[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 面白いサービス

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

面白いサービス

--------------------------------------------
【PR】

東京都内はもちろん、横浜も川崎も、忙しいあなたの代わりにご希望物件を調査してきます。
物件探しにとって一番重要なこと、それは「実際に物件を見ること」につきます。一生に一度の大切な買い物だからこそ、納得するまで時間と体力をかけて当然です。
しかしながら、「時間と体力をかけて物件を探す」ということは、日常生活を送りながら行うには難しく、忍耐やストレスを伴うものでございます。
そんなお悩みを、物件調査隊「ミテクル」が解決します。
--------------------------------------------



面白いサービス


(↑クリックで飛びます)

引用開始
------------------------

物件調査隊

物件探しにとって一番重要なこと、それは「実際に物件を見ること」につきます。
一生に一度の大切な買い物だからこそ、納得するまで時間と労力をかけて当然です。
しかしながら、「時間と労力をかけて物件を探す」ということは、日常生活を送りながら行うには難しく、忍耐やストレスを伴うものでございます。


(case1)
急がなくてはならない!

好立地・好条件な人気物件のように、先着順で申し込みが殺到する物件の場合、十分に考える時間が与えられません。稀に、購入希望者が遠方のため物件内覧することなく、建築会社の資料だけを観て購入するというケースもあるほどです。


(case2)
二人で一緒に決められない!

ご主人が多忙のため物件探しと不動産会社との交渉は主に奥様にお任せしているご家庭が多くございます。

【ご主人】「長く家にいるのは妻だから、妻の住みやすい家を選ぶのが一番」「妻の説明では良くわからない」
【奥 様】「旦那と同じような感覚で交渉事を任されても困る」「任されても後から口を出されるのでは困る」

物件内覧時や購入後のご相談で耳にすることが多い内容です。


(case3)
時間がない!

「最後は自分で見て決めたいが、絞り込むまで何箇所も見に行く時間がない」



私どもは、不動産を扱う仕事柄、さまざまな相談をお受けいたします。
そのなかで、この上記3ケースのお客様から、物件を代わりに見に行き、写真と報告書を作成して欲しいと依頼を受けたことがございます。
これが、物件内覧調査隊「ミテクル」のはじまりでした。

物件外観・内観以外にも、近隣環境を撮影し、レポートにまとめたものをそれぞれの方に提出したところ、

(case1)
「旅費を払っても、見に行く価値があると判断できた」

(case2)
「報告書を見ながら、夫婦で相談することができた」

(case3)
「数ある物件の中から絞り込むことができた」
------------------------
引用終わり



こりゃ面白いサービスですな。不動産購入時に自分の代わりに物件を見に行ってくれるというサービスです。依頼主の代わりに物件を調査して、写真撮影、報告書を作成するそうです。料金は10,500円(税込)で、1~3件まで料金一律1万円。対象エリアは東京都内、神奈川県(横浜市、川崎市のみ)限定だそうです。この地域がちょいと狭すぎる気もしなくはないんですが、都市部に生活拠点を持つ人なら有り難いサービスかも知れませんな。
また、このサービスにより物件を購入した場合、成約後にこのサービス料金が返金されるようです。(2回以上ミテクルを利用の場合、1回目の料金のみ返金。)


報告書の内容がどんな物なのか興味がありますな。残念ながら、サイトにはサンプルのような物がないので何とも言えませんが、物件調査サービスというぐらいなら、少なくても昼と夜、さらには日曜祝祭日等も調査しなくてはなりませんな。平日と休みの日は大きく違いますからね。さらに、物件周辺の治安等もチェックすべきでしょう。依頼主がなかなか出来ないことを調査するのがサービスです。恐らく、依頼主もその辺の事が分かれば助かるでしょう。


物件購入は大きな買い物です。間違いがないようにこの会社に依頼してみるのもいいかも知れませんな。
しかし、注意すべき点もあります。このサービスは、最近始まったばかりのサービスであり、どの程度調査してくれるのかよく分かりません。また、サイトの方にもあまり情報がありません。そのため、このサービスを利用する場合は、前もってどんな調査をしてくれるのか確認が必要になります。適当に調査して貰って後で泣くのは依頼主の方だと言う事を理解すべきです。



例えば、こんな感じ。



物件を購入したのは良いが、













































家の隣が


朝鮮総連


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<増え続ける韓国人犯罪者 | HOME | バカすぎる韓国>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。