[PR] 癒し 知らずに死ねるか! こんな所にも

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こんな所にも


こんな所にも


(↑クリックで飛びます)

西都原古墳群wiki

引用開始
------------------------

西都原古墳群



邪馬台国が西都原(宮崎県西都市)である証拠

 7.弥生時代後期後半(つまり卑弥呼の時代)日向地方は九州で一番人口密度が高かった。人間の生活痕跡である遺跡の数がその証拠である。

 朝鮮総督府修史委員会の「黒板を中心とする焚書」は畿内説による歴史改竄でオサホ塚に後方部をつける改修であり好太王碑文の改竄、カンダンコキの焚書も同一の歴史改竄。『記紀』による天皇家の出自も改竄で、現実は神武も卑弥呼も朝鮮半島からきた。これらの隠蔽行為によって邪馬台国の所在は不明とされている。西都原の発掘調査が行われれば一気に論争も解決するだろう。

------------------------

引用終わり








!?


(↑クリックで飛びます)

西都原考古博物館01西都原考古博物館02

引用開始
------------------------

大韓民国
国立中央博物館考古部との
学術文化交流に関する協定締結!


2008年1月11日(金)、韓国ソウルの国立中央博物館において、同館考古部と本館との学術文化交流に関する協定が締結されました。

 本館は、2004年4月の開館以来、南九州の歴史と文化を、考古学の立場から世界に発信することを使命とし、「交流」という言葉をキーワードに、様々な活動を実施してきました。
 特に、開館初年度から継続して実施している「日韓交流展」は、これまでに4回を数え、毎回多くの見学者に御来館いただき、古代からの韓国と宮崎県のつながりを紹介してきました。

 今回の学術文化交流に関する協定は、共同調査・共同研究・資料の貸借と展示会の開催・研究者の交流を柱としています
。このことにより、活動の幅も内容も、より広く、より深く、充実したものになることと確信しています。

------------------------

引用終わり














































































あちゃぁ~!


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<相も変わらず | HOME | 在特会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。