[PR] 癒し 知らずに死ねるか! はぁ?

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はぁ?



はぁ?

(↑クリックで飛びます)
東京新聞20071013


引用開始
------------------------

筆洗

2007年10月13日

 英語の「ヒール」は「かかと」だが、プロレス業界では悪玉レスラーを指す。戦後、“卑劣なジャップ”役を演じて、全米にその悪名をとどろかせたグレート東郷の謎多き人生は、森達也著『悪役レスラーは笑う』(岩波新書)に詳しい▼たかだか十八歳の“悪ガキ”が、三十三歳の“苦労人”世界チャンピオンを“ゴキブリ”呼ばわりし、「負けたら切腹や」と大言壮語して、大差で判定負けした。十一日夜のボクシングWBC世界フライ級タイトル戦中継に、溜飲(りゅういん)を下げたファンは多かろう▼挑戦者は悪名高い亀田三兄弟の二男、大毅選手。最後は悔し紛れからか、内藤大助チャンピオンにプロレス技のボディースラムをかけて投げ飛ばした。文字通り「ヒール」を演じてみせたのだからできすぎだ。興行的には大成功で、瞬間視聴率で40%以上(関西地区)を稼いだTBSは、ほくそ笑んだことだろう▼だが、ちょっと気掛かりなのは、正義役を振られた内藤王者が「“国民”の期待に応えられました」と、コメントしてみせたこと。ヒールを立てて熱狂しやすいこの国で、小泉煽動(せんどう)政治の怖さを体験したばかりだから、なおのことだ▼自分が倒したタイの前チャンピオンとの実力比較より、12回保った少年の潜在能力と将来性をもっと称(たた)えてやれば、さらにかっこよかった。斜陽のボクシング業界のためにもなる▼ 亀田兄弟も、ヒール役のすごみは実力に裏打ちされてこそと思い知るべきだ。やたらに悪がはびこる時代だが、国民の目も肥えてきていることを忘れないよう
------------------------
引用終わり


何でぇこりゃ?

さすがは頭狂新聞と言われるだけあって驚くべき内容ですな。あれだけ自分達でバ亀田を持ち上げておいて、今度はこれですか。確実に狂ってますな。そもそも、バ亀田に対して批判的な人達は多かったわけです。バ亀田をヒーローに仕立て上げようとするメディアに対しても、反感を持つ人達が多かったんです。どう考えたって、バ亀田ファミリーは手遅れ状態の精神病重疾患ですよ。社会に出してはいけないレベルです。勿論、一般の精神病患者とは意味が全く違います。かなりインチキ臭いですが、一応はプロフェッショナルのアスリートという形です。社会に対する影響や、国内に限らず国外に対する影響という物も考慮すべきです。

格闘技に限らず、スポーツにはルールがあります。そのルールによって選手は保護されるわけです。そのため、選手は自分のパフォーマンスを最大限に引き出す事が可能になるんです。これは、スポーツに限らず我々の社会にも同じ事が言えます。ルールやマナーの概念がない人は、批判され罰を受ける事になります。バ亀田に限らず、メディアもそれを全く理解してこなかったのを国民から批判されてるわけです。頭狂新聞は、論点がズレまくってますな。いや、ズラしたいんでしょうが、国民は頭狂新聞が考えるほど愚かではありません。まったくバカげた主張であることを、すぐに見抜くでしょう。問題があるのは、バ亀田とメディア(主にTBS)です。自分達や同業者の失敗を棚に上げ、こんな意味不明の記事を書いて国民を騙そうとする事こそ、扇動であると言えるのではないでしょうか。



頭狂新聞よ。
お前達の主張として

やたらに悪がはびこる時代だが、国民の目も肥えてきていることを忘れないよう

と言うのがあるが、






































お前達こそ


肝に銘じよ!


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<誰? | HOME | 100Annswers>>

この記事のコメント


>>2007-10-15 Mon 15:23殿

毎度お引き立て有り難う御座います。

先日、当ブログに書かれているメルアドにスパムがどっさり来るとコメントしましたが、それ以来激減してます。たまたまかも知れませんが、非常に分かりやすいリアクションだと考える事も出来ますな。

利権が絡むと何も見えなくなる人が多いですな。んで、人に担がれてるだけなのに、自力でヒーローになったと凄まじい勘違いをするバ亀田ファミリーの様な連中まで出てきます。我々にとっては非常に迷惑な話ですな。しかし、ああいったバカ共は情報化社会の恐ろしさという物が理解できてません。情報を扱うメディアですらあんなザマですからね。それが我々にとって救いかも知れませんな。実際、早くからバ亀田やTBS等メディアに対し、疑いの目を向けてた人も少なくありません。国民は、奴らが考えてるほど愚かではないのです。逆に、奴らは、国民が考える以上に愚かなようです。

2007-10-15 Mon 22:30 | URL | 血祭 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-10-15 Mon 15:23 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。