[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 保坂のオッサン

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

保坂のオッサン

保坂のオッサン


(↑クリックで飛びます)

保坂祐二


保坂01保坂02

引用開始
------------------------

「本当の韓国人として
日本の妄言を批判します」
保坂祐二教授

記事入力 : 2003/11/19 19:19:23
 日本の政治家の「妄言」に対し、韓国人以上に憤怒し批判していた保坂祐二・世宗(セジョン)大学教授が日本の国籍を捨てた。韓国生活15年目の保坂教授は先日、韓国国籍に帰化した

 「韓日関係を見ながら、常に日本人が過去の歴史を歪曲することに対し残念な気持ちを抱いてきました。本当の韓国人になってこの問題を真剣に研究し、感じてみたいと思いました」

 保坂教授のこの言葉は、日本の歪曲された歴史観を正すために努力してきたその過程を見れば納得がいく。保坂教授は先月、日本の韓国侵略と植民地支配を正当化した「石原慎太郎東京都知事の妄言」の話を出すと、真剣な表情で首を横に振った。

 「日本は保守化、右傾化しています。その先頭に立っている日本の一部の政治家や論客たちは、それを利用し人気取りをしているのです。韓国人はただ黙っているのではなく、そのような事態が発生する度に強く反発しなければなりません。日本の国民は韓国人が沈黙していると“認めている”と思います」

 自民党の麻生太郎議員が「創氏改名(日本植民地時代、韓国人の氏名を強制的に日本名にしたこと)は朝鮮人が先に希望して始まった」という妄言を吐いた時も、保坂教授は直ちに麻生議員側に電話をかけた。

 「一体どんな資料を根拠にそのような発言をしたのか資料を提示して欲しい」と問いただした。「感情的になるばかりだった」韓国政府の対応とは違い、日本人教授という立場から鋭く「根拠となる資料」を要求すると、慌てた麻生議員側は結局、「創氏改名の発言は講演が終った後に行われた質疑応答で出た突出的なものだった」と弁明したという。

 日本出身でありながら韓国人以上に日本の妄言に憤怒する理由は何なのか。その理由を知るには保坂教授が東京大学工学部の学生だった時代にまで遡る。

 「偶然『明成皇后殺害事件』に関する話を聞いて大きなショックを受けました。『一体、日本がなぜそのような事をしたのか』を調べるため、韓国に留学することにしました」

 韓国語を学んだ後、高麗(コリョ)大学・政治外交学科の大学院を経て博士課程を踏む中で、自分が疑問に感じていた問題を調査した。

 「日本植民地時代」に関する保坂教授の研究は、結局、「日本帝国主義の民族統合政策分析」という博士論文を誕生させ、それが縁となり98年からは世宗大学の日本語・日本文学科の教授となり、現在は日本語と近代・現代日本史を教えている。

 保坂教授は「明成皇后殺害は全て事実でした。それだけでなく、731部隊、生体実験、創氏改名など、日本がやってきたことを新たに知る度に帰化を考えてきました」と話した。

 また、「これまで何食わぬ顔をしていた知人も、私が昨年『日本に絶対やられるな』という本を出したら突然態度が変わりました。自分の信念に基づいてやっていることなので、あまり気にしていません」とした。

 日本人の属性をよく知る保坂教授は、度重なる妄言への対応をこのように話した。

 「韓国は『人間の道理』を重視する儒教、日本は侍文化を持ちます。侍は戦って勝つためには相手の弱みをできるだけ多く探し出します。妄言のたびに怒るだけではなく、『資料』に基づく論理的な反駁を通じて、ひとつずつ論破していくべきです

 保坂教授はまだ日本名を使っている
。改名の手続きが複雑なせいもあるが、これまで「保坂祐二」の名でさまざまな論文や本を出してきたためでもある。

 韓国人女性と結婚し、2男1女をもうけた保坂教授は「私は情に厚く温かい韓国が好きで韓国人になりましたが、最近の韓国人が韓国を嫌って移民する姿を見ていると、まことに遺憾です」と話した。

申知恩(シン・ジウン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報JNS

------------------------

引用終わり




ちょいと古い記事ですが、懐かしさのあまり取り上げてみました。

ご存じ保坂祐二教授です。姦国に帰化してくれたエンターティナーと言ってもいいでしょう。
このオッサン、姦国が大好きなようですが、その姦国の実体と言えばこんな感じです。


姦国人


(↑クリックで飛びます)

超賤日報20070330-01超賤日報20070330-02

引用開始
------------------------

またもや集団強姦事件
…男子中高生25人が加担/光州

記事入力 : 2007/03/30 16:27:59
京畿道加平郡に続き、光州で再び中高生による集団強姦事件が発生した

 全羅南道警察庁女性警察機動捜査隊は29日、「近所に住む女子中学生を集団で強姦した容疑で光州市の某高校1年のA(16)など高校生19人と中学生6人を連行し、事情聴取している」とした。

 Aは昨年8月、普段から顔見知りだった光州某中学3年のBさん(14)を某小学校のトイレに呼び出し、初めて強姦した疑いだ。Bさんは当初、近所に住むAとインターネットでチャットをしている際、Aから性関係を求められ拒絶したところ、「チャットの対話の内容をほかの友人に教える」と脅迫され、A に会いに行って強姦された。

 Aは3カ月後の昨年11月、再び強姦の事実をばらすと脅迫し、数回に渡り友人と一緒にBさんを集団で強姦した。

 このような噂を聞いたCもBさんに接近し
、Bさんの自宅で友人2人と一緒にBさんを強姦したとして、現在事情聴取を受けている。

 Bさんは昨年8月から今年2月までの7カ月間、AとB、そしてその友人など計25人から学校のトイレ、加害生徒の自宅、ビルのトイレなどで11回にわたり性的な暴行を受けたことが分かった。加害生徒25人のうち、80%は母子家庭や父子家庭の子どもだった。

 警察の関係者は「被害者と加害性とはほとんどが近所に住む小学校のころの友人で、Bさんは噂が広がることを恐れ、このような事態から逃れることができなくなったようだ」と話した。

 Bさんは最近、友人に「死にたい」と辛い心境を打ち明け、この友人が警察に通報し、犯行の事実が明るみになった。Bさんは現在、精神科の治療を受けている。

 警察はAなど5‐6人に対し拘束令状を申請し、加担の程度の低い残りの生徒は書類送検する方針だ。

光州=金性鉉(キム・ソンヒョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報JNS

------------------------

引用終わり




よぉ、保坂のオッサンよ。
オッサンは日本叩きのために姦国人になったんだろうが、他にやる事があるんじゃねぇのかい?


オッサン。
よぉーく、覚えときな。
帰化しただけの人間と、生まれながらの姦国人の違いって奴をよ。
オッサンは道徳心を持ってるだろう。
でも、そいつぁ日本的な道徳心だぜ。



いいかい、オッサン。
オッサンは、自分の事を”本当の姦国人”って主張してぇようだが、ちゃんちゃらおかしいぜ。

よぉーく目を凝らして周りを見てみな。
上記記事の姦国人こそ、















































本当の姦国人



管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<十二月八日 | HOME | ご苦労なこった>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。