[PR] 癒し 知らずに死ねるか! ムカつくぜ!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ムカつくぜ!


ムカつくぜ!


(↑クリックで飛びます)

中国新聞20080222

引用開始
------------------------

島根で3度目「竹島の日」
韓国の抗議活動は小規模


'08/2/22
日韓両国が領有権を主張する日本海の竹島(韓国名・独島)をめぐり、島根県は二十二日、条例で定めてから三度目となる「竹島の日」を迎えた。県などが主催する記念式典が松江市の県民会館で開かれ、市民ら約五百人が参加した。

 会場周辺では、韓国領有を主張する元ソウル市議ら数人の韓国人グループが「『竹島の日』直ちに廃棄せよ」と書かれた横断幕を掲げ抗議活動。
近くの日本人男性が「日本の領土だ」と叫び返す場面もあったが、大きな混乱はなかった。

 条例制定後も韓国の実効支配が続き、解決の道筋は見えない。県が昨年八、九月に実施した世論調査では、竹島問題に「関心がある」との回答は64・1%で前年に比べ5ポイント減ったのに対し、「関心がない」は6ポイント増えた。

 県内選出の国会議員で式典に参加したのは亀井亜紀子参院議員だけで、県が参加を呼び掛けてきた外務省関係者は三年連続で欠席した

 式典のあいさつで溝口善兵衛知事は「解決には県外の世論の盛り上がりが不可欠」と強調。講演した下条正男拓殖大教授は「韓国の新大統領が就任する重要な時期。話し合う場面をつくるのが大事だ」と述べた。

------------------------

引用終わり




ムカつきますなぁ。害務省関係のバカ連中は今年も不参加ですか。上記記事にある「日本の領土だ」と叫んだ日本人男性の爪の垢でも煎じて飲ませてやりてぇもんです。しかし、記事をよく読んでみましょう。


 会場周辺では、韓国領有を主張する元ソウル市議ら数人の韓国人グループが「『竹島の日』直ちに廃棄せよ」と書かれた横断幕を掲げ抗議活動。



とあります。これは、日本側が声を挙げる事が有効であるという証拠です。姦国側にとって、日本に真実を訴えられ、日本人に正確な情報が伝わるのは姦国にとって極めてダメージが大きいという典型的な例です。溝口善兵衛島根県知事も言っておられる”解決には県外の世論の盛り上がりが不可欠”というのは、まさにその通りなのです。当然、ウチのブログでも”竹島は日本領土である”と訴え続けます。

さて、バカ害務省と腐れ政治家の対応にムカつくので、ちょいとこんな記事でも読んで気分を変えましょう。





(↑クリックで飛びます)

yomiuri20080223

引用開始
------------------------

総連施設の免税一部違法


長野地裁

 「長野朝鮮学園」が設置運営する長野朝鮮初中級学校(松本市島内)の校舎のうち、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)長野県本部が応接室などとして使用している部分について、松本市が固定資産税と都市計画税を免除しているのは違法だとして、松本市旭、藤原英夫さん(72)が、菅谷昭・松本市長を相手取り、免除措置の取り消しを求めた訴訟の判決が22日、長野地裁であった。近藤ルミ子裁判長は「施設が一般住民に広く開放されて、使用されている状況はうかがわれない」として、固定資産税について免除措置の取り消しを命じた

 訴えは、校舎のうち、長野県本部の応接室や、在日朝鮮人の生活相談室などとして使われている部分については、公益性がなく、免除措置は違法だとするもの。

 判決で、近藤裁判長は「朝鮮総連の活動など、在日朝鮮人のための施設として使用されており、公益のために使われているとは言えない」と認定。2004~06年度分の免除措置を取り消すよう命じた。

 市はこの部分について、「地域住民との交流をはかる施設として使われている」として、公民館と同様の扱いにし、固定資産税などを免除していた。

 藤原さんは判決について「公益性がないと認められた部分があることは、妥当」と評価。松本市は「判決の内容を確認して、今後の対応を考えたい」としている。
(2008年2月23日 読売新聞)

------------------------

引用終わり



長野県松本市の


藤原英夫さん

近藤ルミ子裁判長

Good Job!







在日超賤人を優遇する
菅谷昭
松本市長










































観念しやがれ!


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<在特会からのメール | HOME | 竹島の日記念 反論不可の真実>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。