[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 在特会

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

在特会




在特会


(↑クリックで飛びます)

在特会20080130-01在特会20080130-012
引用開始
------------------------


これまで在特会が全力をもって取り組んできた小平市無年金在日問題について、平成20年1月31日発売の週刊新潮で取り上げられることになりました。在日特権を許さない市民の会会長桜井のインタビュー記事も掲載されます。

週刊新潮サイト
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

中刷り画像
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/nakaduri/250/

※掲載記事
【ワイド】ダンシング・ヴァニティ
「最高裁」を無視する小平市の在日韓国・朝鮮人「1万円支給」


在日韓国・朝鮮人(以下、在日)について無年金者がでたことについて、平成19年12月25日の最高裁判決で日本政府の責任が完全に否定され決着がついたにも関わらず、小平市は議会の請願可決をたてにして在日を主な対象とする定住無年金外国人への福祉給付金制度を実施しようとしています。


先日の在特会と小平市との直接交渉に際して、市側は「この制度は年金ではなく福祉の問題」と詭弁を繰り返していましたが、そもそもその福祉を外国人(現時点で入っている情報では、名目上はすべての外国人ですが実際の対象者となるのは在日韓国・朝鮮人のみとなっています)に特定して実施するのは、「過去の年金制度の中で日本政府が無年金在日の救済をしなかった」ことが理由となっているのです。つまり、年金問題を理由に福祉を行うというのですから、この福祉給付金制度は年金問題とイコールで捉える必要があるのです。そして、その理由自体が最高裁で否定されていることを在特会は極めて問題視しています。

最高裁が否定した理由で福祉給付金を実施するなど法治国家にあって許されるものではなく、まして無年金日本国民150万人以上(推定無年金者を含めて)について救済措置が取られていない現状において、どのような理由をつけるにしても「一円の掛け金も払ってこなかった」外国人に年金救済代替措置「福祉給付金」を支給することは、国家の原則「国家は国民のために存在する」を地方自治体が踏みにじる反国家反国民的脱法行為に他ならないと在特会は主張します。


もちろん、これは小平市に限ったことではなく、現在日本の地方自治体の3分の1近くに当たる820以上の自治体(民団発表)が同様の制度をすでに実施しています。在特会は小平市を突破口に各地の自治体に福祉給付金制度の撤回を強く求めていきます。いかなる在日特権も認めないことが「在日特権を許さない市民の会」の設立目的であるからです。

この問題について在特会の活動をご支援いただく皆さまには、31日発売の週刊新潮をご購入の上で同誌宛てに反響をお寄せください。反響が大きければ他メディアも無視できなくなります。在日特権「福祉給付金」問題についてより多くの皆さまに問題提起できる機会ですので、ぜひご協力のほどをよろしくお願いします。


平成20年1月30日(水) 在特会会長 桜井誠

------------------------

引用終わり







売国小平市長

小林 正則



(↑クリックで飛びます)

東京都議会小平市長売国小林
引用開始
------------------------


小林 正則

(こばやし まさのり)



●都議3期(平成5.7.23~平成17)

●連絡先
 〒187-0032 小平市小川町2-1344-2-101
 TEL.042-345-0720 FAX.042-345-9482

●生年月日 昭和27(1952)年7月24日

●略歴
 新潟県立三条工業高校卒業
 産能短期大学卒業
 (株)サトーラシ入社
 生活クラブ生活協同組合勤務
 小平市議会議員2期
 東京都議会議員(3期)
 東京都監査委員
 さきがけ東京幹事長
 都議会民主党政策調査会長
 衆議院議員菅直人秘書
 小平市長(平成17年4月~)

《生年月日》
   昭和27年7月24日

任期満了日
   平成21年4月10日

《座右の銘》
  「努力に勝る超人なし」

《信条》
   なせばなる

《好きな言葉》
   誠実

《特技》
   大工仕事

《趣味》
   料理、園芸

《愛読書》
   三国志

《感銘を受けた本》
   坂の上の雲

《コメント》
   激動期の時代は、前例や古い固定観念にとらわれていたのでは、時代についていけません。   常に市民の感覚を忘れないことです。私はそれをモットーにしています。

------------------------

引用終わり







常に市民の感覚を忘れないことです。
私はそれをモットーにしています。





常に市民の感覚を忘れないことです。
私はそれをモットーにしています。








常に市民の感覚を

忘れないことです。

私はそれを

モットーにしています。





















































はぁ?


管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編(最強日本) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<こんな所にも | HOME | VOA>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。