[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 追放 姦国人

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

追放 姦国人



追放 姦国人

(↑クリックで飛びます)

チョン日報2000-11-27

引用開始
------------------------

強制出国させられた韓国人、
訴訟準備

在インドネシア韓国人への現地官吏による人権侵害と不当な待遇が急増している中、強制出国させられた韓国人チョン・ドンイル氏が移民国を相手取って巨額の損害賠償訴訟を起こす計画であることが明らかになった。

 チョン氏の弁護士は26日アンタラ通信との会見でチョン氏が明確な理由もなしで移民国から出国命令を出され巨額の経済的損失を被ったと主張し、損害賠償訴訟を起こす考えであることを明らかにした。

 同弁護士は「移民当局がチョン氏を強制出国させたのは不法だ」とし、「バリ移民庁を相手取って220万ドルの損害賠償を要求する訴訟をなるべく早い時期に現地の行政裁判所(PUTN)に起こす計画だ」と述べた。 

 一方、 現地の韓国系住民らは現地の警察や移民局、労働部等の官吏から明確な法的根拠もなしで自宅を押収されたり夜どおし監禁されるなどあらゆる人権侵害を受け巨額の賄賂を渡して釈放されるというケースが最近急増している。

 チョン氏の場合は97年4月2日に現地の移民局の職員に逮捕され、二日間監禁された後韓国に追放された上、移民局のブラックリストに登載されしばらくの間入国を拒否されたため事業投資費用全額を失うことになったと主張している。
朝鮮日報/朝鮮日報JNS 2000/11/27 13:19:57

------------------------

引用終わり


さて、随分と古い記事なんですが、追放された姦国人が何かホザいてますな。記事によると一方的な被害者扱いになってますが、ホントですかね。このチョンが、現地のインドネシア人から恨みを買うような事は一切なかったと言いたいわけですな。到底、信じられない事です。要するに、姦国人ってのはインドネシアでも嫌われてるという記事ではないかと思います。姦国人って、何処に行っても嫌われるんですなぁ。
まま、次の記事を読んでみましょう。


チョン日報20010709-01チョン日報20010709-02


引用開始
------------------------

不法滞在の同胞に、
英知ある配慮を

ハンストに突入して今日で20日目を迎える朝鮮族教会の徐京錫 (ソ・ギョンソク)牧師に続いて、朝鮮族の不法滞在者も断食に入った。彼らは「不法滞在の朝鮮族の強制追放」に反対して、韓国に滞在中の在中韓国人への人権的配慮を、政府に要求している。不法滞在の朝鮮族が最も恐れているのは、当局の取り締まりと強制追放である。

 彼らは不法を承知でブローカーに巨額の斡旋料を払って入国し、大変な苦労をしている。
法務部のまとめによると、不法滞在の朝鮮族は5月末現在で約 6万700人。市民団体は密入国者を含め15万人を超えると見ている。彼らがブローカーに支払うコミッションは平均7万人民元で、韓国ウォンでは約 1000万ウォン。1000万ウォンという金額は、彼らが中国で一元も使わないで10年間貯めてやっと集まる大金であり、まとまった金のない場合は、ほとんどが借金をして斡旋料を支払っているという。

 しかし、韓国の現実はままならない。不法滞在者という弱みを抱えているため、雇用者の横暴に耐えなければならず、女性労働者へのセクハラなど非人間的な待遇にも我慢しなければならない。朝鮮族は今月5日、「朝鮮族同胞の生存と人権を守るための十字架大行進」に参加して、朝鮮族の悲惨な事情を訴え、祖国の善処を求めた。彼らは強制追放される場合、入国年度を考慮して最低4年の時間をくれれば借金を返し、生活の基盤もある程度整えることができると主張している。しかし、短期間働いて追放されると、借金を返すことができず破産、離婚、精神疾患による自殺など破滅に追い込まれてしまうという。現に、取り締まりで捕まるのはほとんどが初犯の者であり、そのため問題は一層深刻である。

 在中朝鮮族の大半は日帝(日本帝国主義)の植民地時代、生存と独立運動のために国境を渡った世代の子孫である。したがって、政府も苦境の同胞を破滅に追いやるのではなく、政府の認める滞在者数の上限を引き上げたり、入国年度順に出国させたりする、英知を持った配慮を惜しまないでほしい
朝鮮日報/朝鮮日報JNS 2001/07/09

------------------------

引用終わり


さて、どうですかこのキチガイぶり。不法入国しておいて、人権がどうのこうの英知を持った配慮がどうのこうのと、アサヒりまくってます。こんな事を平気で言えるというのは、超賤人特有の恥知らず文化の賜物でしょう。超賤人って在日超賤人のみならず、在中超賤人も同じなわけです。つまり、超賤人は何処に行っても超賤人という事ですな。ちなみにこの記事を書いた記者も超賤人であり、正常にアサヒってます。んで、こういった超賤人の行く末はというと、こうなります。


チョン日報20041022



引用開始
------------------------

外国から追放された韓国人
3年8か月間2万8000人

ここ3年8か月間、不法滞在や犯罪行為により外国から追放された韓国人は2万8000人余に達する
と把握された。

 国会・統一外交通商委員会所属のホン・ジュンピョ議員は22日、外交通商部に対する国政監査資料で、2001年から今年8月までの韓国人追放者数を集計した結果、2万8000人に達したと明らかにした。

 このうち、85%の2万3549人(今年追放者除く)が日本に集中しており、次にオーストラリア1351人、英国760人、米国756人の順だった。

 追放理由としては、日本の場合、不法滞在が2万1643人に達した。
チョソン・ドットコム/朝鮮日報JNS 2004/10/22
-----------------------
引用終わり



この数字の中には、在日超賤人の不法滞在は含まれてませんな。つまり、この記事は明らかに間違いです。
続いてこれ。



チョン日報20041012


引用開始
------------------------

9・11以降、米で韓国人の
「入国拒否・強制退去」が急増

米国を訪問したり訪問途中で米国政府から強制退去処分を受けた韓国人が9・11テロ以降、急増していることがわかった。

 国会・統一外交通商委の権永吉(クォン・ヨンギル/民主労働党)議員は12日、米・移民局資料を引用し「米国から追放された韓国人は、2000年以前は年250人程度だったが、2001年には263人になり、2002年には533人、2003年には623人に増え、9・11以降2倍以上増えている」と述べた。

 米・移民当局が外国人を追放する理由は▲犯罪取り締まり▲書類不備による入国阻止▲情報機関の調査▲国境警備を通じた追放などに分類されている。

 このうち「犯罪取り締まり」により追放された韓国人は2001年の265人から2002年に306人、2003年には299人などで9・11テロ以降、30人増に過ぎなかったが、「犯罪」以外の理由で強制退去されるケースが急増していることがわかった。
チョソン・ドットコム/朝鮮日報JNS 2004/10/12
------------------------
引用終わり



犯罪取り締まりだけで2001年が265人翌年は306人2003年は299人で、増えたのはたった30人ニダと言ってますが、この記事を書いた記者、いや超賤人って、


バカですな。



事の重大さがまったく理解出来てません。まぁ、こんなだから世界中から「出て行け!」と言われるわけです。そりゃそうですわな。こんなのがウジャウジャいたんじゃ、治安維持など不可能です。USAだけじゃなく、オーストラリアも姦国人に対して入国審査や滞在許可を厳しくしました。出来るだけ超賤人を入国させないようにして自国民を守ろうという正しい判断と言えます。日本政府も是非見習ってもらいたいところです。


残念ながら、現在、超賤人の不法滞在を世界一許してるのは日本です。痛恨の極みですな。しかし、在日超賤人や現役超賤姦国人の実態に気付きはじめた人も多くなってきてますので、悲観する必要はないと信じたいですな。

そんなわけで、当ブログ「知らずに死ねるか!」は、在日超賤人の強制送還を






























強く希望します!


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<未開人の地 姦国 | HOME | アサヒってる韓国人記者 金玄基(キム・ヒョンギ)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。