[PR] 癒し 知らずに死ねるか! あちゃぁ・・・

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あちゃぁ・・・

あちゃぁ・・・


(↑クリックで飛びます)

sankei20080116
引用開始
------------------------

日の丸奪って暴行
靖国神社で中国人逮捕

2008.1.16 20:35
東京都千代田区の靖国神社で、参拝客が持っていた国旗を奪うなどしたとして、警視庁麹町署は、暴行と器物損壊の現行犯で中国籍の王班亜容疑者(43)を逮捕した。

 調べでは、王容疑者は15日午前11時25分ごろ、靖国神社の境内で、横浜市から参拝に訪れた80代の男性が持っていた日の丸(縦1m、横1・5m)を奪い足で踏みつけたうえ、さおを折った。さらに、これを止めに入った神奈川県内の40代の男性看護師を殴りつけたり蹴ったりした。2人にけがはなかった。

 王容疑者は仕事で来日していたが、動機などについては黙秘しているという。

------------------------

引用終わり



ええと、皆さんすでにご存じかと思いますが、支那人による愚行です。

今年は、北京とかいう所でオリンピックゲームをやるそうですが、支那人の民度の低さが指摘され、開催失敗が懸念されてますな。まぁ、失敗でも構いませんが、各国の代表選手や応援にやって来た人達に迷惑をかけないようにしてもらいたいもんです。


さて、昨日の記事をあえて選んだのは理由があります。これは、報道されないだろうという読みがあったためです。自慢じゃねぇですが、読みは当たりました。今日の21:00時現在で、報道してるのは産経だけです。一応、他社のキャプもアゲておきましょう。


yomiuri王班亜 靖国
読売

mainichi王班亜 靖国
毎日

asahi王班亜 靖国
朝日

jijitsu王班亜 靖国
時事通

kyodo王班亜 靖国
共同





いつもの事ですが、ムカつきますなぁ。




上記記事による今回の事件は、大きく取り上げられるべきです。首相が福田になり、今年はオリンピックゲームもあるというので、報道されないだろうと読んでたんですが、こんなに簡単に読みが当たってしまうと、日本メディアの情けなさに腹が立ちますな。私が何処かのメディアのお偉いさんなら、首相の定例会見の時にでもコメントを取ってこいと言うでしょう。また、現場の人間なら必ず首相に質問すると思います。

こいつぁ外交問題に発展させるべきなんですよ。今年はオリンピックゲームが支那で開催されるんですよ。外交を有利に展開するチャンスじゃねぇですか。早速、外務省にメールでもしておきましょう。


あ、ついでと言っては何ですが、ちょいと外務省に関して妙な物を発見したのでアゲときます。
引用は、真中行造氏の”真中 行造のページ”です。


引用開始
------------------------

≪亡国の外務省と日本の迷走≫

外交とは「血を流さない戦争」なのである。そしてこの外交という名の戦いに勝利した国は、世界から一目おかれ尊敬されることになる。しかし日本の外務省は、外交とは戦いではなく友好、それも相手国の機嫌を損ねないことだと考え、下手それば外交とは「謝罪と償い」だと考える手合いも多く存在している。このために日本が国際社会から尊敬されることはほぼ皆無であり、国連分担金に代表されるが如く「金だけ出して口は出すな」といった小馬鹿にした対応をいつも取られている。哀しいかな日本はとことん舐められているのだ(457頁)。

 外務省の実験を握っているのは自虐史観にまみれた「中共の飼い犬」たちである。外務省はいかにマルキストが多いかの実状については次章で述べるが、実は外務省は全省庁の中で最も創価学会員の多い役所でもある。外務省内には「大鳳会」という創価学会員外務官僚のグループがあり、池田大作が海外へ行く時なんかは在外大使館がVIP待遇で迎えている。そして創価学会という組織が、池田大作が中共から名誉博士だの勲章だのを貰う為に異様な対中土下座外交を「大鳳会」に指示しているのも公知の事実である。つまり外務省のごく一部を人たちを除き、マルキストと創価学会員に占拠された「対中服従省」だというのが実状なのだ(457頁)。

------------------------

引用終わり

深田匠
日本人が知らない
「二つのアメリカ」の世界戦略
深田 匠 著




我々日本人は、






































外務省に対し


声を挙げるべし!



外務省にメールする

(↑クリックすればサイトに飛びます)



管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<在特会への援護射撃!! | HOME | たまには良い話でも>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。