[PR] 癒し 知らずに死ねるか! ウリ達の都合のためなら

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウリ達の都合のためなら

ウリ達の

都合のためなら


(↑クリックで飛びます)

中央日報20071026


引用開始
------------------------

韓中日の子孫、410年ぶりの和解

「先祖は敵として戦ったが、子孫は平和に付き合いたい」。1597年陰暦9月16日、李舜臣(イ・スンシン)将軍が13隻の船で133隻の倭軍を退けた全羅南道(チョンラナムド)の海南(ヘナム)と珍島(チンド)の間にある鳴梁(ミョンリャン)海峽で、26日、韓中日3カ国の壬辰倭乱(文禄の役)子孫らが会った。

海南郡が26-28日、李舜臣将軍の業績を称えるために準備した「第410周年鳴梁大捷」に当時の主役らの子孫を招待した。 壬辰倭乱(文禄の役)当時、銃刀を向け合った韓国・中国・日本の子孫がここで410年ぶりに和解の手を取り合った。

中国側からの客がこの日午後3時ごろ、海南に到着した。壬辰倭乱当時、明水軍の陳リンの出生地である広東省翁源県から朱余旺県長(42)を含む8人だ。鳴梁海戦で倭船を率いた来島道総の故郷である愛媛県からは来島保存顕彰会の村瀬牧男事務局長(60)と子孫7人がこの日午後遅く到着した。

海南郡は今回、李舜臣将軍の肖像画と当時死亡した陳リン、来島の位牌などを収めた追慕館を新しく建てた。 中国と日本の訪問客はそれぞれ別々に追慕館に参拝した。 海南郡側は双方が自然にしこりを解消することを希望すると述べた

子孫らは27日午前、鳴梁大捷記念式場で並んで立つ。 住民らが船で鳴梁海戦を再現行事も参観する。同日午後には追慕館の前で慰霊祭が行われる。来島保存顕彰会の村瀬事務局長は「意味深い行事に招待されて感謝している」とし「3国の子孫が友情を固めるきっかけになればよい」と海南郡に伝えた。
海南=千昌煥(チョン・チャンファン)記者 2007.10.26 18:34:45

------------------------

引用終わり




変な話ですな。
410年前には韓国なんて国はなかったんですが、

「李舜臣将軍の業績を称えるために準備した「第410周年鳴梁大捷」
に当時の主役らの子孫を招待した。


だそうです。
要するに、自分たちの都合のためだけに、日本と支那から人を呼んだだけですな。

しかし、これまた姦国人らしいと言えば姦国人らしいですな、李舜臣ってそれほど大きな業績を残したようには思えませんがねぇ。日本側が攻撃すると逃げまどってたみたいですよ。鳴梁開戦は、先制したのはこの李とかいうオッサンのようですが、結局、日本側の勝利に終わってます。ま、安重根というテロリストが英雄扱いになるくらいですから、この李舜臣も武勇に尾鰭を付けまくって、反日のシンボルに仕立て上げただけってのがホントのところでしょうな。実際、東郷平八郎が李舜臣を尊敬すると言ったとか何の根拠もなく主張してます。あわよくば、事実という事にしようとしてるのがミエミエです。

さて、姦国人は李舜臣を称えたいようですが、これは嘘です。ホントの目的は別でしょう。それは何かというと、”妄想全開で優越感に浸る”というやつです。上記の記事を読むとわかりますが、姦国人は、
「双方が自然にしこりを解消することを希望する」
「3国の子孫が友情を固めるきっかけになればよい」


とホザいてますが、そもそもそんなしこりなどあったのか甚だ疑問です。恐らく、そんなものはないでしょう。400年前の自分の先祖と言われても、ピンとくる人などいません。むしろ、まったくの他人という感じではないでしょうか。また、記事中にもありますが、倭軍と書いてるところがミソです。自分たちが優位でありたいとする願望が炸裂してます。

つまり、姦国人は李舜臣を利用して、

「ウリ達は心が広いニダ。」
「イルボン達はウリ達を尊敬してるニダ。」


というような脳内お花畑満開状態なんじゃねぇかと思います。





李舜臣を利用してるだけという根拠は、こうです。

これって李舜臣を称えるイベントですよね。
李舜臣は素晴らしいだの、李舜臣は我が国の英雄だのと言いたいわけですよね。

あのなぁ、海南郡よ。お前らがこの企画を立てたんだろ?
日本と支那から当時の主役の子孫をゲストに呼んだまでは良かったのかも知れんが、








































李舜臣の


子孫がいねぇぞ!


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国家的エンターテインメント | HOME | 応援頼む!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。