[PR] 癒し 知らずに死ねるか! シャベチュニダ!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シャベチュニダ!




シャベチュニダ!


(↑クリックで飛びます)

引用開始
------------------------
在韓外国人「日本や香港はすごく楽」

a
先月27日、ソウル市竜山区の銀行窓口を訪れ、クレジットカード発行について相談するマリア・チジェフスカさん(27)は韓国に住んで4年目のウクライナ人。窓口担当職員は「正直言って、外国人が来ると言葉もあまり通じないし、発行基準が厳しいので“できません”と追い返してしまう」と語った。/写真=イ・ミョンウォン記者



チョン日報20080309-01チョン日報20080309-02チョン日報20080309-03チョン日報20080309-04チョン日報20080309-05チョン日報20080309-06チョン日報20080309-07チョン日報20080309-08


韓国は今も閉ざされた国なのだろうか。韓国はこの十数年間、「国際化だけが生き残りの道」として「グローバルコリア」をスローガンに掲げてきた。韓国に住む外国人の数も昨年100万人を突破した。しかし、韓国で生活したことのある外国人たちは「シンガポールや日本に比べると、韓国はまだまだ」と口をそろえる。「韓国ではコミュニケーションはもちろん、道を尋ねたり、クレジットカードを使ったり、インターネットを利用したりといった生活上の基本的なことでも不便なことが多く、外国人に気配りする意識や文化も不十分」だという。本紙取材チームは、韓国に在住する外国人約50人にインタビューを行い、彼らが経験した不便さや、韓国への注文を聞いた。

 ソウルに住むカナダ人英会話講師のジョン・ゼロさん(25)は携帯電話のことでいつも不安を感じている。十分に充電できていても、携帯電話が突然使えなくなり、代理店に駆け込んだことは1回や2回ではない。ゼロさんの携帯電話はあらかじめ支払った金額分だけ使用できる「プリペイド式」だからだ。韓国に住む外国人が便利な後払い式の携帯電話サービスに加入するのは難しい。外国人が料金を支払わずに海外に逃げてしまうことを疑う通信会社の「気遣い」があるからだ。

 プリペイド式携帯電話の不便さに耐えかねた米国人大学院生、ジェフリー・スピエルソンさん(29)は韓国人の友達名義で後払い制の携帯電話を契約、毎月友達に通話料を渡している。スピエルソンさんは「香港と日本に半年ずつ住んだことがあるが、どちらも自分の名義で携帯電話を作るのに何の問題もなかったどうして韓国では外国人を信じないのだろう」と話す。


◆「韓国は外国人が自分の名前で暮らせない国」 

 外国人が韓国に住んでいて最も困るのが「自分が、自分自身として生活できない」ということだ。「金融・インターネット・通信など、生活の基本となるサービス分野で外国人が自分の名義を使うのは非常に難しい」と訴える。コンフェリー(外資系ヘッドハンティング会社)ソウル支社のジョナサン・ホームズ支社長は「世界11位の経済力を持つ韓国が、中国の上海やタイのバンコクよりも外国人にとって不便なのか、到底理解できない」という。

 PR会社プレーンのマイケル・ジェームズ・ベースバート副社長(36)の日常生活は、ほとんどが「うそ」で塗り固められている。携帯電話の名義も、クレジットカードの名義も韓国人の妻のものを使っている。ポータルサイト「ネイバー」と「ダウム」にID登録しているが、これもすべて妻の名義だ。ベースバート副社長は「外国人のわたしが韓国で自分の名前で暮らそうとすれば、あまりにも多くの時間やお金、書類が必要だから」と説明した。

 台湾人留学生のリ・サンウィアンさん(23)は音楽サイトでK-POPをダウンロードするたびに、韓国人の友達に携帯電話の少額決済をお願いする。韓国の歌を3‐4曲ダウンロードするのにかかる費用1000‐2000ウォン(約113‐226円)を振り込むためにいちいち銀行に行く不便さを解消するため、友達に頼んでいるのだ。

◆外国人の手間は2・3倍  

 韓国に住む外国人はほとんどが韓国政府の発行する外国人登録証と登録番号を持っているが、実生活ではあまり役に立たない。このため、映画・列車のチケット予約、ネット決済などができず、韓国人より2・3倍も手間がかかるケースが多い。

 日本人でJSRマイクロ・コリア営業チーム長のワカバヤシ・ゲンゴさん(41)は昨年7月、家族と共にソウル市江南高速ターミナル近くの映画館に行ったが、4時間以上待たされ、やっとのことで映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を見た。インターネットで映画のチケットが予約できていれば、そんな苦労はしなかったはずだ。ワカバヤシさんはCGVやシティー劇場など、複数の映画館のインターネット会員になろうとしたが、外国人登録番号では加入できなかったり、映画館側がさまざまな書類を出すよう求めてきたため、だめだった



SGSコリア社員で4年前に韓国に来たウクライナ人のマリア・チジェフスカさん(27)も先日、インターネット通販サイト「インターパーク」でお気に入りのスカートを買おうとしたが、時間をムダにした末、とうとうあきらめてしまった。同サイトの「外国人会員加入」欄の指示通りに名前や外国人登録番号を入力したが、最後に出たのは「実名確認できません」というエラーメッセージだけ。韓国生活3年目の米国人、マイケル・ラルフ・ブラントリーさん(42)=韓国外国語大学教授=は2006年のクリスマス休暇に帰国するため飛行機のチケットを買おうとリュックサックに現金350万ウォン(約40万円)を入れ、航空会社のオフィスを尋ねた。スリにでも会いはしないかと心配でたまらず、ずっとリュックを胸に抱えていたという。こんな苦労をするのも、クレジットカードが作れなかったためだ。

◆外国人に対する基準もなし 

 「インターネット大国」と呼ばれる韓国だが、外国人はインターネットのせいで頭を抱えている。

 インターネットサイトのID登録は外国人の加入をいろいろと制限し、統一された基準すらない。ネットで外国人の実名確認ができるよう、出入国管理事務所が04年7月から情報を提供している
が、サイトごとに条件が違う。ネイバーやEmpasなどでは、出入国管理事務所に登録されている外国人の実名が確認できる。だが、サイワールドやCGVなどでは外国人登録証のコピーをFAXで送らなければならない。しかし、ネットで登録可能だというネイバーも、実際に登録手続きをしてみると、エラーが度々発生する

 銀行サービスも同じだ。外国人に対しクレジットカードを発行する条件は、同じ銀行内でも支店やコールセンター職員の対応によって違う。国民銀行コールセンターのある職員は「教授のビザで保証人がいなければ年収5000万ウォン(約560万円)以上であることを証明しなければなりません」と言うのに対し、別の職員は「教授のビザなら年収の証明は必要ありません」と答えた。ソウル市衿川区にあるウリ銀行A支店では「外国人は連帯保証人がいなければクレジットカードは作れません」とはっきり言ったが、ソウル市東大門区のウリ銀行B支店では「年収3000万ウォン(約340万円)以上で大企業社員や公務員なら保証人がいなくても大丈夫です」と言う。日本で3年間暮らした後、2年前に韓国に来たカナダ人のライアン・ベトキンさん(32)=大学英語講師=は「韓国はグローバルスタンダード(国際基準)どころか、コリアンスタンダード(韓国の基準)すらきちんとしていないようだ」と呆れ顔だった



在韓外国人「日本や香港はすごく楽」 

アジアのほかの国はほとんど制約なし 

 アジアのさまざまな国で働いている外国人たちは「韓国で暮らした後に日本や香港へ行くと、とても便利で楽に感じる」と話す。

 日本
では外国人登録証さえあれば携帯電話や国民健康保険にすぐ加入でき、条件やメリットも日本人とまったく同じだ。「ライブドア」(www.livedoor.com)などほとんどのポータルサイトは外国人が加入するときも外国人登録番号を知らせる必要はなく、名前や住所など、基本的な事項を書き込むだけでいい。


 香港では保証人や保証金がなくても外国人が携帯電話を契約したり、クレジットカードを作ったりするのにさほど制約はない。香港上海銀行(HSBC)、スタンダード・チャータード・バンク、恒生銀行といった主な銀行はどこも、外国人が口座を作って3カ月後にはクレジットカードが作れるようになっている。これは香港人とまったく同じだ。住宅ローンを申し込むときも、香港人と同じく給与明細など自身の所得信用度だけを証明すればいい。

 シンガポールはさらに外国人に対しオープンだ。シンガポール国際商工会議所のフィリップ・オーバーマイヤー議長は、「“シンガポールで外国人がシンガポール人と同じでないのは投票だけ”という言葉があるほど、外国人が不便さを感じることはない」と話す。雇用ビザがある外国人は、携帯電話もクレジットカードもシンガポール人と差別されることなく加入・利用できる。また、雇用ビザと銀行口座がある外国人なら、現地人とまったく同じ条件で銀行融資が受けられる。家を買うときも、外国人は住宅価格の70~80%までローンが組める。インターネット・バンキングで公共料金の支払いや送金ができるのも、外国人がシンガポールで味わえる便利さの一つだ。

a-2

リュ・ジョン記者
キム・ヨンジュ記者
ピョン・ヒウォン記者
キム・ギョンウン記者
朝鮮日報/朝鮮日報JNS
------------------------
引用終わり




やれやれですな。

これを在日超賤人はどう解釈するんですかね。


イルボンサラムと同じジェーキンを払ってるのに、シャンシェイケンがないのはシャベチュニダ!イルボンは住み難い国ニダ!ウリナラマンシェー!!


とでも言うんですかね。もしそうなら、まさにキチガイですな。ってかまぁ、キチガイなんですが。自分が他人からどう見られてるかなどまったくお構いなしですからね。しかも、それには全く目を向けずに何でもかんでも人のせいにする民族が超賤人なわけです。当然、外国人から見ると上記のような感想になるわけです。かなり当たり前なんですが、全く改善されませんなぁ。


ところで、超賤人にとって住み易い国って何処ですかね。姦酷人は姦酷大嫌いってんで、必死に国外脱出を謀ってますよね。北超賤も似たようなもんです。地球上に超賤人が住み易い国なんて存在するのかと考えてしまいますが、そうなると考え方によってはおかしな事になりますな。例えば、自分の部屋を考えてみましょう。物が散らかってたり汚かったりしたら、普通は掃除しますよね。住み難いわけですから、住み易くするわけです。んで、住み易くなったら快適に生活出来るという寸法なんですが、超賤人の場合、住み難くなったら余所に移るという行動に出ます。んで、そこも汚す。当然、嫌われるという展開が無限ループになるわけです。普通は、ホントに普通は、自分にとって住み易くするはずなんですよ。部屋だけではなく、地域社会とか国家とかもね。

もし、自分が汚い部屋に行かなきゃならねぇなんて事になったらどうでしょう。当然、その部屋の所有者に対して「掃除しろよ。」とか「ここ不便だからこうしたらどうだ?」とか言いたくなるハズです。でも姦酷人は聞く耳を持たず改善しようとすらしません。これまた無限ループ状態です。で、その結果が上記記事となるわけです。


日本には在日超賤人が寄生してます。日本における凶悪犯罪は、在日超賤人の専売特許とまでいわれてますね。住み易い社会が奪われつつあるわけです。

解決法はただひとつしかねぇです。

そう。











































掃除




管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もっと報道すべし | HOME | 毎度毎度>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。