[PR] 癒し 知らずに死ねるか! かなり必死だな

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かなり必死だな


かなり必死だな


(↑クリックで飛びます)

チョン日報20080303-01チョン日報20080303-02

抜粋開始
------------------------

「市民連帯・大阪」
結成2周年記念集会


歴史を継いで真の友好を

 「日朝国交正常化早期実現を求める市民連帯・大阪」(市民連帯・大阪)結成2周年記念集会「歴史を今に継ぎ、真の連帯を! -強制連行、阪神教育闘争…そして朝高グラウンド裁判を闘い抜くために-」が2月14日、アピオ大阪で行われた。集いには、126人の同胞と日本市民らが参加した。今回の集いは、4.24教育闘争60周年を迎える年に大阪朝鮮高級学校運動場の明け渡し訴訟が行われていることと関連し、在日朝鮮人と日本市民との連帯を通じて民族教育を守っていくために、過去の歴史を振り返り、同裁判の歴史的な意味を共有しようとの目的から行われた。


集いでは、主催者を代表して「市民連帯・大阪」の有元幹明共同代表があいさつした。


 最初の講演では、朝鮮人強制連行真相調査団の洪祥進・朝鮮人側事務局長が「在日朝鮮人の人権問題を解決するためには、まず歴史を知らなければならない」と指摘。日本が過去、朝鮮人に何をしたのかについて話しながら、どのような歴史のもとで現在、朝高運動場明け渡し裁判が行われているのかについて語った。

 洪祥進事務局長は、日本が1905年条約により朝鮮から外交権を奪った後、1910条約で朝鮮半島を「占領」したと指摘。これらの「条約」は国際法に照らしてもまったく正当性がないにもかかわらず、日本だけが「合意のうえでの併合」と主張し、その誤った認識が現在も日本の民衆の中に根付いていると語った。

 また関東大震災時、何の根拠もなしに行われた朝鮮人虐殺が、自警団のみならず国家権力によってもなされたことは明白であることや、強制連行被害者の遺骨が非人道的に取り扱われている事実に言及した。

 そのうえで、歴史を振り返ってみても現在行われている朝鮮に対する「制裁」をみても、日本は人種差別撤廃条約に違反していると批判しながら、平和を守るためには人権を守らなければならず、日本がまず解決すべき人権問題は朝鮮学校の問題だと強調。過去の歴史を知り、現在の問題とどのようにつないでいくかがとても重要だと締めくくった。


続いて、朝高運動場裁判弁護団団長の丹羽雅雄弁護士が講演し、「日本人の尊厳にかけてもこの裁判闘争に勝利しなければならない」と強調した。

 丹羽弁護士は、1945年の敗戦後、日本社会が何よりも先に果たすべきだった国際的責務は、朝鮮人の奴隷状態を解消し、彼らの自由と独立に対するあらゆる妨害行為をしないことだったにもかかわらず、「国体護持」のために在日朝鮮人を弾圧し、政治的権利を剥奪することから始まったと指摘した。


 集会では、「大阪朝鮮高級学校のグラウンドを奪うな!」日本人側署名実行委員会の伊関要代表が特別報告を行った。


 集会では、新たに共同代表に就いた加来洋八郎氏が閉会のあいさつを行った。

 集会後に行われた交流会で参加者らは、裁判での勝利と日朝国交正常化を実現させる決意を新たにした。【大阪支局】

[朝鮮新報 2008.3.3]

------------------------

抜粋終わり




さて、チョン新報の記事からの抜粋です。恐らく、在日超賤人が言いたい事であろうと思われる部分を抜粋しましたが、興味がある人はサイトに飛んで全文を読んでみるといいでしょう。まぁ、いつも通りの展開です。

ええと、何人か日本系の名前を持つ人物が出てきますな。ネット検索すると、随分と超賤よりの連中だというのがハッキリわかります。




有元幹明
共同代表(←クリックで飛びます)

有元幹明

「親善勲章第2級」を授与されたそうだが。

 授与される直前まで何も聞かされていなかったので、とてもびっくりした。日朝運動を一生懸命やってきたのは事実だが、叙勲されるほどのことはしていないと思っていた。大阪府商工会に対し警視庁が強制捜索を行った際に、激励に行ったことや朝鮮学校を支援していることをとても高く評価してくれた。叙勲を機にさらにがんばらないといけないと思った。

 叙勲の際、楊亨燮・最高人民会議常任委員会副委員長や洪善玉・対外文化連絡協会副委員長らと話す機会があったが、日本の情勢にとても明るいことに驚いた。





丹羽雅雄
弁護士(←クリックで飛びます)

丹羽雅雄

1948年愛知県生まれ。現在、日本弁護士連合会人権擁護委員会国際人権部会長、すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク(RINK)代表、国際在日韓国・朝鮮人研究会理事など。在日鄭商根(旧軍属)戦後補償裁判等のマイノリティーの人権問題等に取り組む



伊関 要
(←クリックで飛びます)
今年も地元大阪の日本と在日の子どもたちの手助けで、手作りの支援米4俵120キロを収穫、北朝鮮に送りました。これで8回目、ささやかな人道支援を続けています。(大阪府在住・伊関 要)
「対話で平和を!日朝関係を考える神戸ネットワーク」の活動から
(↑クリックで飛びます)




加来洋八郎
南大阪平和人権連帯会議議長(←クリックで飛びます)
おおさかユニオンネットワーク

日本当局が3月23日(2006年)、警視庁公安部と大阪府警機動隊を動員して大阪府商工会を強制捜索したことと関連し、これを糾弾する緊急集会が東京と大阪で3月29、30の両日、それぞれ行われた。会場にかけつけた多くの同胞らは、日本当局の不当な弾圧に対して怒りを露にしながら、一致団結して立ち向かっていく決意を新たにした。また、会場には日本人士らも駆けつけ、激励と連帯の意を表しながら、ともにたたかっていこうと訴えた。
集会では、緊急集会実行委員会委員長の金奉亨・総聯大阪府本部委員長が報告を行ったのに続き、南大阪平和人権連帯会議の加来洋八郎議長と市民活動家の長崎由美子副代表が連帯のあいさつを行った。





PJ PodTV
(↑クリックで飛びます)

日朝国交正常化早期実現を求める日本人らが、「警視庁公安部・東京地検公安部の捜査は違法」と刑事告発=「朝鮮総連」薬事法違反事件で

告発人
日朝国交正常化早期実現を求める市民連帯・大阪
有元幹明
永久睦子
松本健男(弁護士)

おおさかユニオン代表
加來洋八郎

自主・平和・民主のための広範な国民連合大阪代表
淺田義信

「平和の糧」共同代表
伊関 要



私は上記の様な連中など知らないので、インターネットでちょいと検索したんですが、あんまりヒットしませんな。ヒットしても、似たり寄ったりの事ばかりです。北超賤では勲章受けたのも居るようですが、日本では誰からも注目されない連中と言う事でしょう。

丹羽雅雄弁護士とやらが、マイノリティーの人権ああだこうだとやってるようですな。
んっ?マイノリティー?
マイノリティーって、











































お前らじゃん


管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<是非! | HOME | タイトルなし>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。