逆に「政府が腐敗を助長している」(Does not fight but actually encourage it)と答えた人も19%あります。

一方、賄賂の支払いが一番多かったアフリカでは「対応が効果的」と答えた人が44%もあり、「政府が助長している」と思う人は9%しかいません。これはアフリカやラテン・アメリカでは、腐敗が国民生活に重要な影響を及ぼすものとして、政府が反腐敗を大きな政策として掲げていることがその理由だとTIでは分析しています。


日本はどうでしょうか?
上記のような事情があるにしても、「対応が効果的」と答えた人は8%しかいません。これは全62カ国中で、パラグアイ4%、クロアチア5%、ウクライナ7%に次いで4番目に少ない数値です。5番目がメキシコ9%です。ちなみにアメリカ16%、イギリス25%、フランス15%、ドイツ12%、イタリア27%、カナダ35%、ロシア20%と、いずれも二桁です。

OECD諸国を始め先進諸国からは、日本政府が汚職・腐敗への取り組みを真剣にやっていないとの批判を従来から受けていますが、批判をしているのは諸外国だけではなかったのです。日本の国民も、政府は汚職・腐敗に対して真剣に取り組む気がないと批判しているのです


世界腐敗バロメータ2006の発表04世界腐敗バロメータ2006の発表05



テーブル6(国別、部門別の腐敗度)

日本では昨年の調査結果では、悪い方から政党、警察・宗教団体(同順位)、政治家、医療機関の順でしたので、宗教団体と医療機関が腐敗度が高いと見られているのは同じでした。世界全体の傾向から見ると、当然ながら宗教団体は一番腐敗していないと見られているので、日本での宗教団体への不信は極めて特異です。これは宗教に名を借りた詐欺事件が発生することや葬式の際の不自然な戒名料など、人の不安や不幸に付け込んだ悪しき慣習への批判といえるでしょう

医療機関への不信も入院や手術の際に裏金を出さなければならないなど、これも人の弱みに付け込んだ慣習への批判と思われます。

世界腐敗バロメータ2006の発表06世界腐敗バロメータ2006の発表07


------------------------

引用終わり




こりゃ、面白い!
よく見てますなぁ。日本における腐敗してる組織の第二位が宗教団体ですか。世界中の皆さんにハッキリ分かるように創価学会と書いてくれてもよかったんですが、法人名を特定して出すのはマズイのかも知れませんな。しかし、我々からするとどう考えても創価学会としか思えませんな。フランスでは思いっ切りカルト教団として扱われてます。日本には、他にも統一教会とかありますが、他の宗教団体ってのが一体どこなのか思いつきません。ってか、これって創価学会だし。まず間違いねぇですな。まぁ創価学会も統一教会も超賤系のカルト教団と言う事ですから、超賤人の酷さが分かるってもんです。



OECD諸国を始め先進諸国からは、日本政府が汚職・腐敗への取り組みを真剣にやっていないとの批判を従来から受けていますが、批判をしているのは諸外国だけではなかったのです。日本の国民も、政府は汚職・腐敗に対して真剣に取り組む気がないと批判しているのです


全くその通り。最近でも、政治家の不正献金がどんどん明るみになってます。こともあろうか、新首相の福田もそのひとりという惨状です。その献金の出所というのがまた怪しいところで、超賤総連関連の会社や在日超賤人からの個人献金なんてのもあります。さらに、自民党だけではなく野党第一党であるミンス党も同じ献金を受け取ってるので、お互いに突っ込むことが出来ず、腐敗を助長してるのが現状です。



日本での宗教団体への不信は極めて特異です。これは宗教に名を借りた詐欺事件が発生することや葬式の際の不自然な戒名料など、人の不安や不幸に付け込んだ悪しき慣習への批判といえるでしょう

その昔、オウム真理教なるテロ組織が東京の地下鉄で猛毒サリンを撒き散らしました。これが大きな理由の一つとなってるのかも知れませんが、カルトはそれ以前から存在してましたな。そう、創価学会です。創価学会の評判は悪評ばかりです。インターネット上でも、創価学会を批判するサイトや、組織の悪質な行為を暴露するサイトが乱立してると言っても過言ではありません。言論弾圧事件や、電話盗聴事件等を起こし、日蓮正宗から破門されてるくらいですから、いかに悪質かわかります。その創価学会を支持母体とするのが公明党ですからお話になりませんな。しかも公明党は何のために政治を行ってるかというと、在日超賤人のためです。公明党は、在日超賤人に参政権を与えるために活動してると公言するくらい日本人を無視してます。日本国内の国会議員の中に、売国議員が多数存在してるわけですから、クリーンな政治など出来るわけねぇですな。



私は、早速このデータをメールで送りました。
えっ?どこに送ったかって?
そりゃあ勿論、



































首相官邸

(↑クリックで首相官邸サイトに飛びます)


管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アサヒったホラムニスト | HOME | 10月10日テロ集会決定by在日超賤人with超賤総連>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。