[PR] 癒し 知らずに死ねるか! ご苦労なこった

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ご苦労なこった



ご苦労なこった


(↑クリックで飛びます)

yahoo20071122

引用開始
------------------------

親日反民族行為の関連資料集を刊行、
真相糾明委

11月22日10時56分配信 YONHAP NEWS

【ソウル22日聯合】親日反民族行為真相糾明委員会が、調査対象の第1期にあたる1904~1919年に行われた親日行為関連の各種資料を集め、「親日反民族行為関連資料集」1、2巻を刊行した
 委員会が22日に明らかにしたところによると、「条約と法令」という副題が付けられた1巻では、1904年2月に締結された韓日議定書から1910年8月の韓日併合条約まで、国権侵奪となる12の条約内容など、日本が朝鮮を支配する実質的な過程と支配初期の条約や法令を確認することができる。2巻は副題を「親日の類型と論理」とし、李完用(イ・ワンヨン)や宋秉ジュン(ソン・ビョンジュン)ら親日派と、一進会などの親日団体が行った売国行為の証拠資料が収められている

 委員会は資料集について、委員会の調査に直接用いた資料や代表的な親日関連資料、歴史的な価値がある貴重な資料、国民向け教育の価値がある資料を中心に選択したと説明した。

 調査対象第2期の1919~1937年に該当する調査報告書は年内に完成させ、関連資料集は来年刊行する計画だ。

------------------------

引用終わり




こりゃまた驚きですな。超賤併合のはずが国家侵奪になってます。さらに、その証拠まであるそうです。しかし、


国民向け教育の

価値がある資料を中心に選択した


という点がすべてを物語ってますな。
要するに、関連資料集刊行ってのは”新しい何か”ではなく、”いつもの事”に過ぎません。いわゆる洗脳教育ってやつですよ。今に始まった事じゃねぇですな。最近、ウォン高で日本に観光にやって来る姦国人が増えたそうですが、それに伴い日本人と接して洗脳が緩んだ姦国人でも増えてるんですかね。姦国人観光客は、日本の先進国ぶり、及び日本人の民度の高さに触れたでしょうから、どうしても日本と姦国を比較してしまい、姦国政府の失政やバカぶりに目を向けかねませんからね。そうなると、姦国政府としては非常にマズイわけです。んで、そうなる前に「再教育して、姦国国民の目を姦国政府から逸らす必要があるニダ!」と姦国側は考えてるんでしょう。

ま、面白そうではありますな。姦国人エンターテインメントが増えれば、我々にとっては格好のネタになるだけですから。



姦国人の皆さん、































せいぜい



頑張んな


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<保坂のオッサン | HOME | まともなのに>>

この記事のコメント

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

2007-11-25 Sun 22:40 | URL | みんな の プロフィール #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。