[PR] 癒し 知らずに死ねるか! バカ記者の目

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バカ記者の目

バカ記者の目


(↑クリックで飛びます)

mainichi20080229-01mainichi20080229-02

引用開始
------------------------

記者の目:
在日コリアンが暮らすウトロ地区
=新宮達


 上水道の普及率は4割で、2割の世帯が生活保護を受けている。密集した60戸ほどの家々の半分以上は、築25年以上。低地のうえに下水施設も未整備で、雨脚が少し強まると浸水する家が続出する……。そんな劣悪な環境の中で、約200人の在日コリアンたちが土地の所有権もないままに、70年近く暮らしてきたことをご存じだろうか。

 京都府宇治市にある「ウトロ地区」。阪神甲子園球場の半分に当たる2万1000平方メートルの土地を巡って、昨年末、韓国政府が「住民の土地買い取り資金の一部」として30億ウォン(約3億6000万円)の拠出を決めた。

 軍用飛行場建設に伴い生まれた町の歴史から、日本側にも官民を挙げた支援を求める声がある。だが、「戦後処理」の視点に固執していては、反発も出てしまい話が進まない。戦後63年、在日1世に残された時間は少ない。とにもかくにも、「人道的見地」から日本サイドが積極的に動く番ではないだろうか。

 ウトロは、1940年に始まった国策事業の「京都飛行場」建設に従事する朝鮮人たちの宿舎の町として誕生した。終戦で建設は頓挫したが、居着いた人々を中心に町が形成された。

 地権者が転々として入り組んだ土地所有権の問題が顕在化したのは89年、不動産会社が住民の立ち退きを求めて京都地裁に提訴してからだ。住民側が買い取る方向で和解も模索されたが金額で折り合わず、00年に最高裁で住民側の全面敗訴が確定。その結果、生活環境は改善されぬまま放置された。裁判に負けてからは、住民は強制立ち退きを危惧(きぐ)して住宅改修に二の足を踏んだ。将来に絶望した若者は日本国籍を取得したり、ウトロを去り、「見捨てられた町」と呼ばれた。

 私がウトロの取材を始めたのは4年前だ。将来の展望を尋ねても明確な答えはなく、深刻な表情で「ここに住み続けられるように何とか助けてください」と口をそろえるだけだった。

 風向きが変わったのはその年の秋だった。住環境問題を考える日中韓3カ国の学会に招かれた住民4人が韓国内でウトロの窮状を訴えたのを機に、在外同胞支援に携わる韓国NGOが募金活動を開始した。存在すら知らなかった祖国で注目を集めて、5億ウォン(6000万円)以上の募金が集まり、住民らはそれらを原資に再度、買い取りを模索。5億円で東側半分(1万500平方メートル)を買い取る話が再び浮上した。

 韓国政府の支援金に募金や住民の自己資金を加えて資金のメドはつきつつあるが、複雑な抵当権などの障害が存在する。だが、最も切迫しているのは時間だ。現存する1世は約10人。この1月下旬には、ウトロで約65年間暮らした文光子(ムンクアンジャ)さん(88)が亡くなった。それだけに、日韓は手を結んで支援を急がねばならないが、ウトロに対する日韓の見方には隔たりがある。

 韓国政府は支援金について「人道主義的な観点から努力した
」(大統領秘書室の車聖秀(チャソンス)・市民社会首席=当時)としているが、韓国民の募金が集まった背景には、ウトロを「強制連行のつめ跡」「未解決の戦後処理の象徴」と受け止める思いがある。

 ウトロには、強制的に駆り集められた人もいれば、自発的に職を求めた人もいる。しかし、募金活動の中心となった韓国NGO「コリアン・インターナショナル・ネットワーク」は「歴史的経緯から、責任は日本政府にある」との姿勢を崩さない。

 そんな状況の中で、ウトロの住民は日本人にも支援を呼びかけて新たな募金活動を展開し、賛同した人々もいる。国土交通省と京都府と宇治市も「ウトロ地区住環境改善検討協議会」を設立、日本側も行政主導で土地買い取り後の町づくりに向けて動き出している。

 だが、2月20日までに、府に寄せられたメールや電話25件のほとんどは反対意見だ。「裁判で決着がついたのに、なぜいまさら民間同士の土地問題に税金を投入するのか」といった意見を中心に、「日本の責任」を強調する韓国側へのアレルギーが垣間見える

 ウトロ住民の中には、「父母らが強制的に連れてこられた」という人がいる。一方で、彼らは日本側の支援がなければ解決に向けて前進しないことも知っている。「責任問題」にふたをする必要はないが、ウトロ地区形成の経緯を踏まえ、同じ日本に暮らす人間として、彼らを長年の苦難から一刻も早く解放することだ。まずは感情のわだかまりを越えて、募金への協力と町づくりへのスピードアップを図るべきだ。(学研・宇治支局)

毎日新聞 2008年2月29日 0時09分


------------------------

引用終わり




ええと、毎日新聞のキチガイ記事です。
何度も言いますが、これは”宇土口”であり”ウトロ”ではありません。また、問題となった原因を作ったのは、在日超賤人の許昌九と民団京都の河炳旭です。

簡単に言うとこんな感じです。


許昌九が民団京都の河炳旭を保証人に金を借り、その金で勝手にウトロの土地を所有者であった日産車体から購入。その直後、河炳旭が作った会社である西日本殖産に売却。その西日本殖産がウトロの在日同胞に立ち退きをせまった。


つまり、在日超賤人による在日超賤人同士の問題という事です。この記事を書いたバカ記者は、4年前に取材を始めたと書いてますが、一体何を取材したんですかね。これだけ長々と書いてるにもかかわらず、最も重要な点には全く触れてませんな。また、日本側に立った記事も全く見当たりません。情報操作の意図がミエミエです。


さて、記事を見てみましょう。


とにもかくにも、「人道的見地」から
日本サイドが積極的に動く番
ではないだろうか。



その通りです。ただし、動き方が重要ですな。毎日のバカ記者は、土地を買って在日超賤人に提供しろとでも言いたいんでしょうが、とんでもねぇ話です。何度も言いますが、在日超賤人に対しての人道的見地からの支援とは、帰国させる事です。このバカ記者自身も

ウトロに
居着いた人々
だの、
ウトロで
自発的に職を求めた人もいる


と、自爆気味に書いてます。つまり、ウトロの在日超賤人は自主的にウトロにやって来た人もいるという事です。それらを無視して、”「強制連行」の被害者を救うべきは日本”と主張してるわけですから、話が通じませんな。


存在すら知らなかった祖国


とありますな。現役姦国人はウトロの事を知らなかったと言ってるようです。何故でしょう。かなり不自然ですな。連行ってのは拉致です。普通、国民が拉致されたら大騒ぎになるハズです。でも現役姦国人はウトロの事すら知らなかったと言ってます。連行ではなく、自主的に来日したと考えれば納得できますな。

この他にもこのバカ記者は、在日超賤人よりの記事を書き立ててますが、不自然な事ばかりです。
在日超賤人は何故帰国しようとしないのか?
姦国国内や北超賤国内から帰って来いと言う声が挙がらないのは何故か?
現役姦国人や現役北超賤人が在日超賤人を返せと言わないのは何故か?

とまぁ、これらを取材すれば良いだけなんですが、バカ記者は必死に、日本人に対して在日超賤人が日本に住めるよう協力のみを訴えてます。


毎日新聞って、かなり必死ですな。
我々に対しても寄付金を要求してますよ。
しかも、最も重要な発端となった事件を隠してまで。

これって毎日新聞?
いいや、こいつぁ











































在日新聞


管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゴミ箱行き | HOME | エンターティナー発見>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。