[PR] 癒し 知らずに死ねるか! たまには良い話でも

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

たまには良い話でも



たまには

良い話でも



(↑クリックで飛びます)

yomiurionline20080116
引用開始
------------------------

札幌のお巡りさん、ありがとう
…韓国から感謝の手紙

1日17万人の利用客が行き交うJR札幌駅。巨大なターミナル駅に常駐する道警鉄道警察隊本部に今月5日、韓国から思わぬ小包が届けられた。お菓子やインスタント食品がぎっしり詰め込まれ、「とても感謝してます」と片言の日本語で書かれた手紙が添えられていた

 小包の送り主は韓国人の女子学生、車善美さん(25)。昨年12月、道内を一人で旅行していた車さんは、翌朝の網走行き列車を待つため、駅で一夜を明かそうとしていたが、終電後は同駅が閉鎖されることを知らなかった。

 ベンチに一人で座っていた車さんに気付いたのは、パトロール中だった鉄警隊の岡田祥枝巡査(30)。車さんは日本語が話せなかったため、岡田巡査は英語で事情を聞き出し、すでに午前0時近かったため、終夜営業の最寄りのネットカフェまで案内した。異国の地で心細かった車さんは親切な対応に涙ぐんでいたという。

 お礼の品がインスタント食品やお菓子なのは、勤務の際の夜食用にという学生らしい心遣いのようで、岡田巡査は「思いがけない贈り物。韓国語を勉強して返事を書きたい」とうれしそう。夜食は同僚と分け合う予定だ。
(2008年1月16日 読売新聞)

------------------------

引用終わり






良い話ですなぁ。ウチのブログ始まって以来の美談です。

そうです。これですよ。これがホントの付き合いであり、友好というものです。北海道や韓国は寒いでしょうが、岡田祥枝巡査も車善美さんも、また我々も、ちょいと暖かくなりましたな。超賤人エンターテインメントを扱う当ブログですが、まぁたまにはこういう話題も良いでしょう。

こういったまともな韓国人であれば、我々も、いや日本のみならず世界中何処へ行っても歓迎されるに違いありません。車善美さんのような韓国人が一人でも増える事を期待せずにはいられませんな。




管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あちゃぁ・・・ | HOME | 何処の国の新聞だ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。