[PR] 癒し 知らずに死ねるか! アサヒリスト 川北隆雄 続編

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アサヒリスト 川北隆雄 続編

アサヒリスト


川北隆雄


続編



(↑クリックで飛びます)

j-castnews20071101-01j-castnews20071101-02

引用開始
------------------------

「アベする」捏造疑惑こそ捏造?
東京新聞コラムの説明責任


「アベする」という言葉をめぐって、ネット上で「捏造されたものではないか」と批判が相次いでいるが、東京新聞のコラムが「捏造疑惑の方こそ捏造の疑いが濃厚だ」と主張している。しかし、その根拠は示されず、またまた騒動になっている。しかも、「アベする」を「流行語大賞」に熱烈に推薦しているのである



記事で紹介する以前に公の場で使われているのは明らか


「アベする」という言葉が広く知られるようになったのは、安倍晋三前首相が突然辞任したことについて書かれた2007年9月25日付朝日新聞の記事。この記事のなかで、コラムニストの石原壮一郎さんが「『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる。仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露だ」などと紹介した。ところが、インターネット上で、そのような言葉は流行っておらず、「捏造」ではないかといった指摘や批判の声が相次ぎ、石原壮一郎さんのブログも批判や中傷の書き込みが相次ぐ「炎上」状態に追い込まれた。

川北隆雄論説委員が書いた東京新聞のコラム「一筆両談」(2007年10月29日付)は、この騒動を紹介した上で、「しかし、コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らかなので、捏造ではない。つまり、捏造疑惑の方こそ捏造の疑いが濃厚だ」と主張。「私は、これを今年の『流行語大賞』に推薦したい」と熱烈にプッシュした上に、この「推薦」を「同賞を選定している自由国民社の審査委員会は、ぜひ、聞き届けて欲しいものだ」とまで述べている。このコラムは07年10月30日付け中日新聞(夕刊)にも掲載された。

ネット上の掲示板「2ちゃんねる」では、「アベする」が9月25日の朝日新聞で紹介された時と同様に、このコラムを批判する書き込みが相次いでいる。それは、次のような具合だ。

「『俺らマスコミが流行らせたと思ったら、それが流行だろ?』と本気で思ってるから恐れ入る」
「アベなんて、知り合いにいくらでもいるから、常識的に考えれば誰も使えんだろ」
「捏造語大賞ならあげてもいいよ」
「公の場ってどこだよw」



コメントは勘弁して欲しい


2ちゃんねるではこの他に誹謗中傷や「中日る」といった言葉が大量に書き込まれ、11月1日昼時点でスレッドが8本以上立てられる大きな騒動にまで発展している。「コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らか」というくだりの真偽を確かめたくて、J-CASTニュースでは、川北論説委員への直接の取材を試みた。しかし、勘弁して欲しいとのことで、コメントをもらうことはできなかった。

ただ、残念ながら「アベする」が「流行語大賞」に選ばれる可能性は極めて低そうだ。「流行語大賞」の元審査委員で新語アナリスト、亀井肇さんは「アベする」の選出については「まず無理でしょうね」と悲観的だ。

「『アベする』は石原壮一郎さんの周りでは多分あったんだと思うが、『捏造だ』という指摘が訴求力の高いネット上で広まってしまって、流行ってない宣伝になってしまった。2ちゃんねるであれほどの騒動になりましたから、選んでしまったら大変なことになるでしょう。私も『アベする』はおもしろい言葉だと思ったが、週刊誌にも流行ってないという風に書かれてしまった。東京新聞がいくら擁護しても難しいでしょうね。私が審査委員なら『やめとこうよ。他にもっといい言葉がある』と多分言うと思います」

------------------------

引用終わり





見事なアサヒり具合ですな。

ジャーナリストやメディアってのは、政治家とか何かの事件の当事者に対して”説明責任”という言葉をしょっちゅう使います。”事実を知りたい”なんて事も平気で言います。しかも、今回の当事者である川北隆雄氏は国際記者・国際ジャーナリストクラブ(←クリックで飛びます)の会長というポジションを持ってます。当然、今回の件に関して説明すべきでしょう。私も知りたい事がいくつかあります。

1.流行ってるという根拠は何か?
2.何故、流行語大賞にしたいのか?
3.コメントは勘弁してもらいたいと言う理由は何か?
4.2ちゃんねる及びインターネット上での批判に関してどう思うか?
5.批判されてる理由が理解できるか?
6.新聞紙上でのコラムをネット上で公開しないのは何故か?
7.情報操作と言う言葉を知っているか?

とまぁ、ちょいと思いつくだけでこれくらい出てきます。


それにしてもJ-castニュースっていい仕事しますな。ビジネス&メディアウォッチというフレーズは嘘ではないようです。出来れば、川北氏のキャリアや現職等も書いた方がもっといい記事だったような気がします。川北氏に関しては、論説委員くらいしか紹介してないんで弱いですよ。メディアウォッチというくらいなら、メディアを構成する記者がどんなものかもウォッチしてもらいたかったですな。今回の件は、国際記者クラブの会長自らが捏造疑惑を持たれてるわけですから、是非、紹介しといてもらいたいですな。


あ、そうそう。
上記の質問以外に、もう一つ思い付きました。
もし、J-castニュースが川北氏に取材するような事があるなら、是非、聞いといて欲しいところです。

その質問とは、







































8.いくら貰ったニカ?


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Let's 扇動! | HOME | 福岡県からの回答>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。