[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 竹島の日記念 反論不可の真実

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

竹島の日記念 反論不可の真実



竹島の日記念

反論不可の真実



(↑クリックで飛びます)

竹島爆撃訓練PDF

引用開始
------------------------

米軍爆撃演習場としての竹島


1.概説

 1952(昭和27)年、竹島は、在日米軍の使用する海上演習及び訓練区域の1つとして指定されました。この指定が、「日本国内の施設又は区域」を協議対象とする日米合同委員会により行われたことを見ても、竹島が日本の領土として扱われていたことは明らかです。
2.経緯

(1)我が国がいまだ占領下にあった1950(昭和25)年7月、連合国総司令部は、SCAPIN第2160号をもって、竹島を米軍の海上爆撃演習地区として指定しました。

(2)1952(昭和27)年7月、米軍が引き続き竹島を訓練場として使用することを希望したことを受け、日米安全保障条約の実施のために設立された日米合同委員会は、日米行政協定(注:旧日米安保条約に基づく取り決め。現在の「日米地位協定」に引き継がれる。)に基づき、在日米軍の使用する海上演習及び訓練区域の1つとして竹島を指定するとともに、外務省はその旨を告示しました。

(3)しかし、竹島周辺海域におけるあしかの捕獲、あわびやわかめの採取を望む地元からの強い要請があること、また、米軍も同年冬から竹島の爆撃演習場としての使用を中止していたことから、1953(昭和28)年3月の合同委員会において、同島を演習場区域から削除することが決定されました。

(4)日米安全保障条約及び行政協定によれば、日米合同委員会の協議の対象となるのは「日本国内の施設又は区域」とされていました。したがって、竹島がこの委員会で協議され、かつ、在日米軍の使用する区域としての決定を受けているということは、とりも直さず竹島が日本の領土であることを示しています。

米軍演習場への指定(官報)(PDF)
(↑クリックでPDFファイルが開きます。リンク先を保存にすればダウンロードも出来ます。)

------------------------

引用終わり




本日、2月22日は竹島の日です。記念に、ちょいと姦国側が反論出来ない証拠を挙げておきましょう。この資料はかなり有名だと思いますよ。知らなかった人はいないだろうと思いますが、一応、挙げておきます。上記のPDFを読めば一目瞭然ですな。日米両国が竹島を日本領として認識している証拠です。また、戦後も竹島が日本領として扱われていたという決定的な証拠になります。これを出すと、姦国人はグゥの音も出ません。反論出来ないんです。出来るわけねぇですよね。出来るもんならやってみろと言いたくなります。もし、六十四億八千二百万歩譲って竹島が姦国領だと仮定しても、この米軍の演習はあまりに不自然と言わざるを得ません。そりゃぁそうですよね。勝手に自分家が演習場にされるなんて事はあり得ません。そいつぁ完全に宣戦布告って奴です。しかも、外国同士が決めたなんて事になったら、主権蹂躙以外の何物でもありません。

とまぁ、そんなわけで、これから見ても

























































竹島は日本領土


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ムカつくぜ! | HOME | 姦国面に落ちた人>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。