[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 死人だけかよ・・

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

死人だけかよ・・


死人だけかよ・・


(↑クリックで飛びます)

アサヒ20071221


引用開始
------------------------

朝鮮人遺骨来月に返還
101人分 日韓合意

2007年12月21日21時43分

戦時中に日本軍人・軍属として徴用されて死亡し、東京・祐天寺に保管されている朝鮮半島出身者101人の遺骨を来年1月22日、韓国の遺族に返還することで日韓が正式合意した。日本政府は、返還の際に同寺で開く慰霊祭に、遺族約50人を招くことも決めた。

 21日にソウルで開いた日韓の実務協議で決まった。さらに日本側は、徴用された軍人・軍属ら約11万人分の情報を韓国側に提供。韓国は徴用された本人や遺族に対する独自の補償制度を設けており、この確認作業などを支援する狙いがある。

 また、日韓は企業に徴用された朝鮮人の遺骨についても協議。日本側は、企業や自治体、宗教団体から得た計1909人の情報をすでに韓国に提供しているが、韓国側は遺族の特定作業が難航しているとして、さらに詳細な情報を提供してほしいと日本側に求めた。

------------------------

引用終わり



戦時中、超賤は日本でしたね。超賤半島出身者の遺骨を返還という記事ですが、全員姦国人なんですかね。戦時中は姦国なんて国はなかったはずなので、随分と不思議であり、さらに都合がいい話のような気がします。

靖国神社にも超賤人が祀られてますね。日本人の感覚だと、感謝と慰霊の意味を込めて、”日本のために戦ってくれた人達なんだから祀って当然である”という感覚でしょう。しかし、もう十分ではないかという気もしますな。A級戦犯と一緒に祀られるのは屈辱だとかホザくのが超賤人ですから、我々日本人の感覚より超賤人の主張を優先して、とっとと祀るのをやめるべきです。そもそも、A級戦犯なんてものは存在しないんですよ。にも拘わらず、超賤人は、一緒に戦った戦友をA級戦犯として扱ってるわけです。私の感覚では到底考えられない事です。これ、現在の超賤人だけが言ってるわけではなく、当時の超賤人も同じ事を言ってるのは有名ですな。こんな超賤人と、我々の先人達を一緒に祀るなんてのは、我々にとって非常に迷惑と言えます。


超賤人の遺骨を返還だそうですが、日本にとっては何の意味も得もねぇですな。こんなつまらない事に日本政府はなんで我々の税金を使うんですかね。しかも、戦時中の企業が行った事まで税金で処理しようとするなど、全くバカげてます。税金は日本の国益に繋がる事に使うべきです。死んだ超賤人を返還しても無意味であると言うことを知らなくてはなりません。

そう。有効な税金の使い方とは、


















































現役の


在日超賤人を


帰国させる事である


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<朝日新聞ヲ糾弾ス! | HOME | 庶民もエンターティナー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。