[PR] 癒し 知らずに死ねるか! よっ大統領!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

よっ大統領!


よっ大統領!


(↑クリックで飛びます)

中央日報20071120-01中央日報20071120-02

引用開始
------------------------

盧大統領
「日本が話をよく聞かないもので…」


7日、ロバートゲイツ米国国防相が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領を訪問した際に交わした対話に対する両側の説明が食い違っている

米行政府消息筋は18日「当時、ゲイツ米国国防相が『韓国と米国、日本の軍事協力を強化して行こう』という趣旨の話しをしたが、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は『日本が(韓国の)話をよく聞かない』と言って慎重な態度を見せた」と伝えた。

しかし青瓦台関係者はこれに対し「ゲイツ長官の青瓦台訪問は会談のためではなく、韓日米軍事協力の提案も受けていない」と否認した。


ワシントンの消息筋は「この日、ソウルで開かれた第39回韓米安保協議会(SCM)に出席したゲイツ長官が盧大統領を訪問し『韓日米間の軍事協力を強化しよう』という趣旨を述べると、盧大統領は『(国際協力として)中国は話をよく聞くが、日本は話をよく聞かない』と慎重な反応を見せた」と述べた。「盧大統領の発言はゲイツ長官の言葉を拒絶したというよりは、自分の意見を述べたもの」と説明した。

この消息筋によるとこれに先立ち6~7日、ソウルで開かれたSCMと韓米軍事委員会(MC)で、ゲイツ長官とマイケル・マリン米合同参謀議長は「韓国と日本が歴史的問題で疎遠だが、これは域内安定に良くない。このため米国が積極的役割を果たす」とし「韓国と米国、日本が海洋捜索と救護(search and rescue)など人道主義的目的のための軍事協力を強化して域内安定と平和に貢献していこう」と提案した。これに対して韓国側は「良い考えだ」と共感を表示したとこの消息筋は伝えた。また両側は「域内を超えて韓米同盟を世界的同盟に発展させよう」ということに共感を示し、韓国の北大西洋条約機構(NATO)グローバルパートナーシップ参加も肯定的に検討することにしたということだ。

ゲイツ長官はこのような軍の次元での協議をもとに、盧大統領に同じ趣旨のことを述べたが、盧大統領が日本に対して不平を言い、慎重な反応を見せると戸惑ったと消息筋は伝えた
。しかし青瓦台関係者は「盧大統領が日本を懸念した部分がオーバーに伝わったようだ」と述べた。盧大統領はこの日「北東アジアの冷戦構図が解消されているが、相変らず不安要素がある。その中でも不安なのが日本のナショナリズム」とし「日本の軍事大国化が中国と周辺国に軍費競争を刺激する側面があり得る。中国は権威主義から開放に向かっている」と述べたと説明した。

こうした話が挙がったのは、最近、韓国政府が北東アジアで実施される多国籍軍事作戦に消極的態度を見せてきたからだ。「軍事的サンドイッチ」状態になっているという指摘まで挙がっている。先月、東シナ海で実施された日米豪3カ国合同訓練には韓国が招待されなかった。これに先立ち日本の東京湾一帯で実施された大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)による多国籍軍事訓練には北朝鮮刺激を懸念した韓国側が参加を断った

ワシントンのある外交消息筋は「韓国と米国、韓国と日本の間にはそれぞれ軍事協力ができるが、韓国と米国、日本の3カ国が軍事協力をするというのは全く違う問題だ」とし「これは人道主義的目的に限っても、韓国としては中国と北朝鮮を刺激することがあると懸念し、受け入れにくい」と話した。
ワシントン=カン・チャンホ特派員
2007.11.19 13:42:39

------------------------

引用終わり



さぁ来ました!
今世紀最大の姦国人エンターティナー盧武鉉(ノ・ムヒョン)、愛称ノムタンの登場です。


よく姦国人は、「姦国は日本のお兄さんだ」と凄まじい妄言を吐きますが、ノムタンはそれを本当に信じ込んでるんでしょう。日本の事をやんちゃな弟扱いです。しかし、言うまでもなく、「姦国がお兄さん」とかいう妄言は、姦国国内や姦国人のみに通用する主張であり、他国の人間からすると完全に妄言としか聞こえません。ましてや、日姦と全く関係ないUSAに対してこんな妄言を吐くなど、考えられない事です。さすがはノムタン!自分で言ってる事が理解出来ないんでしょう。こんなのが姦国の指導者なんですから、姦国人の民度の低さと言う物を世界中に発信してくれましたな。

そもそも「誰それが言う事を聞かない」なんてのは、自分に責任がある場合が圧倒的に多い物ですよ。んで、十中八九は相手にバカにされてるか、ホントに相手にされてないかのどちらかです。勿論、姦国の場合は両方当てはまるわけです。まぁ、一国の大統領がこんな発言するんですから、バカにされて当然ですわな。



ははははは!






































今日もまた


我らがノムタン


絶好調!



管理人血祭にメールする




スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<指紋押捺義務スタート | HOME | 中国新聞の主張>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。