[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 十二月八日

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

十二月八日


記憶せよ、十二月八日。
この日世界の歴史あらたまる。
アングロサクソンの主権、この日東亜の陸と海に否定さる。
否定するものは彼等のジャパン、眇(すがめ)たる東海の国にしてそを治しめたまふ明津御神(あきつみかみ)なり。世界の富を壟断(ろうだん)するもの、強豪英米一族の力、われらの国に於て否定さる。
われらの否定は義による。
東亜を東亜にかへせといふのみ。
彼等の搾取に隣邦ことごとく痩せたり。
われらまさにその爪牙(そうが)を摧(くだ)かんとす。
われら自らの力を養ひてひとたび起つ。
老弱男女みな兵なり。大敵非にさとるに至るまでわれらは戦ふ。
世界の歴史を両断する十二月八日を記憶せよ。


十二月八日 高村光太郎



血祭注:


眇める(すがめる)=片目を細めて見る。
明津御神(あきつみかみ)=現人神(あらひとがみ)。人の姿をしてこの世に現れた神。天皇。
壟断(ろうだん)=独り占めする。






皆さんすでにご存じだと思いますが、”智恵子抄”で有名な高村光太郎氏の詩です。

真珠湾攻撃の時の詩ですな。詩の内容から当時の世界が白人主義の世界であり、日本をはじめとする東アジアは差別を受けていたと言う事が分かりますな。詩には、それをうち破ったのが我らが日本であるという非常に誇らしい気持ちが込められてます。さらに、真珠湾攻撃の成功により、日本人は自信を持ったという力強さが伝わって来ます。

短い文章ですな。
しかし、文章の中には強烈な自信、誇り、意欲や達成感等が詰め込まれてます。

現在、日本人はこういった物をほとんど失ってしまいました。欲に溺れる官僚や政治家。ご都合のみのメディア。無関心な国民。

我々の先人達は、日本を守ろうと戦ったんです。日本人を守ろうと戦ったんです。日本文化を、日本の誇りを守ろうと戦ったんです。

現代日本は、危機的状況です。これ以上特アの言いなりになっていては、ホントに日本が滅亡してしまいます。



この詩は、本来なら、十二月八日にブログに揚げる予定だったんですが、なにぶん先月の終わりから仕事が妙に忙しくなり、ブログ更新が危うくなってきてますので、今日のうちに揚げておきます。忘れないようにね。


そう、忘れないように、

















































記憶せよ


管理人血祭にメールする




スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バカすぎる子孫's | HOME | 保坂のオッサン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。