[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 当然!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

当然!

当然!


(↑クリックで飛びます)

asahi20080124
引用開始
------------------------

外国籍を理由に
在日3世の調停委員選任を拒否
大阪家裁


2008年01月24日

 所属する大阪弁護士会から調停委員に推薦された在日韓国人3世の林範夫(イム・ボンブ)弁護士(44)が、大阪家裁から外国籍を理由に選任を拒否されていた
ことがわかった。外国籍の弁護士に対する調停委員の選任拒否は03年以降、神戸家裁と仙台家裁に続き今回で5件目。同弁護士会は24日、「国籍による差別だ」として、大阪家裁や最高裁に撤回を求める文書を発送した。

 同弁護士会によると、林弁護士は昨年12月、離婚や相続のトラブルで仲裁役を務める家事調停委員の候補者として、日本国籍の弁護士78人とともに弁護士会から推薦された。だが、大阪家裁は今月15日、林弁護士について「最高裁に任命を上申しない」と回答。「調停委員は公権力の行使に携わる国家公務員で、日本国籍が必要」と説明したという。

 林弁護士は「日本社会の一員でないかのように排除されて悔しい」と話している。

------------------------

引用終わり




asahi.comからの記事転載です。

相変わらず、意味不明な主張をしてますな。見出しが

外国籍を理由に
在日3世の調停委員選任を拒否


となってます。asahi的には、「こんな事が許されて良いニダか!?」とでも言いたいんでしょうが、私的には、「これの何処が問題なんだよ?」ってな感じです。むしろ、「何で姦国籍の弁護士が必要なんだ?」と聞き返したくなります。さらに、「何で大阪弁護士会にこんなのがいるんだ?」とか「何のための推薦なんだ?」と、疑問が次から次へと浮かびます。

ちょいとネットで検索するだけで、日本国内には姦国籍の弁護士がいる事がわかります。上記の記事中にもありますが、調停委員選任拒否となった姦国籍の弁護士は大阪以外にもいますな。


ちょいとこんなのをアゲときます。


引用開始
------------------------


司法委員に選ばれなかったのは、東京弁護士会の殷勇基(いん・ゆうき)弁護士。
調停委員に選ばれなかったのは、仙台弁護士会の崔信義(さい・のぶよし)弁護士。

両委員とも裁判所側の依頼で弁護士会が所属弁護士を推薦することもあり、殷弁護士
は05年9月、東京弁護士会から打診を受けて了承したが、同12月、裁判所側が選任
を拒否。崔弁護士は06年1月、仙台弁護士会から打診され了承したが、仙台家裁が
最高裁への上申を断った。

以上:読売新聞2007年09月22日号より引用

------------------------

引用終わり



残念ながら去年の記事なんで、読売のサイトに記事は残ってないようですが、一応、ここ(←クリックで飛びます)から拾ってきたという事を書いておきましょう。


さて、どうでしょう。裁判所の判断は正しいのかどうかという事なんですが、またまた、こんなのを見つけたのでアゲときます。



金敬得

(キム ギョンドゥク)



(↑クリックで飛びます)

引用開始
------------------------

金 敬得
(김경득、キム ギョンドゥク
1949年 - 2005年12月28日)は、和歌山県出身の弁護士。
在日韓国人初の弁護士として知られる。


来歴・人物
メッキ職人の次男として和歌山市に生まれる。公立の小学校と中学校と高等学校では金沢敬得という通名を名乗り、韓国人であることを隠しながら生きていた。1972年に早稲田大学法学部を卒業したが、韓国籍ゆえに一部上場企業への就職を拒否されたことが契機となって民族意識に目覚め、本名を名乗りはじめる。アルバイトをしながら法律の学習を続け、1976年に司法試験最終合格。

しかし日本国籍を取得しなければ司法研修所に入れないことを知らされ、弁護士資格の国籍条項を撤廃させるべく運動。6回に亙って最高裁判所に意見書を提出した結果、1977年に要求が認められ、外国人として初の司法修習生となる。

1979年に弁護士登録(第二弁護士会)。1981年から民族的自覚を回復する目的でソウルに遊学。1983年、韓国生まれの韓国人女性とソウルで結婚。1985年の春に日本へ戻り、東京都新宿区にウリ法律事務所を開き、弁護士として開業。

弁護士としては、(在日超賤人による)指紋押捺拒否事件や慰安婦戦後補償問題など外国人の人権に関わる裁判で活躍
。さらに、新潟大学法学部や一橋大学法学部および社会学部の非常勤講師などを歴任。"定住外国人の地方参政権を実現させる日・韓・在日ネットワーク"代表者。韓国でもソウル地方弁護士会名誉会員に迎えられた。

東京にて、胃癌で死去。

------------------------

引用終わり



これが在日超賤人弁護士です。思いっ切り日本の国益を損なう活動を展開してますな。しかも、この在日超賤人は、こんな事もやってます。

引用開始
------------------------


その一方で、檀国大学校演劇映画学科助教授が日本人女優への強姦未遂で警視庁練馬署に逮捕された事件では加害者を弁護した事から「慰安婦戦後補償問題などの人権問題に関わっていながら、強姦された女性の人権を踏みにじる行為を行い矛盾している」といった社会的な非難を浴びた。

------------------------

引用終わり



さて、もう一度考えてみましょう。
上記記事で、大阪家裁は姦国籍(在日超賤人)の弁護士に対して”NO”という判断を下しました。
勿論、裁判所の判断は法に基づく物であり、私が引っぱり出した記事は関係ないでしょう。


しかし、皆さんご存じの通り、在日超賤人は不法入国者です。
いきなり違法ですな。
裁判所は、不法入国には触れてないようですが、在日超賤人は日本の法を守れません。
むしろ、違法行為連発です。

と言うことは、つまり、在日超賤人は、法的にも人間的にも













































不適格である


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<こいつぁ何だ? | HOME | 低調により不満>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。