[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 姦国面に落ちた人

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

姦国面に落ちた人



姦国面に落ちた人


(↑クリックで飛びます)

中央日報20080221-01中央日報20080221-02
中央日報20080221-03

引用開始
------------------------

「韓国大好き。
韓国人と結婚するが、
子供は海外の中学校に…」


韓国が大好きという在韓8年目のコスティー・レイノルズさん(26、豪州)。「私にとっては豪州も韓国も同じ故郷」と語るほど、韓国への愛情は深い。

23日、韓国人の男性と結婚するコスティーさんに、韓国での生活について尋ねた。

--韓国のどんなところが魅力?

「高校を卒業した後、リュックサックを背負ってヨーロッパ旅行に出掛け、多くの韓国人と会って話してみると、豪州とは違う印象を受けた。韓国人同士、助け合うところに好感を持った。その時、韓国に行って住んでみようと決心した」

--韓国語をとても流暢に話すが。

「ボーイフレンドからたくさん教えてもらった。来たばかりの頃は‘すごくカワイイ’しか話せなかった。旅先で出会った韓国人の男性がそう言っていた」

--韓国の生活には慣れた?

「ここが豪州より落ち着く。むしろ豪州に行くとビックリする。お酒を注ぎ、注ぎ返してもらって…そういうふうに飲みたい。年齢や恋人がいるのかどうかという質問は聞きたくても、豪州では韓国人のように聞けない」

--不便な点は?

「韓国に12年間住んでいる米国人の友人がいる。韓国人女性と結婚もし、永住権もあるが、携帯電話やクレジットカードに加入できない。それが理解できない。私はボーイフレンドの名義で携帯電話を使っている」

--有色人種は深刻な問題があるそうだが。

「英会話学校で黒人の先生がいると、学生が不平を言うそうだ。講師募集の広告に‘ホワイト(white:白人)’と記載されているが、これは豪州では不法です


--子供が生まれたらどこで育てる予定か?

「小学校は韓国でも問題ないが、中学校と高校は通わせないつもり。豪州では高校時代は運動したり友達と遊んだりして楽しく時間を過ごす。韓国人に尋ねてみると、皆そうはいかないと話す」

--将来の夢があれば。

韓国人が大好きで、韓国と豪州に関わる仕事をしたい。それからこれは想像だが、豪州に韓国人の半分を連れて行きたい。豪州の自然に韓国人がいれば、世界で一番良い国になると思うので」

中央日報 Joins.com
2008.02.19 16:32:18

------------------------

引用終わり



さて、中央日報の記事です。勿論、この記事が捏造である可能性も十分あるんですが、今日は、これがホントの記事だと仮定してブログを更新してみましょう。


いやぁ、さすが白豪主義のオーストラリア人!人種差別する国、姦国が大好きと主張してます。また、大好きと主張しながら自分の子は中学高校は外国の学校へ入れるというプランを持ってるところも姦国人的です。また、さらりと姦国国内の現状を批判し、自分は被害者の立場であることをアピールする件もあり、これまた姦国人的ですなぁ。

そして、最後はお決まりのパターンです。


豪州の自然に韓国人がいれば、
世界で一番良い国になると思う




ははははは!
つまり、姦国人を自然の中で放し飼いにしたいという事ですかね。とんでもねぇ女王様ですなぁ。オーストラリアに原始的な動物が数多く存在するというのは、天敵となる動物がいなかったからだといわれてます。その中に姦国人を放し飼いにするとどうなるか?貴重な動物が姦国人の餌となり、一気に絶滅しますよ。なら、自然の中ではなく、人間社会に入れたらどうなるのか?これはもう言うまでもなく、レイプや放火、強盗、殺人等の犯罪だらけにより人間社会が壊滅します。


とまぁ冗談はこれくらいにして、この姉ちゃんが言ってる


豪州の自然に韓国人がいれば


の意味は、


世界に誇る大自然



姦国人

||

世界一



と言う事でしょう。
しかし、記事をよく読んでみましょう。姦国面に落ちた人は姦国人並みになるという事が一目瞭然です。


英会話学校で黒人の先生がいると、学生が不平を言うそうだ
。講師募集の広告に‘ホワイト(white:白人)’と記載されているが、これは豪州では不法です












































自爆!

(大爆笑)


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<竹島の日記念 反論不可の真実 | HOME | この顔にピンときたら110番!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。