[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 言うだけ無駄

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

言うだけ無駄



言うだけ無駄

(↑クリックで飛びます)
mainichi20071003-01mainichi20071003-02


引用開始
------------------------

南北首脳会談:7年ぶり開催へ
「祖国統一」期待寄せ 
在日、成り行き見守る

7年ぶりの首脳会談に向け、朝鮮半島の南北首脳が顔を合わせた1日、在日韓国・朝鮮人の人たちは大きな関心を持って成り行きを見守った。「祖国統一に向けた具体的な道筋が示されるのではないか」と期待を寄せる人がいる一方、「これまで何度も裏切られてきた」と冷静に受け止める声も聞かれた。【福田隆、田中博子、竹内良和】

 在日が多く生活する大阪市生野区のコリアタウン。韓国籍で在日2世の韓国食材販売店の女性店員(50)は「民族分断の悲しみが凝縮した38度線を、大統領が自らの足で歩いて渡るのを見て、感無量だった」と話した。

 韓国籍の在日2世で韓国食品・民芸品店主、洪呂杓(ホンヨピヨ)さん(77)は「今まで何度も裏切られてきた」と漏らした。「祖国統一を願い続けた1世は、ほとんどが亡くなった。難しいことだが、何とか我々の時代で平和を定着させたい。その突破口にはなるのでは」と話した。

 一方、拉致被害者、有本恵子さん(行方不明時23歳)の母嘉代子さん(81)=神戸市長田区=は「韓国と北朝鮮は同じ民族で、日朝関係とは異なる。あまり関心はない
」と、冷ややかな反応をみせた。

 85年から毎年行われている南北統一イベント「ワンコリアフェスティバル」の鄭甲寿(チョンカプス)実行委員長(52)は「会談で統一の機運が高まれば、フェスティバルも盛り上がる」と歓迎した。

 朝鮮総連系の在阪の団体は、南北統一に向けた具体策が打ち出されるのではないかと共同声明の内容に期待し、府内5カ所で祝賀集会を計画している。朝鮮総連大阪府本部の金奉亨(キムボンヒョン)委員長は「会談の開催を喜んでいる。祖国の自主的平和統一と東北アジアの平和と安定に大きな一歩となる」とコメントした。

毎日新聞 2007年10月3日 大阪朝刊

------------------------

引用終わり



さて、何度も同じ事を言いますが、統一したいと本気で考えるなら、見守るんじゃなくて行動に移れという話です。この毎日新聞の記事は、在日は平和を願っているというアピールだと思いますが、祖国の政府に全く働きかけを行わない在日連中など信用する方がおかしいですよ。有本嘉代子さんの主張が正しいと思います。恐らく、有本さんも南北統一など口先だけだというのがわかっておられるんでしょう。関心を持たなくて当たり前です。

さて、鄭甲寿氏が代表となってるワンコリアフェスティバルどうのこうのですが、大阪府が後援してますな。他にはKNTV(Korea Now Television)もあります。まぁ、KNTVは営利目的なんで、後援するのもやむを得ないかも知れませんが、大阪府の方は何とかなりませんかね。上記の記事中にも”在日が多く生活する大阪市生野区のコリアタウン”なんてのが有りますが、大阪民国と呼ばれる所以ですな。

(血祭注:)
KNTV
SKY PerfecTV!331チャンネルで、韓国の主要放送局(KBS、MBC、SBS)の番組を中心に放送している日本の電気通信役務利用放送(衛星役務利用放送)事業者である。(以上wikiより転載)

記事の一番最初に

「祖国統一に向けた具体的な道筋が示されるのではないか」と期待を寄せる人がいる一方、「これまで何度も裏切られてきた」と冷静に受け止める声も聞かれた。

と言うのがあります。これも、私から言わせれば当たり前です。上下超賤の経済力は、どんなバカが見ても歴然としてます。在日超賤人でも分かる事ですよ。といっても、韓国経済はというと、こちらも火の車というヤツです。ウォン高がそれに拍車を掛けてるのが現状です。つまり、統一すると上下超賤は滅亡するしかないわけです。

そんなわけで、ちょいと面白い本と写真でも挙げておきましょう。


さて、これでもホントに在日超賤人達が言う祖国統一という妄想を



































信じられますか?


管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アサヒってる韓国人記者 金玄基(キム・ヒョンギ) | HOME | 週間新潮 Good Job!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。