[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 庶民もエンターティナー

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

庶民もエンターティナー

庶民も

エンターティナー



(↑クリックで飛びます)

sankei20071215

引用開始
------------------------

【外信コラム】ソウルからヨボセヨ
ソウル地下鉄異聞

2007.12.15 03:44

人口1000万を超す大都市ソウルは今や地下鉄時代だ。各路線がほとんどどこかでつながっていて、乗り継げばどこにでも行ける。とくにラッシュ時は車より地下鉄の方が早くて確実だ。漢江をはさんで北から南に出かける時など地下鉄がはるかに便利だ。最近は車内で日本人観光客もよく見かける。

 路線は8号線まであって総延長は287キロに達する。東京を抜いて世界3位という。その中で2号線は唯一の環状線でソウルを南北にまたがり1周している。北と南の繁華街を通過し沿線に大学なども多いので最も利用客が多い。その2号線で先ごろ“珍事”が発生し市民の話題になっている。いやあれは“悲劇”といった方がいいかもしれない。

 実は2号線の最後部車両の乗務員室にいた車掌が、走行中に急に便意をもよおし、ドアの外におシリを出して排泄中に振り落とされ死亡したのだ。事件を機に「これは人権問題だ」と社会問題になっている。「乗務員室やホームの端になぜトイレがないのか」「簡易トイレ、携帯トイレみたいなものはないのか」というわけだ。これまでどう処理されてきたのかは、あまりに尾籠(びろう)な話になるので省くが、「日本ではどうなっているのか」と聞かれ、知らずに返答に困っている。(黒田勝弘)

------------------------

引用終わり




大爆笑!




黒田氏のコラムです。いつも面白ぇ記事を書きますな。文章的には、序盤でソウルの風景を描写し、中盤でソウルの発展ぶりをアピール。そして、終盤でそれらをすべて打ち消す強烈なオチという展開です。氏の最も得意とする書き方です。


さて、この記事、地下鉄の車掌が、走行中にドアの外に尻を出して排泄中に転落死だそうですが、これが人権問題になる処がわかりませんな。随分とマヌケな死に方をした車掌が、これで浮かばれるのかどうか大いに疑問ですが、人権問題を主張し始めたのは車掌の遺族なんて事も十分考えられますな。何でもかんでも被害者にならないと気が済まないバカミンジョクの真骨頂というところでしょうか。

マヌケな死に方をした車掌の名誉の事を考えてるつもりですかね。それとも、”ウリ達は人権問題という難しい問題に取り組んでるニダ”とでも言いたいんでしょうか。いずれにせよ、バカ丸出しですな。まず、やるべき事は現場の改善ですよ。人員輸送において最も重要な事は安全性ですが、その安全性を確保するためには、現場の負担を取り除く事が最優先課題になります。例えば、セスナ172という飛行機があります。この機体の横風着陸の限界は15ノットですが、これは着陸出来ないという意味ではなく、操縦(着陸操作)が困難であるという意味です。つまり、機体ではなくパイロットの負担の事を考慮してるわけです。もし、セスナの人間が姦国人レベルなら、現場の負担など一切考慮せず、”20ノットでもOKニダ!”と、意味不明な自慢に走るでしょう。


今回の件は、人権問題などではありません。運行管理や、車掌の体調管理の問題です。ヒトモドキでも人間と同じように体調不良の時があるようです。なら、その時どうすればいいのかを改善すればいいだけの話ですよ。


しかし、隷属国家のヒトモドキにはなかなか理解出来ないんでしょうなぁ。
いや、まさに、















































奴隷に知恵なし


管理人血祭にメールする




スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<死人だけかよ・・ | HOME | バカすぎる子孫's>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。