[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 超賤人無用

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

超賤人無用


超賤人無用

(↑クリックで飛びます)

yomiurionline20071001-01yomiurionline20071001-02


引用開始
------------------------


増える“呼び寄せ脱北”…一家9人、
日本に同時入国


 北朝鮮から脱出し、5年前から日本に定住する元在日朝鮮人男性(58)が現地に残してきた家族9人が、今年に入り脱北に成功し、日本に入国していたことがわかった。

 支援団体によると、従来は1~3人程度で逃れてくることが多く、これほどまとまった人数の脱北は極めて異例という。今回のように、先行して日本に戻った脱北者が家族を呼び寄せるケースは今後も増えるとみられており、日本社会の受け入れ体制が課題になりそうだ。


 この男性は東京生まれの在日朝鮮人2世で、帰還事業が続いていた1972年、弟と妹を連れて当時、「地上の楽園」と宣伝された北朝鮮に渡った。現地で朝鮮人女性と結婚し、子供もできたが、貧困などに苦しみ、2001年に中国へ一人で脱出。中国籍を取得してパスポートを入手した上で、02年に日本に戻った


 今回、脱北した9人は、男性の妻(57)と息子2人と娘、それに息子の妻2人と、1歳~1歳半の孫3人。

 今年4月下旬、男性の呼び寄せに応じて脱北し、数日後に中国・瀋陽の総領事館に保護された。8月4日、成田空港から日本に入国し、東京都大田区で朝鮮籍として外国人登録された。

 昨年6月に成立した北朝鮮人権法では、脱北者への「支援」が努力目標として明記された。ただ、明確な支援はなく、
北朝鮮生まれの脱北者の大半は日本語が話せないため、生活保護に頼っているのが現状だ

 この元在日朝鮮人の男性は「私以外は日本語をしゃべれない。韓国では言葉は通じるだろうが、差別は受ける。同じ民族から受ける差別ほどつらいものはない」として、家族を日本に呼び寄せた理由を打ち明けた。9人は現在、生活保護を受けて生活しており、この男性は「我々は自分たちの都合で日本に帰ってきた。これ以上の要求をしても理解されないと思っている」とつぶやいた。

 複数の脱北者支援団体によると、今年、日本への入国が確認された脱北者は、この9人を含め少なくとも21人おり、日本に定住する脱北者は累計で150人を超えたとみられる。

 これまで、単独や親子で抜け出した後、日本で得た現金を北朝鮮に残した家族や親せきに送金することが多かったが、最近は、定住した脱北者が現地の家族を呼び寄せるケースが出始めている


 日本に定住する脱北者の約半分は北朝鮮で生まれ育った人とみられる。今回のような呼び寄せが続くと、こうした人たちがさらに増えると予想されている。脱北者支援団体「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の三浦小太郎代表は、「北朝鮮生まれの脱北者がこのまま増え続けた場合、どこまで日本社会の理解を得られるのか、難しい問題となっていくだろう」と指摘。「脱北者を政治的迫害を受けた難民と認定し、日本語教育や就職あっせんを行うといった方法も検討する時期ではないか」と話している。(2007年10月1日14時32分 読売新聞)

------------------------

引用終わり



上記の脱北者支援団体「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」以外にも、民団が脱北者を日本に呼ぶ事を支援してますな。

脱北者支援民団センター

(↑クリックで飛びます)
mindan20071001-01mindan20071001-02

mindan20071001-03mindan20071001-04


引用開始
------------------------

「脱北者支援民団センター」について


本団は、北韓(北朝鮮)を脱出し日本に渡ってきた元在日同胞を中心とする脱北者がこの地で安定した社会生活を送れるよう、人道的な立場から援助するため2003年6月に「脱北者支援民団センター」を設立しました


 1959年に始まった北送事業によって9万3000人もの在日同胞が“地上の楽園”という虚偽の宣伝に乗せられ北韓に「帰国」しました。

 北送事業は北韓と結託した朝鮮総連が日本政府、日本赤十字社や政党、報道機関を巻き込み、民団の猛烈な反対運動を押し切って推進したのです

 これら「帰国者」のうち、約100人(2005年12月末現在)の同胞や日本人妻を含む家族らが日本に戻ってきていることが最近明らかになりました。

 この人たちは貧困と抑圧にあえぎ食糧にも事欠き、ついには北韓を脱出する以外に生き延びる途を失った人たちです。
 日本に戻ってきた北送同胞たちの現状は、日本語、就業、住宅や社会への適応問題など、多くのハンデを背負い、厳しい生活を余儀なくされています。

 また、北韓に残してきた家族の安全を確保するため日本で自己の存在が表ざたになるのを極度に恐れ、自由な活動を自ら制限せざるを得ない状況にあります。

 北韓での「帰国者」に対する抑圧状況がなんら改善されず、なおも極悪な食糧状況が続くようだと、今後さらに多くの日本人妻を含む北送同胞が脱出し日本に戻ってくることが予想されます。

 「支援センター」は、脱北行為そのものを支援するものではなく、すでに日本に戻った脱北者や、今後日本に入国してくる元在日同胞を中心とした脱北者の日本定着を支援していくものです

 「同じ在日の歴史を刻んだ同胞として彼らの苦境を座視できない」との自然な情愛と純粋な人道的立場から彼らを支援していくことを目的とするものです。

 在日同胞をはじめ日本の皆様の幅広いご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

------------------------

引用終わり



随分と都合が良い寄生虫共ですな。日本での在日超賤人に対する差別が問題だとか、弾圧がどうのとかホザいてる連中ですよ。何でその日本に呼ぶんですかね。人道的に支援とか言ってますが、差別する国であると主張してる日本に脱北者を呼ぶと言うのは有り得ない話ですよ。人道的でも何でもねぇですな。とりあえず、超賤人を日本国内で増殖させようという魂胆です。んで、数を集めて利権を主張するために利用しようとしてるわけです。

民団と言えば姦国系です。脱北者は姦国に入国させればいいだけの話ですよ。やっぱり、在日超賤人ってのは日本に寄生してると言われても仕方がないですな。しかも、我々に幅広い理解とご支援をよろしくと、よくもまぁホザけるもんですなぁ。恥を知らない民族丸出しです。

さて、この脱北者、金持ちのようですな。家族9人を同時に呼んだり、虫国に行って虫国籍を取ったりしてますので、明らかに金持ちです。つまり、それ相応の財産も持ってるのではないかと思います。が、しかし、家族の方は日本側の生活保護を受けてるようです。勿論、我々の税金ですな。



民団は、脱北者支援を姦国ではなく日本に訴える。
在日超賤人の金持ちが一銭も使わず、我々日本人が脱北者を養う。








































ふざけるな!


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トダさん家のオヤジ | HOME | アサヒったホラムニスト>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。