[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 未開人の地 姦国

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

未開人の地 姦国


未開人の地 姦国

(↑クリックで飛びます)
sankei20071009


引用開始
------------------------

呉善花さん 
母の葬儀で“帰国”拒否される
2007.10.9 16:54
『スカートの風』や『韓国併合への道』など日韓に関する多くの著書で知られる韓国人女性評論家、呉善花さん=拓殖大学教授=が先ごろ、済州島在住の母の葬儀で帰国しようとしたところ、済州空港で一時、入国を拒否されるということがあった。
理由は日本での「反韓国的な活動」で韓国当局から入国禁止措置が出ているためという。
 しかし呉さんは日本に帰化し日本国籍になっていたため、日本の済州総領事館に依頼し韓国当局と交渉した結果、「人道的配慮」としてやっと“帰国”を認められた。
 関係筋によると、呉さんは1日、済州空港の入管検査でいったん入国を拒否され、日本への帰国便を指定され数時間、空港内で足止めされたという。
 呉さんは済州島出身で1980年代以来、留学などで日本に滞在し著作活動を続けているが、韓国に対する厳しい批判が多いことから韓国ではマスコミなどで終始、非難の対象になってきた。(ソウル 黒田勝弘)

------------------------

引用終わり



呉善花女史が祖国で入国拒否を喰らったそうです。気の毒ですな。しかし、祖国というのが姦国であると言う事を考えると、やむを得ないとも言えます。祖国のこういう態度に女史はどう感じたんでしょう。怒り、絶望、悔恨、恨み。いずれにせよ、気の毒な話ですな。

さて、姦国ですが、どこまでバカなんですかね。やたらめったら人権人権と訴えるわりに、このザマですよ。言論の自由が認められてる国家なら、一人の作家の入国ぐらい何でもない事です。むしろ、もし呉善花女史の発言に偽りがあるというのなら、弾劾するチャンスでもあるわけです。まぁ、日本人なら、母親の葬儀のために帰国した人を弾劾するなんて事はしないと思いますが。

今回の件で分かる事は、要するに姦国政府は呉善花女史を恐れてるという事ですよ。上記記事から、女史は姦国国内でも有名人のようです。なら、姦国国内のメディアが黙ってるとは到底思えません。女史も姦国の実状をご存じでしょうから、控えめなコメントしか出さないかも知れませんが、姦国国内で注目されるのは目に見えてます。姦国に批判的な元姦国人が存在するというのは、姦国政府にとって大きなダメージです。先代政権をことごとく否定してきた姦国政府です。批判が何より恐ろしいわけです。その批判を受け入れる度量がなく、批判から学び改善する能力がないため永遠の三流国であるという事実にまったく気付かないんですな。

これ、恐らく姦国人が他国で同じ事をやられたら「重大な人権侵害ニダ!」と火病るのは火を見るより明らかですな。そうです。犯罪者でもないのに入国拒否なんて重大な人権侵害なんですよ。呉善花女史は、直ちに国連に訴えた方が賢明です。ちょうど国連の事務総長は姦国人ですから、よっぽどの姦国人・・・じゃなかったバカじゃなけりゃ、何かしらの対応やコメントを出すでしょう。いや、やっぱり所詮は姦国人で終わりそうですな。


ところで、姦国に批判的な人は入国出来ないみたいですが、私はどうなるんですかね。入国拒否ですか。そいつぁねぇですよ。批判じゃなくて、事実を書いてるだけです。この呉善花女史だって、産経の黒田氏だって事実を書いてるだけじゃないですか。えっ?それがいけねぇって?

つまり、こう言う事?


































事実を書いたから


入国拒否ニダ!


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<姦国らしい新造語 | HOME | 追放 姦国人>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2010-12-20 Mon 17:33 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。