[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 合憲万歳

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

合憲万歳


合憲万歳


(↑クリックで飛びます)

mainichi20071225

引用開始
------------------------

無年金訴訟:在日の障害者の上告棄却
最高裁「合憲」

聴覚などに障害がある京都市の在日韓国・朝鮮人ら7人が年金支給を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(堀籠=ほりごめ=幸男裁判長)は25日、原告側上告を棄却した。原告側は、旧国民年金法の国籍条項を理由に障害基礎年金が支給されないのは法の下の平等に反すると主張したが、判決は「違憲ではない」と指摘し、1、2審の原告側敗訴が確定した

 判決は「受給資格を日本国民に限る国籍条項は国会の裁量の範囲内」との89年の最高裁判例を引いた。同法の国籍条項は82年に撤廃されたが、当時20歳以上だった外国籍の人は無年金状態が続いている。

 また、同じ条項を巡り、老齢年金を受け取れない大阪府の在日韓国人らが国に賠償を求めた訴訟で、同小法廷(田原睦夫裁判長)は25日、原告側上告を退ける決定を出した。【高倉友彰】

毎日新聞 2007年12月25日 19時31分

------------------------

引用終わり



また在日寄生虫の話題です。

さて、この毎日新聞の記事には寄生虫達が掛け金を払ったのかどうか書いてませんな。やれ旧国民年金法だの国籍条項だの書いてますが、最も重要な事を書かないなんて、意図的としか思えません。恐らく、掛け金など払ってねぇんでしょうなぁ。


バカですな。



未だに、ただ漠然と記事を読んで、それを信じてしまう読者もいるでしょうが、生憎、こちとらちょいと、こういった記事の内容を鵜呑みにしてしまうほど知恵がないわけではありません。むしろ、ウチの様なブログをやってる人間からすれば、まず、真っ先にチェックするのが掛け金の事です。恐らく、最高裁裁判長が拒否した理由は、在日寄生虫達が掛け金を払ってねぇからでしょう。それを毎日新聞は、いかにも在日差別のような文章に仕立て上げてるのではないかと思います。まぁ、いつもの事ですが、勿論、こちらもいつもの通り見逃しません。


何にしても、今年最後の良いニュースですな。今年一年、暗いニュースが多かったんですが、最後に明るいニュースを揚げる事が出来て良かったです。

少しは良い新年が迎えられそうですな。





















































皆さん



良いお年を!


管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<謹賀新年 | HOME | 朝日新聞ヲ糾弾ス!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。